ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

私はあんまり外でも家でも食事の写真を撮影しない。

というか 
あんまりブログやネット媒体にアップもしない。

そもそも写真を撮るのが下手だから(;'∀')

私の端末のフォルダは
うちの猫様、ドール、子供でほぼ埋まっている。


それはともかく
こないだテレビ番組で
「オムライス検定」なるものの存在を知った。

カゴメ社内の検定試験のようですが
さすがケチャップを作っているだけあるなぁ。

家族みんなオムライスが好きなので
早速放送されていた手順に見倣ってその後は
オムライスを作っている。

もちろんホワイトソースやデミグラスソースの
オムライスも美味しいけどね。

以下の作り方はポイントだけを表記。

「え~、そんなのあたりまえじゃ~ん」

というアナタ、ぜひカゴメで検定受験チャレンジしてみてください笑。

①同じ大きさに切り分けた野菜と肉を火が通るまで炒めた後、
 ごはん投入の前にケチャップを適量入れて予め炒め
 コクと甘みを出す。

②卵には水と油を入れる。
 すぐ固まったり焦げ付かないようによく混ぜて。

③完成後かけるケチャップソースは別作り。
 ケチャップ、バター、水少々を加熱しなじませたものを
 オムライスにかけていただきます。

実際 手順通りに作ったそれは
いつもとちょっと違った味わいが楽しめて
オムライスのリクエスト率が天津飯を上回っている。

ちょっとの手間で料理は本当においしく仕上がるので
こういうレシピ公開は有り難い。

ただ 
ネットの料理アプリの豚生肉生食レシピの例もあるので
何でもかんでも大丈夫なんじゃなくて、
自分で選ぶ&見極めるスキルが求められる時代になってきてるが…

スポンサーサイト

[2017/04/25 18:15] | 日々雑感
|

現在発売中。

元素体3rdボディ・ホリー。

トロイメライは自分が寝る前とかによく聴いてたりする曲です。

今回のスワロアイは色の調整が非常に難しい
エメラルドグリーンで作成。

トロイメライ


ルーブル美術館の印象派の絵画図鑑を見ていると

「ああこの服いいなぁ」

と 思う作品がちょこちょこあって

今回のアンダーウエストのワンピースも
貴族の子供が着ていた服からアイデアをもらっています。

スカート部分はハードチュールに5,6段のレースを
縫い付け。

IMG_20170414_154831.jpg

ディーラー様作成の2色使いのブロンドのツーテールウイッグが
またとても可愛らしい。

ウイッグのウェイフティングはね、
なかなかやろうと思っても重い腰が上がらないのですよ。
だから物凄く感謝。

フロントレース部分には撮影後に
ビーズ刺繍を施しております。
ただ 子供の遊び着というのがコンセプトにあるので
あまり華美になりすぎずに。

良いご縁があることを祈りつつ。



[2017/04/25 17:36] | ドール
|

なかなか最近は家で文章を打つことが少なくなってきた。

うん、スマホに変えたからだな、たぶん。
でもスマホではタッチ操作でブログを更新する気にはなれない。

色々大変ながらも頑張って生きております。

先日の夜
世界選手権を羽生結弦君が王座奪還で絞めた日

間で流れる「真っ赤なガーナ」のチョコのCMに
真央ちゃんがバレージャンプしているモノが放送されないのは
やっぱり寂しいなと茶の間でつぶやきながら
縫製をしていたら、

「浅田真央ちゃん、引退って号外が出てる」

と 夫が呟いた。

「ええっ!!」

その後の世間での騒ぎようは周知のとおりである。

あんまり騒ぎすぎるから
私の中の浅田真央ロス感は加速するばかりである。

いや、もうあのスケーティングが見られないと思うと淋しいの
一言に尽きる。
今季の「リチュアルダンス」の鬼気迫るステップ。
彼女の納得がいく作品としての完成形が見たかった。

そうかあ、それで
郵便局で真央ちゃんコラボのリカちゃんが出たのか。

彼女の衣装や表現するものすべてにおいて
大変有形無形の財産を貰えたと思う。

フィギュアスケートは選手生命が元々短い。

織田君あたりから世代交代が進んでいるように
見えるが、
それでもあの伊藤みどりの衣装をまとい
GPFであのスルツカヤを圧倒的な演技とインパクトで踏破した
当時14歳の彼女が登場した瞬間は
みどりさんの滞空時間が異様に長くて
高い3Aとともに一生忘れないと思う。

