ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

夏のボーナスが支給されたと
ぼーずからLINEでその支給される明細書の写真が
送られてきた。

頑張ったね、お疲れ様と 私が返す。


実は私は元夫のボーナスどころかウェブ明細になった以降の
明細書を一切見せられていなかった。

帰阪してからというもの、家庭に渡してくれる金額は
私の派遣で稼いでいる額よりも少なくて何度か
ただしたが、
あれもこれも差っ引かれてこれだけしかないという
元夫の言葉を額面通り受け止めていた。

そんなわけで夏も冬も、
私と当時高校生だったぼーずと二人で働いた。
お金で家族4人食いつないでいくのに必死だった。

だからこそ、現在うちのぼーずは
嬉しいのももちろんあるだろうけれど
本当の支給金額をわざわざ教えてくれるのかも
しれない。



ぼーずの進学が決まって、
次は下の子の中学受験というころは
当時元夫が傾倒していた明らかに胡散臭いセミナー商法に
私が強く反対していたがゆえにほぼ口も利かなくなっており
食事以外は独り部屋に籠りきりになることがほとんどだった。
明けても暮れても、スマホとラップトップを肌身離さず持っていた。

その頃の私は心身ともに疲れ切っており
地区の婦人専門のカウンセラーに相談していて
子供を連れて家を出ることを考え出していた。

ひとり、仕事を終えて
食事ものどを通らずぐったり疲れた重い身体で
鍵を開けて家の中をぼんやり見た時

家電、調度品、息子たちの学習机なにもかも
私がなけなしの貯金や働いた金銭で買ったものではないか。
あとは夫側の両親が処分に困ってうちへ押し付けた
壊れかけのおさがりものばかりではないかと 
カウンセリングで夫の態度の不自然さを指摘されて
改めて気づいた。

そして何気なく長タンスを開けた時、
夫のものであろう綺麗な柄の未開封のワイシャツや服があり
恐らく同じセミナーの中に、女がいるんだなと思った。

これに関しては不思議なくらい腹が立たなかった。
また、あの人は寄生先を見つけただけだと思っただけだった。

これがために、家庭に入れていない金額も
本来の給与がどれくらいあったかも、隠されていた
ところで明らかになりその金額との落差に愕然とした。

上の息子は学生と言っても給与が出る事を知っている。
このままずっと居ては、
この子のお金までずっとあてにするようになるだろう。
食い潰されることだけは許さない。
私達3人は、共通の秘密を成し遂げるために
慎重に話し合いや新しい家探しを始めた。

そして春、
息子が帰阪した際に3人で家を飛び出した。
そして弁護士を通して夏に正式に離婚した。

後に私が懸念した通り
くだんの詐欺商法に騙された人たちの被害総額が
億単位に上るとメディアで話題になっていた。
騙された人達は彼も含めて高い勉強賃を払う羽目になっただろう。

家を出てから段ボールでファストフードを
もそもそと3人で食べながら

「ごめんな。
私、なんで家に入れてくるお金が異常に少ないって
気が付かんかったんやろう。」

「正直に言わないのが悪いの。
家族に付け込んで、卑怯なんはアイツや。」

そう言った中学生になった下の子は、
ずっと自分の隠してたお小遣いまで盗まれ続けていたことを
拳をぎゅっと握りしめて話した。

「せやで。
ぼくも今学校で給料もろてるからわかるけど
色々引かれてもあんなに少ないことなんかない。
お母さん、もう我慢しなくていい。
今まで苦労ばっかりしてたんやから
今度はわがまましてもええやんか。」

子供たちの優しい言葉が目に沁みた。

あれから2年。
ぼーずは正式に地方に勤務して以来
初めてもらったお給料の明細をLINEで撮影して送ってきた。
大変な仕事だけど、上司も優しい人達ばかりだと聞いて
安心している。

昔はお互いの給料袋を持ち合って
家計の何に使うのかを二人して計算して分け合って
老後の事や将来の希望を話し合っていたこともあった。
それが、いつから搾取するようになったのか
いつからすれ違っていたのかはもう分からないけど

