ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

今月初めから息子と2人で
長く質の悪い風邪をひいて
息子などは別の小児科を紹介状付で通うことになった。
私も副鼻腔炎で未だに通院中である。

こんなとき、いつも息子は

「お母さん、迷惑かけてごめんね」
と言う。

私は

「病気は誰のせいでもないよ。
気にすんな」
と 答える。

息子2人が大好きなドッヂボールで突き指とかだと
ドjッヂなんて滅べばええのにと毒づいたりするが、
基本的には早く良くなるように治療に注力する。

病気の犯人捜しはときに時間と思考力の
無駄遣いになることを私は身をもって
知っている。

が。
最近暇つぶしに何気なく読んだ本で

「…むぅ…?」 

が、わらわら出てくる。
なんかどう考えても
その、作者と育ちが私とまったく違うせいなのか
私は頭がぐるぐるするばかりで、本当に

「脳の病も人を選ばないんだな」
としか理解できない。

前に風俗レポとか書いてらっしゃった漫画家さん
なんですけれどね、
pixiv連載ぶんで通しで読んだのは全く初めてで。

永田カビ著の 「ひとり交換日記2」。

彼女は非常に自分の苦しみを漫画に例えるのが
巧みな人だが
割れたグラスに水を注ぐような、
砂漠に水を撒くような、
満たされて一時的に喜んでもすぐに枯れるか
或いは視野狭窄と乖離的な気性のためか
人や自分自身を酷く傷付ける。




形式としては、中学時代に作者が実際に
やっていたという自分で自分に向けて日記を書くという
交換日記形式で漫画が展開される。

冒頭から前著を拳が血に染まるまで殴りつける
自傷行為から始まり「えっ!!?」となる。
その本でお金を稼いだものの、身内のことも
傷つけたからという苦しみの発露らしい。

娘である成人した作者に受容的な
態度で接してくれる両親と暮らすわけだが
冒頭、散財のために親が貯めておいてくれた
貯金通帳を無心して受け取るシーンから始まる。

寂しい気持ちがいっぱいになった作者は
風俗のお姉さんに抱きしめてもらったり
友達と飲んだりするわけである。

更にそのお金で実家を出てみたものの
寂しさが募って結局のところ実家に舞い戻っている。

挙句泥酔、失禁を繰り返すようになったため
精神科へ入院しても
こんなところ耐えられないと退院したがって
親が迎えに来てくれることを願いつつ自傷する。

そして、退院の日には願い通り親御さんが迎えに来てくれて
一家で退院祝いにシャンパンで乾杯。
「愛がこの病の薬になる」
と悟って話が終わるわけだが

すぐに暴飲の生活に逆戻りしたようで
今度の最新刊で急性膵炎とアルコール性脂肪肝に
なって彼女は入院したらしいのだ。

おいっ、愛はどないしてん!!
又家族に迷惑かけてるやないか。
一生付き合わなければ、
食い止めなければいけない
氾濫しやすい川を身体のなかに持たされたようなものなのに!
(※先記事「溢れ返る熱量」参照。)

…ごめん、漫画は上手いかもしれないけど
30過ぎて親におんぶにだっこって、
基本的な生活能力がなさすぎるわ。
物心付くか付いてないかの年で親の虐待を受けて
色々とかいくぐってきた
あなたと私では人生が違いすぎて分かりたくないわ。
が、素直な感情。

寂しすぎるから 早く寝るという彼女の発想は
その眠っている実家が安全地帯だからこそだよね?
自分の境遇と比べても全く意味がないし
彼女の境遇は恵まれていることは、
選びようがない話なんだが
わかってはいるんだが、
あまりにも正反対な幼少時代を過ごした私は
早く家を出て自活するのが夢だった私には、
同様に肝臓を患って自主的に療食生活をしながら
肝数値を半年かけてやっと全部クリアにした私には
(※アルコール性ではない。)
彼女の生き方はある意味ショックだったのだ。