彼女の涙なしでは見られなかった復帰戦FS
私の大好きな「蝶々夫人」を。


今後の彼女の新たなセカンドシーズンが幸多いことを
心より祈っています。

それから 彼女の後輩世代の選手層の厚さが
今後ますます栄えますように。

たとえ誰も身近にいなくても
人は誰かに支えられて生きていると教えてくれた浅田真央ちゃん、
ほんとに色んなパワーをもらいました。
ありがとうございました↑





追記を閉じる▲

[2017/04/25 17:02] | 日々雑感
|

最近ニュースでまたも面白い本を発見。
表題タイトルの漫画

「三成さんは京都を許さない。」


ええっ!?(;'∀')
なんで石田三成京都に怒ってるん?
画像検索だけでもかなりご当地ネタと
三成さんが滋賀県愛に満ちている様子が
伺えます。

三成さんは京都を許さない

WEBで何話か閲覧が可能ですが
滋賀県ネタがてんこ盛りです。

1493114859212.png



三成さんが怒っている理由はいくつもあるようですが
私もびっくりだった話が

『比叡山が京都府の観光マップに載っている!』

京都と滋賀にまたがっているためかと思われますν

『琵琶湖の治水管理所が京都にある』

…そこは、まぁ…。
…怒るか、三成さんなら。

でも
琵琶湖の水を本気で止めちゃったら
滋賀県がムー大陸みたいに水没してしまうという話は
初耳でしたねぇ。
指摘されてへこむ三成さんではなかったんだけど
水攻めはシャレになんないですよ。

『京都は100年住んでなかったら他所さんや!』

おもてなしスキルが高い京都民の本音と建て前の
描写が怖いけど
これって、 
たぶん江戸っ子もそんな事を言ってたような…
私は実家が100年なら家系が辿れるので
おそらく大阪民を公言しても大丈夫だと思うんだが。
(個人的な感想ですが
最近京都へ行くと日本人とわかるまでの
京都のお店や神社の方の視線があからさまなよそ者目線で少し痛いです)

頑固で一本気な三成さんを始め
なぜかタイムスリップしてきて滋賀県の公務員になっている
戦国の方々が色々な近畿民も知らなかった滋賀県を教えてくれるおもろい漫画です。

作中では京都はアニメの聖地!とも描かれていましたが
私のお勧めは断然バウムクーヘンですっ↑



[2017/03/26 22:51] | レビュー
|

気が付いたら
もう3月終わりじゃないですか。

家業と会社の繁忙期のくそ忙しさで放置していたら
なんかブログが広告表示になっているし。


3月は色々ほんとにあって
SAOの映画を夫と観に行ったり
(SAO感想:お前ら、懲りないなぁ&神田沙也加すごい)

帰りに駅ビルで卸の問屋さんを発見して
アドレナリン放出しながら
すんごい細分化されたダンジョンみたいな
店内で迷子になったり。

でも12mmのドーム型カボションがそちらで購入できたのは
うれしかった。
これでグラスアイが作れるぞと。

スワロフスキー社が復刻してくれない限りは今の希少な手持ち分しか
ないので困っていたのだ。

でもね
実際にサンプルに何種類か作ってみたけど
屈折率が違いレンズの効果が低いため
瞳孔部分をほとんど1/1スケールで作成しないといけないことが
判明。
もう少し改良を重ねて 実装はもう少し先になりそう。
すでに見事に美しいグラスアイを作成なさっている
ディーラー様もいらっしゃるので
また頼らせてもらうこともあると思う。

そして会社休みには
レースでケープを手縫いでちまちま。
ほぼ人間がしているストールを作るのと同じ手法で作れるので
音楽を聴きながら夕飯ぎりぎりまでドール服作りを楽しんでいる。

五嶋みどりさんのバイオリンは何というか
美味しい紅茶のようにゆったりした幸せな気持ちにしてくれて
いいなぁと思いながら聴いている。
弟の龍さんがあと10年経ったらどんな風に弾く事だろう。
彼のバイオリンはとても健康的で力強いエネルギーに
満ちている。
家族で楽しんで観ていた
題名のない音楽会の司会を卒業されるのはすごく残念。

辻井伸行&ロンドンフィル講演、大阪に来たら行きたいなぁ…

そんなこんなで気が付いたらお彼岸が来て
なんだか夕方の明るい時間が増えてきていて。

まだ寒かったり湿っぽかったりで体調的には
万全ではないけど
なんとか春を迎えられるようです。



[2017/03/26 22:44] | 日々雑感
|