子供が年相応なりに社会に立ち
自由になったことが、喜びが伝わる。
その明細を送ってきてくれる度に私はそれだけで安堵するのだ。

『四十の日暮れ
私の目にはじめてあるれる獣の涙。』
                        石垣りん 「くらし」





追記を閉じる▲
スポンサーサイト




[2020/07/06 17:09] | 日々雑感
|

このブログはあまり人様に読まれる機会も少ないから
気まぐれに更新しているが

やっぱ、先記事でも少しふれたように
SNSは私にはしんどいですわ。
とくに140文字でつぶやくあれ。

人畜無害で楽しくやっておられる方も中には
いらっしゃるけれど
だーーーっと、気持ちが走るがままに
鬱々としたつぶやきを残しては消す人、
困るねぇ…
言ったらけろっとするんだろうけど
見る人のこと考えてないんだろうな。
一旦紙媒体に書いてから投稿して?って
思う。

自分も他の人と同じように傷つく心を
持っているくせに
発言に慎重になれない人が結構な数いるのが
本当にしんどい。
友達のようでありながら友達になれない人に
囲まれて過ごすのは心底疲れたので
今、沼のようなこのブログで毒づいているわけである。

もうやめちゃおっかな。


[2020/07/01 16:19] | 日々雑感
|

もうそろそろ、
新型コロナウイルスのため学校休業になって
1か月め。
3月末の上のぼーずの卒業式にもネット中継でしか
観ることができなかった。

もう今既に勤務について
生活をしている模様である。
先日久しぶりに電話があって色々話ができて
元気そうな声で安心したのだが
外出自粛はどこでも同じで
初めてのお給料であつまれどうぶつの森の
無人島へちょっと行ってくると言っていた。
そして私には母の日の贈り物にと
ジョジョの奇妙な冒険文庫本全巻を送ってきた。
濃ゆいプレゼントでビックリなチョイスだわ。
おかげで無為な時間にファントムブラッドを読了。

もともと出不精だから外出をしないことそのものは
恐らく問題ではないのだ。
問題なのは、いま外に自分では完璧に防御しようのない
脅威がすぐ近くにあるかもしれないという現実の圧が
きっと私を、息子たちを、人々を疲弊させるのだ。

昔コールセンターではデスクの
ヘッドセットからみるみるうちにインフルエンザになる人が
続出してさばききれない仕事量に悲鳴を上げる日々を
送ることになったのだが、
多分現在稼働しているところでも相当ピリピリして
業務をこなしているだろう。

ドール関連も
外での展示販売に行けない状態でかつ、
ネットで売りに出してもほとんどが売れない状態が
続いているので非常に厳しい。
日本人形玩具学会の表象遊戯学部会から
今年上梓する論文集の原稿の依頼を執筆したくらいしか
あまり生産的なことはできていない。
娯楽などに割く経済的、心情的余裕なども
望むべくもないだろう。

下の子の教科書は先週になってやっと配布されたが
授業の再開後どうなるのか、
一番大事な来年の受験はどう決まるのか悩みは
尽きることがないが 教科書対応ワークと過去問題集を
できるだけやるしかない。

色々なことが不安で先が見えない状況ではあるが
目に見えることを一つでも何かできたら
ちょっと頑張った自分や誰かをほめてあげようと今は
そんな気持ちで過ごしている。





[2020/04/19 17:54] | ちょっとまじめに考えてみる。
|

恐らく興味の無い方にはん?なお話で申し訳ないです。

が  人形を愛好し、尚且つ作る側としては資料が少ないのも
現実なのでここに記そうと思う。

私がグラスアイの作り方を模索し始めたのは
2013年ごろ。
初めて見つけたのはスワロフスキー社製カボションで
アクセサリーを製作する作家様が開いていたサイトにて
ブルーのグラスアイを入れたプーリップのホリーを
見つけた時だった。