色んな人生があるし、
このブログだって遺書代わりと言いながら
己の精神的満足の充足なのだろうけれど

彼女の著作は
おおむねどれだけ綺麗にまとめていたとしても
最終的には盛大な自傷行為を書籍という媒体を使って
読者に見せているのだと思うと
読む人間を選ぶ本である。
彼女はたぶん自分が選ばれなかったら傷付くだろうけれど
知らないうちに他人に何倍にもして大いに傷つけているのかも
しれない。
そして彼女の著書は前著書を読んでいる体で
話が進んでいるようで、私が詠んだ一部だけでは
よくわからない話も結構出てくる。
それは明らかに向こう側、読み手の事は全然考えていないからで
編集者はそこんとこ突っ込まないで書かせているんだろうな
と思うと、
時間に追われて働く身としては優しい環境で
漫画を描かせてもらっている稀少な作家なんではないか。
精神医療とかアルコール依存症の標榜科の関係者には
興味深い内容であるかもしれないが…


おすすめできません。

いや、本当に。
脚ごと思考の迷宮に持ってかれてしまいます。
モヤモヤする人はすると思うので、
全然おすすめしません。

最初に言ったけど
病気はね、本当に誰のせいでも無いの。

でも問題は、それを持ちながらどうやって
人生のチャリンコロードを進んでいくかを試行錯誤
しなきゃいけないはずなのに
この人自分の病気と全く向き合ってないから。
むしろ家族の献身がなければ生きられない人だから。

毒にはなるけど薬には決してならない本なので
読まなくていい本を読んでしまったと後悔している。

「みんなかなしみをからにしまって
いきている」

新美南吉の
「でんでんむしのかなしみ」の方がよっぽど
腹落ちする私である。






追記を閉じる▲
スポンサーサイト




[2019/11/26 15:30] | レビュー
|

1週間前のこと 
一時帰阪したぼーずとコラボカフェや日本橋で遊んだ後、
私と小坊主君はガッチリピンポン感染しあいながら
風邪のがんこな熱と咳と鼻づまりと戦っていた。

もしも私が一人暮らしだったら
風邪だからとろくに医者にも掛からず
こんこんと寝て食べるものもそこそこに
油断してコロッと鬼籍に入っていたかもしれない。

本人が亡くなるつもりじゃなくても
いきなりお迎えが来てしまってって、こういう
シチュエーションなんだろーなーと、思う。

メッセンジャーで来年来日するという
海外の人形仲間とおしゃべりしてたのと
医者に診せて、栄養を十分に与えなければいけない
子供がいたことで
私はそっと、でも確実に助けられていると思う。

今年の風邪は1週間はろくに動けないので
くれぐれも皆さまご自愛ください。
水分とビタミン大事!

さー中国杯の男子見よう。




[2019/11/09 20:15] | 日々雑感
|

知らない土地へ行ったり見たりすると、
自分が何者であったのかがよくわかる。

まだ下の子が生まれたばかりのころに
生まれ故郷を離れて他県へ引っ越した4月。
急こう配のために自転車も使えず歩いていたら
急激に空が暗く、寒くなり 雪が降りだした。
それで地元の人はスニーカーに合羽姿だったのだ。
山の天気は変わりやすい。
私は なんてとこへ何も考えず来てしまったのだろう。
そう、今更ながら移動後に
慌てて寒々と家へ引き返したのを覚えている。

自分のそれまでの基準や考えでは通用しないから
新たに自分の経験値として一から学びなおすしかないのだ。
そういった意味で、
移転は自分がどんな土地、
人に囲まれて育ってきたのかが改めてよく見える。

ずっと平野部の、徒歩で駅でもバス停でも
医者へもどこへでも行ける場所で育った
自動車免許を持たない自分には
毎月の高額なバス代が苦痛だった。
山間部から職場まで2時間近く掛かると、
故郷にずっと帰りたかった。
(後に元夫の借金逃れのために移動した事実を知り、
説得の上で司法書士に債務整理を依頼する羽目になった。)

