ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

気が付いたら
もう3月終わりじゃないですか。

家業と会社の繁忙期のくそ忙しさで放置していたら
なんかブログが広告表示になっているし。


3月は色々ほんとにあって
SAOの映画を夫と観に行ったり
(SAO感想:お前ら、懲りないなぁ&神田沙也加すごい)

帰りに駅ビルで卸の問屋さんを発見して
アドレナリン放出しながら
すんごい細分化されたダンジョンみたいな
店内で迷子になったり。

でも12mmのドーム型カボションがそちらで購入できたのは
うれしかった。
これでグラスアイが作れるぞと。

スワロフスキー社が復刻してくれない限りは今の希少な手持ち分しか
ないので困っていたのだ。

でもね
実際にサンプルに何種類か作ってみたけど
屈折率が違いレンズの効果が低いため
瞳孔部分をほとんど1/1スケールで作成しないといけないことが
判明。
もう少し改良を重ねて 実装はもう少し先になりそう。
すでに見事に美しいグラスアイを作成なさっている
ディーラー様もいらっしゃるので
また頼らせてもらうこともあると思う。

そして会社休みには
レースでケープを手縫いでちまちま。
ほぼ人間がしているストールを作るのと同じ手法で作れるので
音楽を聴きながら夕飯ぎりぎりまでドール服作りを楽しんでいる。

五嶋みどりさんのバイオリンは何というか
美味しい紅茶のようにゆったりした幸せな気持ちにしてくれて
いいなぁと思いながら聴いている。
弟の龍さんがあと10年経ったらどんな風に弾く事だろう。
彼のバイオリンはとても健康的で力強いエネルギーに
満ちている。
家族で楽しんで観ていた
題名のない音楽会の司会を卒業されるのはすごく残念。

辻井伸行&ロンドンフィル講演、大阪に来たら行きたいなぁ…

そんなこんなで気が付いたらお彼岸が来て
なんだか夕方の明るい時間が増えてきていて。

まだ寒かったり湿っぽかったりで体調的には
万全ではないけど
なんとか春を迎えられるようです。


スポンサーサイト

[2017/03/26 22:44] | 日々雑感
|

もうすぐバレンタインデーですね。

どうしましょう
最近ではコンビニで本命チョコ定番のGODIVAが
買えるじゃないですか。
でもそれではつまんないので
夫ウケのよさそうなチョコを探している今日この頃。

最近美味いものを口にしたら

『ファビュラス…』

と某姉妹のようにほざく
うちの高校生男子には
なぜか銀魂のキャサリンの口マネで

「ヲマエハ母チャンガ義理チョコニペヤングチョコ味
クレテヤンヨ」

「ンナモンイランワ
ボクヘーキヤモーン」


そう。
最近なぜかインスタント麺メーカー様方は
ご乱心なのか甘党の神様が降臨なさっていらっしゃるのか、
チョコ味の焼きそばとか
ショートケーキ味とかちょっとびっくりするような
仕様のものが販売している。

こないだ近所のコンビニに行ったら
うずたかく積まれていた
『カップヌードル抹茶シーフード』。

日清 お前もかЦ(゜口゜Ц)

「あのさぁ、ガチで向き合って対決する必要ないやない。
ラーメンの『替え玉』に使ったらええのんちゃうの?」

「あっ、そうか!替え玉があったか」

と インスタント麺の替え玉要員としての需要がある説を
説いていて納得していたら横からうちの夫が

「いや。
そんなもんいちいち買わんわ笑。」

一言で終了。

実際買って喜んでいる人は果たして
いらっしゃるんでしょうか。



てなわけでタイトルにもあげさせてもらった

『ペヤングチョコ味焼きそば食ってみた』。

息子の友達が試験前にも関わらず
なかなか興味深い試食体験記を教えてくれたので
許可を貰いつつ転載させてもらうことにした。
よく頑張ったなぁ…ν

何かを混ぜたらミラクルに美味しくなるかも!!
という前向きな発想を元に色々トッピングして
試食したとのこと。

①マヨネーズ
 マイルドになったけど焼け石に水だった。

②ケチャップ
 味が濃いからチョコっと助けられた。

③タルタルソース
 一瞬タルタルの味しかしなくて美味しい気がしたけど
 後からチョコが出てきて時間差アタック

④キムチの素
 辛さと旨味が強いから後から来るチョコのほんのりした甘味が
 不快に思わない。
 もしかしたらこれが一番マシかも

⑤ワサビ
 大好きなワサビと合わせたら美味くなるだろって思って
 合わせたけど何とも表現しがたい不味さが口の中で
 スパークしただけだった。

⑥ブルーベリージャム
 甘いのと甘いのを合わせたらミラクルが起きるはず…
 そう信じていたのに裏切られた。
 一番酷い味。
 ただのチョコレートとブルーベリーの組み合わせだったら
 美味しかったのかもしれないけど麺がとにかく邪魔する。 


 【実験結果】
ブルーベリージャムとだけは合わせるな。
食えなくなったらキムチをつけろ。



U君ありがとうよく頑張った。
君の頑張りは無駄にはしない。

絶対に買わないし。|д゚)



追記を閉じる▲

[2017/02/09 22:42] | お笑いの日々
|

久しぶりにドール出品できましたよ。
何か月ぶりかなぁ。

こう、ちょっとしたお呼ばれに
おめかしして遊びに行くようなイメージで
作ってみました。
縦ロールのクリーム色の髪も
なかなか良かったんでは?と個人的に思っています。