どうやって作るのかが本格的に見えてきたのは
羊毛フェルト作家で私のブログリンクからも
可愛くて凝った作品を発表なさっている
またたびちとさんが書いていらした考察記事だった。
まさに 求めよ、さらば与えられん。
彼女がいるおかげでグラスアイの話や情報交換が
出来ている。

で、今に至るわけだが
現在、スワロフスキー社製グラスカボションは廃番になり、
代替商品がもしなければ、グラスの目は供給できなくなるんだなと
思っていた矢先、
日本よりドール産業がなんだか活発というか
偽物、コピー品、リキャスト製品が横行している中国韓国製の
グラスカボションがAmazonで安値で入手できるようになった。

今の日本では型落ちのプーリップはよほどの人気商品でなければ
1万円を超えて売れることは稀であるくらい下火であるし
企業の努力や戦略としても後手に回っているので
国内製のブライス(特に精巧にカスタマイズされたもの)が
高価で取引されている。
つまり、12ミリアイの需要は先細りである。
もしもブライスドールへのアイを作るのであれば
14ミリ、そしてギミックによって4種類のアイの色に
変更可能な作りのために厚みがないタイプの
レジン製のアイくらい薄いグラスの入手が必須である。
う~~~~ん、
こっちも多分あんまり需要はないなぁ。

なので、私も他社のドールヘッドの彩色をしたりしているわけ
だがグラスアイに関してはちょっと残しておきたかった。



23434.jpg

サムネで申し訳ないのだけど現在手持ちにあるアイと
グラス素材。

横からの比較画像も掲載したかったのだけど
ドーム状の半球面に周りの様子が映り込んでいるため
正面のみの比較でご勘弁。

右からレジンアイ、
アクリル製アイ
3番目からグラス製になり

全て約12ミリで
厚さ 5.6mm Dophee製
    5mm スワロフスキー社製
    4mm Dophee製
    3.5mm 国内手芸店で購入したグラスカボション※
左端がプーリップのデフォルトアイになる。

というわけで、7種類を取り扱っている。
手持ちで作成したものを見本で並べてみたけど
グラス独特の屈折、キラキラ感が厚みによってかなり
変わってくる。
※のアイに関しては作成時に
瞳孔部分の拡大率を考慮に入れながら作成する
必要はほとんどないくらい屈折率が無い。

顔料は
参考画像のアイはアクリル水彩。
そのほかにも水彩色鉛筆、油性筆ペン、
効果的だと思った顔料なら何でも採用する。
アイリスの描画に関しては昔イラストを描いていたので
その延長線上で、なおかつ美麗な絵師さんたちの
ハウツー画像を参考にしている。

アイの光彩描きには紙の密度が高い
イラスト専用のケント紙を使用。

瞳孔の下書きをした後、アクリル塗装の場合
造形村専用パレットに顔料の乾燥を遅らせる
専用のリキテックスのメディウム剤を混ぜてゆっくりと行う。

薄い基本色から乾燥しては足しを繰り返してから
光を入れていき、接着する。
瞳孔のずれが嫌なので、時間はかかれど
ゆっくり硬化する素材を使用。

乾燥した後で瞳孔がずれていたり気泡が入っていたり
基本的に瞳孔の大きさが違うなど、左右対称ではないものに
関しては容赦なくボツにする。

アイ作りにどこまで需要があるのかは
本当に未知数だけど、
プーリップは作らなくとも地元で出品する際に
お試しで出品してみようかなとも思っている。

以上、つらつらと書いたが
どなたかの少しの便利になれば幸いです。





追記を閉じる▲

[2020/03/16 00:00] | ドール
|

今は40cmから50cmのドールのメイクを
色々試しているのですが、
昨年、カスタムコンテスト用に作って
実質ポシャったプーリップも何とか
しないとなぁ…で、
作っています。

初挑戦した羽毛のウイッグは意外に
イメージ通りに出来たと思います。

86285137_2583287511995636_8523943407339438080_o.jpg


[2020/03/10 16:24] | ドール
|