今、大阪に帰ってきて
地元の人たちとの友好的なコミュニティにも少しづつ
慣れて、
大阪人のストレートな人懐こさを改めて有難く思っている。

ずっと生まれ育った場所の利便性をこんなにも
有難く思ったことはないし、
今後も動こうとは思わないんだけど
今は何処に住んでいても災害の脅威は容赦ない。

ただ 郷土であれ 流転地であれ
住んできた当たり前の日常を共にしてきたものが
抗いようがない自然の力ですべて失われてしまうのは
非常につらいことだと思う。
そして 自分の故郷が荒れ狂う災害にさらされる姿を
見るのはこれもまた力をそがれることだろう。

関東へ転勤になった友人は無事が確認されたが
ものすごい冠水だったと言っていた。
日本の40を超える河川が氾濫したとは恐ろしい。

これから 
自分の生まれた土地を 移り住んでいた土地を
また一からそこにいながら自分の中に構築せざるを得ない
事態というのは、どれだけの辛抱と忍耐が要るだろうかと
思うと計り知れない。
もう 自分に出来るだけのことをするとしかいつも
言えないのが心苦しいところなのだけれど

一日でも早い復興と
被災された方々の平癒を心よりお祈り申し上げます。







[2019/10/15 17:20] | 日々雑感
|

むか~し、深夜に放送されていたちょっとこわい
1話完結型の海外ドラマ「トワイライトゾーン」というのを少しだけ
見たことがある。

ある街に見知らぬ男がふらっと犬を連れてやってくる。
男は魔術により人をよみがえらせることが可能だと言う。
刃物で切りつけて死んだ犬を、その場で生き返らせるという
術を披露した。
そうすると
町の人々は口々に亡くなった自分の父母や夫や妻の
話をして
「ああ、もう一度会えたら!」 と 嘆いた。

そうすると男は
「いいですよ、皆さんの願いをかなえてあげましょう」
と 微笑んだ。
街の人たちはまだ半信半疑である。

次の夜 男は一人目の父親に会いたいと
言っていた男になにやら呪文を唱える。
向こうの角から手を振って一人の男性が登場。

「親父だ!」

そりゃもう、実現しっこないと思っていたから
居合わせた全員ビックリである。

そして満足げに呼び出した男が

「よかったですね。
これでまた復活したお父さんと一緒に暮らせますね。」

と声をかけた途端、
街の衆はざわつきはじめる。

実は懐かしさは嘘の事ではないが
お父さんに生前多大な借金をしていた人
えっ、また一緒に暮らすなんて今の生活では
とても養いきれないよと困る人
私は新しい夫と再婚したのに困るわ…
などと 現在の生きている人のリアルには
もはや冥界の方々はいないものだったから一同当惑したのだ。

そして。

「あのう、悪いんだけど
やっぱり会わずに帰ってもらうように出来ないかな?」

「この降霊術はたいそう手間もかかるものだし、
私も多大な労力を払ったのだ。
今更そういうわけにはいかない。」

と 男が突っぱねると
街の人たちは頼むからこれで勘弁して帰ってもらってくれと
なけなしの財産を男に渡した。

仕方がありませんねぇと馬車に乗って帰った男は
馬車の中で札束を数えながら
父親役を演じた仲間の男とにやりと笑い

「口では綺麗ごとを言うが人なんてこんなものさ。
みんな自分がかわいいものだ。」

と、街を去っていった…という話だった。
もちろん冒頭の犬の復活も賢いワンちゃんの
芝居である。

学生だった当時はどうにも複雑な心境になった
ものである。
亡くなった人に会いたいなんて、
簡単に言ってはいけないんだな…難しいね。





ブラックなお題のドラマの延長線上で書くのには
話にいささか語弊があるかもしれないが、
昨日のNHKスペシャルで
「AI」美空ひばりさんが新曲を披露した。



彼女はあまりコアに知らないのだが、私らの親世代では
多分知らない人はいないんじゃないだろうか。
(友達がカラオケで「悲しい酒」を歌ったときはビックリしたが…)
息子にも、今でいうところの安室奈美恵みたいなものかも
しれないよと言った。
まあ、ひばりさんは生涯現役だったけどね。