1486456442845.jpg

いざ裁断という段になって

「こっちの布のほうがなんかいい気がする」

と 直前で変更して製作したんだけど
紺に大柄のくすんだようなバラ模様の布は
作ってみたらぴったりな感じでした。
輸入物ヴィンテージレースを少し使ってますが
勝ちすぎず負けすぎずレースを慎重に選びながら
出来ていたらいいな。

今回初めてスーラの点描画で見受けられる
バッスルという、日本の着物で言えばおたいこみたいなのを
腰につけて、よりスカートのお尻の部分が膨らむように
見えるアイテムを作ってみました。
華奢な体に大きなお顔のプーリップには
ボリューム感を派手に出してもバランスが取れてます。

お顔は健康的なオレンジ系のメイクに
元素体が色白の子なのでチークに
ほんのりパステルピンクを乗せています。


この子のシリアル代わりに付けている名前
「Aria」は
ユーリ‼!on Iceの作中曲
「アリア・離れずにそばにいて」
をずっと聴きながら作っていたのに由来します。

これですね。
デュエット版が好きで聴いてます。
歌詞が第1話のヴィクトルの渇望や勇利の希求とリンクします。



てっきりプッチーニっぽいから海外の方のオペラから
引っ張ってきたのかと思いきや
キャラデザイン、ネームを手掛けられた久保ミツロウさんの
日本語歌詞をイタリア語に変換して作曲されたそう。
すごいなぁ。
美しすぎる。

うちの子がいい里親様に恵まれることを
祈りつつ。



[2017/02/09 15:25] | ドール
|

最初Yahoo!ニュースで記事を目にしたときは

「ブラックジャックの原稿が発掘されたのか!?」

などと思ってしまうクオリティでしたよ。

もうすばらしすぎる。

こんなブラックジャックはイヤだ


つのがいさんという方が作者なのですが
んもうペンタッチなんか
自動書記にしかみえない点。

イタコ漫画家と言われる田中圭一さん再びですよ。


絶対これご本人だろ~ と 思ってみていても

ブラックジャックの腕には
アップルウォッチがつけられていたり
ロック、ドクター・キリコとLINEアカウント作ってみたり
設定がもろ現代なわけです。
手塚先生は平成元年に天に召されていらっしゃいますからね。

最近学校の国語の教科書で手塚先生の生涯を
学んだばっかりのぽぇも
手塚治虫記念館でパラパラアニメを作った上の
ぼーずも

「何これーーー!!」

と 大爆笑。

でも
手塚先生の作品に対する敬意や愛情が感じられる
エピソードを拝見すると、ほろりときます。

恐ろしく酷似しているため
その作品は長女・手塚るみ子さんの目に留まり
つのがい先生は現在手塚プロでお仕事をなさっています。
(本の帯のコメントもるみ子さんです。ウケる。)

亡くなってなおも生き続ける作品たち

そして人生という名の列車が手塚先生のDNAに触れて
輝きを増した人たちが後を絶たないということに
感動を覚えます。

優れた芸術は真に人の心を動かすのだと思うし、
人を癒したり築き上げるのは突き詰めていくと
やはり人なんだなと思います。



[2017/02/02 15:25] | レビュー
|

あっという間に2月ですね
ちょっとびっくり。


歳を取ると色々身体にガタが来るわけで
若い時は全く意識していなかったストレッチや
身体に良いと言われる食べ物を摂るとかを
積極的にやらざるを得なくなってきた。

血液検査の結果をもらいながら
主治医の先生がいつもおっしゃる

「ちょっと遊んで帰りなさいね。
カフェでお茶でも頼んでぼーっとするとかでもいいから。」

最近までこの意味が分かってなかったなぁと今になって思う。

要するに
自分がのんびりできるときにアタマとカラダを
リラックスさせなさいねということだったのだ。

「ゆっくりしてね」

と誰かに言われたら

「そんな時間あるわけないよ」

と 内心ずっと思っていたのが
医者には透けて見えていたのかもしれない。

家に帰ったら家事が待っているし
自分の事よりも家族のことを優先して動くから
静養が一番後に回されてしまうと思っていたから
結局休んでいるようで休んだ実感がないままになっていた。

誰かのために何か行えることがあるというのは
とても幸せなことだけれど
まず自分に力がなければ。


と いうわけで
息抜きも不器用ながら仕事帰りも含めて
積極的にしようと思えるようになった。
クレームのお客様をばんばん引いてエナジーゼロ状態に
なってしまったときは明日動くためにと余計に。

ええ感じに一人にしてくれるお店で遅めの軽食を
とったり熱いミルクティーを飲んでみたり。
市街地で仕事をしているとそういうお店が意外と
多く見つかってくれるのがありがたい。

で 
今日は休みで家に自分一人なわけだが
こんな時には濃いめの緑茶を急須にいれて
自分一人で飲んでほっこりしている。
あとはスマホはほっといて
のんびり裁縫していたりする。

カラダの要求というよりは
ちょっとくたびれてる心臓のためにホッとすることを
積極的に取り入れようと思うと
お茶とちょっとした茶菓子は
自分の場合簡単な息抜きになる。

人の善意の言葉を意味通りにちゃんと
受け止めるのに
こんなにも時間がかかってしまうことも
あるのだ。





追記を閉じる▲

[2017/02/02 14:43] | ちょっとまじめに考えてみる。
|