ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。
えーと
このブログの表題から競技かるたの
文字が消えたことについて。

端的にいうと、かるた会というのは
各都道府県にあり、
その枝の支部が各地方に点在しそこで
各々練習しているんですが
私も息子もその「枝」で練習してたわけです。

でもその「枝」の会長が
春ごろから電話やメールで済むようなことでも
何回もやんわり断っても
夜間にかるたの事で大事な話があるからと、
何回も言ってくるようになり
家の近所まで押し掛けると言われた事もあり、
仕方がないので息子も一緒に練習後にと
提案したら

「じゃあ息子さんは一人で返して
二人で会いましょう。」

練習場から自宅まで電車で1時間。

私は既婚者で家庭人です。
こんなええ年こいて背徳的な誤解を生むようなことは
どんな理由であれしたくないです。
小学校低学年の息子を一人で返すことなんて
できませんでした。

結局最終的に夫に窓口を変えた途端
会長への不従順ということで
私と息子もろとも強制的にかるた会を
退会させられました。

これが現在のかるたの世界の常識だというのなら
むしろ私はコミックのあの世界で研鑽したいです。
何の責任も無い子供の競技者生命を
一個人の恣意的な権力で
絶つ理由にしてはお粗末だと思っているので
これからどうしたら一番息子にとっていいのか
考えていこうと思います。



4月の大会で負傷した右手は
まだ痛みますし、
小指はきちんと曲がらないので
手芸の時に糸をぐしる時や細かい
塗装をする際に難儀が残ってます。

ビーズを右手で持ったら小指の隙間から
零れ落ちてしまうので、
沢山のビーズ類を持って刺繍は出来ません。

利き手の右手って、
小指の存在って こんなにも働いてくれているんだと
今更ながら実感しています。

でも、私自身は右手の大切さを実感できた
ということで、
これからは一生付き合うこの手を労わりながら
痛みと付き合って、
手芸業に頑張っていこうと思っています。




追記を閉じる▲
スポンサーサイト




[2015/06/24 00:34] | かるた
トラックバック:(0) |




色んな状況はさして変わってはいなくて
あんまり楽しいことなんかは書けないし、
何より自分自身が塞ぎ込んでしまっているので
非公開にした次第なんだけども

そんな中でも書き残しておきたいことや
忘れたくない事
感謝したいことはいつも通りあって
少しづつつづっていこうかなと思いました。

今はパソコンのワードで
ずっとその日あった、
いればきっと話していたであろう
出来事をずっと手紙形式で書き残しては保存して
いた。

いつかプリントアウトできたらいい。

こんな気持ちでどうして人に喜んでもらう物を
生み出すことなんかできるだろうかと、
前に作って手元に置いてた子を何体か手放すのに
販売していたら
カスタムの相談を頂いたり、
以前私のドールを購入してくださったお客様や
昨年のドールイベントで私のドールを見てくださった
お客様から温かいお言葉をかけていただいたり
お持ちのブログなどでご紹介くださったりと、
とても有難いことです。

今はまだ服作りしかできてなくて、
カスタム造型は長いことしていないのだけど
少しずつ上を向けたらいいなと思っています。
本当に本当に、
顔も合わせるお付き合いでもない私に
優しいお言葉をかけてくださりありがとうございます。


相変わらず行動範囲は狭いし
決められた事が無ければ
自分からは外には向かいませんが、
そうも言ってられない。

波光 スガシカオ
もう一人の子も大事に育んでいきたいから。

昨年の秋雨上がりに下の息子と近くを散歩しながら

「ほら、ぼうっと木の合間が霧でかすんでいて
綺麗でしょう?

これが『む(村雨の)』の風景だよ」

「きりたちのぼるあきのゆうぐれ?」

そういいながら教えて以来、
ぽぇはものすごいスピードで
百首を覚えた。
もちろん国旗オタクも健在である。
偶然にも学校の図書の先生がどうやら競技者らしい。
色々ぽぇにかるたの話をしてくれている。

おばーちゃんの家に行く時も
インフルエンザになっても手元には
ぼろくなった百人一首の小冊子。

しかも独特の札配置なので暗記しにくい。
オンライン対戦してくれる方々や
私じゃもうなかなか勝てなくなってきたので

「ぽぇちゃんさ、
かるたを今年名人戦やってた近江神宮や時雨殿みたいな所で
試合したいと思う?」

「したい!!」

「それにはね、かるた会に入って
一杯練習せなあかんのやけど一度入れるかどうか
訊いてみる?」

「やったー!」

と、いうわけで
比較的近隣のかるた会に彼を入門させることにした。

最近は「ちはやふる」効果で入門希望者が多く、
どこも受け入れが難しいと聞いていたので
心配ではあったんだけど
まず「札流し」を3分以内で出来るならと言うことで
体験入門に参加出来ることになった。

札流しとは
百枚の札を3つくらいの束にして、
上下関係なく手札をくりながら
札の決まり字を言っていくもの。
(たとえば1首目の『あきのたの』なら『あきの』。
『あ』は決まり字が多く、6字で決まる大山札を含め16枚あります。
対して『むすめふさほせ』はそれぞれ一首だけなので
詠まれた途端に取れる札になります。)

現在2分35秒。私が3分15秒。
強いわけだ。

この子にも、今よりも多くの人と関わって
違うコミュニティに入って
伸ばせるものは伸ばしてあげたい。
外の明るい世界へ向かわせたい。

どうか先には光がありますように。



追記を閉じる▲

[2014/03/10 21:12] | かるた
|


阿修羅王
こんばんは。
やっと再開しはりましたか、よかった。
無理しない程度にぼちぼち近況を綴って下さいね。

それにしてもぽぇちゃん、相変わらず暗記力が凄いですねぇ・・・
羨ましくてたまりません。



管理人
>阿修羅王さん
本当にいつもお気遣い下さってありがとうございます。
ええ、私も彼の集中力の高さがかなり羨ましいです。
若さって、いいなぁと、つい…

コメント:を閉じる▲