晩年、つらい闘病生活を送られたところが報道されて、
それでも東京ドームで必死に立ち、
復活コンサートを開いたのはよく覚えている。
AIの学習能力、100人規模の作る人たちの思いがひしひしと
感じられるものづくりの世界を見せてもらった。
一夜限りのコンサートは本当に美しくて泣けた。
モーションキャプチャーを務めた天童よしみは年取らへん人やなぁ。
森英恵さんの白いドレス姿のAIひばりさんはとても美しかった。

前回の出川哲朗さんのお母様をAIで再会する企画も
そうだったが 
話し方がすんごく、本人が喋ってるかのように
滑らかなのである。

開発者はあのボーカロイド「初音ミク」のチームである。
ミクさんの歌声作品も色々と素晴らしい曲が沢山ある。

今世界的にそういったAI技術が発達しているのだが
一方で、
動きや音声をキャプチャーし ご存命の方々(特に政治家)に
言ってもいない発言や動作をさせた悪質な動画が
拡散するといった問題も起こっているために
亡くなった人を蘇らせるAI技術に対する倫理が問われている。
勝手に墓を掘り起こして利用してもいいのか?と。

難しい問題だが それでも
出川さんのお母様やひばりさんの歌声に
慰められたり癒されたのも真実である。
ものは使いようよね。

初音ミクさんが歌のなかで
「変な言葉を歌わせないで」って言ってる歌詞が
あったように、今のところAIそのものが悪さをするのでは
無いからである。
彼女はあくまでもイーハトーブで歌っているように
「箱の中からは出られないミク」
「かりそめのボディ」
的な存在なのだ。

一回目の際には上のぼーずが夏休みだった時の
放送だったので

「なぁ、
私が死んだらアレクサみたいにAIでおしゃべりしたい?」

と 興味本位で訊いてみたら

「やめてよー
わし余計に淋しなるからいややわ。」

あれあれ、一応寂しがってはくれるんかい?
嬉しいねぇ。

いつの日か
自分の声のAIで自分の弔辞を
葬式の参列者に向けて読み上げる時代が
もしかしたら来るかもしれないなぁ。

確かに死人にバラしてほしくないような事を
そこで言ってしまいたくなるのかも笑。
先のトワイライトゾーンの街の人たちみたいな心理が
ちょっとわかる気がする。
まぁ、そういうツールが手元に無いから今は
ここに綴っていくわけなのだが。









追記を閉じる▲

[2019/09/30 11:32] | ちょっとまじめに考えてみる。
|

今は麻の葉柄の布と市松模様の端切れをさがしつつ
ドールを自分用に作ろうともくろんでいます。

「鬼滅の刃」のネズコちゃん。
最初アニメを見た時から
「あ、プーリップ造形いけるかも。」
まぁ、著作権があるのであくまで個人用ですが、
すでに素体は選んでいてメイクの下書きは
済んでいる。
あ~嵐山電鉄の鬼滅コラボ行きてぇ~~~

ネズコフェイス作成と同時進行で昨日出品。

彼女は最初マントだけだったんだけど
撮影しているカメラ越しに

「共布でボンネット作ったらもっと良くない?」

と 頭のどこかで感じたんで急いで
布を引っ張り出してミシンでガガガ。
レース付けが楽しいけれど、
ジュモーのファッションドールが被ってるような
飾りがこう、精巧におしゃれについてるボネを
いつか作りたい。

i-img675x1200-1568297435g6x2la769625.jpg

今回はアイホールを大幅に削って文化人形っぽい幼女を
目指していたんだけど、好みがわかれるだろうなぁ・・・
ブライスアイをディーラーさんにお願いして作ってもらった
ホログラムの蝶が浮き上がるサファイアカラーの大好きな目。
うるっと感が出て美しいのです。

i-img675x1200-1568297435qrzoqn769625.jpg

今回から海外のバイヤーさんから勧められて
海外客専用バナーを採用したんだけれど
見てもらえるかな…?

良き出会いがありますように。




[2019/09/13 15:35] | ドール
|