ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。
最近常連様や好きなサイトを訪ねると良く見かけるバナー。
なんじゃこりゃあなエロさ。

・・・こいつ等は
『お子様には有害ですからネットで見せちゃいけません』
にはカウントされないのんかな?

堂々エロくていいんかな?
私だけかな?

いや、
別にエロス自体は悪いことじゃないんだけど
やっぱり露出が高いと
たいがい大人な私でも恥ずかしい。
ティーンズやBLの若い人の漫画の方が色々ものすごそうで
ついつい
『昔のティーンエイジャーは参りました。
そういうのは
こっそり隠れてヤっちゃって下さいお願いします』
って言っちゃいそうである。

『ほ〜ら、こんなにエロスだよ〜〜
ガンガンクリックして電子書籍買ってね(はぁと)』
ってことなんだろうけど

そんなにばんばん前面に出さんでもνと思ったりする。
もし自分が置いてるバナーだと思われるのも、
ちょっと恥ずかしいし。

まるでビデオ屋さんで、
18禁コーナーが一番目立つコーナーに
カーテンナシで陳列されてるみたいじゃないの。
もうちょっと、せめて
チラリくらいにしないかなぁ?


もう一つクリックにまつわる話。

私が以前いたブログサイトは
SNSでもないくせに
使用客の囲い込み化を狙っているのか
外部リンクを一切受け付けない。

つまり、
そこのブログには自分のブログリンクを
残していけない。

これはいいブログだなあ、
もしかなうなら、ちょっとこちらも読んで頂けないかなと
いくらこっちが思っていても
URLを直接コメント欄に書かないと伝えられないし、
それはよっぽど仲良くなっていても結構ためらわれる
行為である。
なんか無粋な感じがして。

リンクによって、
さりげなく足跡が残せないから一方通行のままだし、
その空間には会員しか入ってきてはいけないような
気持ちになることがたまにある。
非会員=荒しという風に考えてる方もいて、
ぶっちゃけ居心地がなんとなく悪いのも否定できない。
あくまでも私自身はだけど片思い(?)はつらいなあと、
いつも思う。

いっそのことGREEと合体して
コミュニティ機能を強化したらどうかな。
元の運営会社が違うから無理かν
スポンサーサイト




[2007/10/31 18:23] | ちょっとまじめに考えてみる。
トラックバック:(0) |


吉蔵屋
広告収入を得なければならない(運営側)&バナークリックしてもらわなきゃならない(広告出稿側)という大人な事情はわかるんだけど、大人がエロを子どもに売り付けていいんかという部分が一番イヤ
大体、アダルト利用は規約違反なのに、なんで広告がエロなのよー!
と、常々思っているんですが、機能やら移転の手間を考えるとね
せめてトップには出さないで、ページ下部にひっそり置いて欲しいです(涙)
旧店舗は旧店舗で、井の中の蛙状態なのにうんざりで(笑)
なんでしょうね、あの囲い込み状態
何か意味あるのかな



雅堂蝶々
うん、
ほんとに広告はエロなのにねーですよね。
いえまあエロネタは恥ずかしいから無理なんですけどν
でも他のメディアにもジャロみたいなのんが在るんですから
ネット広告のガイドラインを整備する必要もあるんじゃないかと思いますね。
あそこのサイトは夫にもよくこぼしてたんですが、
例えばコミュニティ機能や私書箱など、
交流色がより強いユーザーの囲い込みをしてもなお魅力的な機能があるかと言えば正直、
他のブログよりも難があります。
だからチャットコメントなんかが問題になってしまう。
私はあの窮屈さと狭量な一会員からの中傷などで、
かなりしんどい思いをしたのでダメですね。
それでもそのなかで、
共通のお題でみんなが記事を書くといった企画が
ユーザー同士で活発に行われている努力は素晴らしいと
思います。
三題話も、去年の風邪薬のCMもかなりの力作揃いで、
とても面白く拝見していました。
思わず銀英部屋にCMカテが出来たくらい笑。


コメント:を閉じる▲
マクドのCMでさっき見たけど

ついにケロロ軍曹がハッピーセットに登場らしいね。

困ったな、素直にほすぃよ。

もともと山でスローフードに近い生活だし
マクド近所にないから(つうか、コンビニも何もない)
買えるかどうかわかんないけど。

次のハッピーセットがガンダムだったら
笑えるなあ。

ていうか、
昨日のITメディアによると、
1回500円ハズレなしのガンダムスピードくじが
全国のコンビニで発売されるらしい。

ぶはーっとマイナスイオンが出る
ホワイトベースとか、
シャア型クールアイマスクとか。
パパはホワイトベースが当たったら会社デスクに
飾るから家には持って帰ってこないらしい。
子供たちにいぢられるのがイヤと見た。
ザクのボールペンなら見るチャンスあるかも。

ああ、すっかり侵略されてる我が家・・・

[2007/10/31 17:18] | 日々雑感
トラックバック:(0) |
そういや最近ケロロ見れてませんν
地上とケーブル合わせたら、
ほぼ毎日放送してるんだけど

大概家事やらキャンプインやら子供の風呂の
時間帯なので自分のスケジュールと合わないんだよ。

てなわけで、
まともに答えられるかどうか自身ないけど
海老しゃんから回ってきました
『指定キャラバトン』でございマス。

(私信)・・・ねえ、夕べ受け取って拝見したけど
ナニ?あの神がかった書物はっν
アレは100刷っても売れるって絶対!
【指定キャラバトン】


・指定者以外は絶対にやらないでください。
いつまわってくるかのバトンなので。

・ルールはこちら↓
回してくれた人から貰った【指定】のキャラを【】の中に入れて答えること。



指定→ケロロ軍曹



1.最近思う【ケロロ軍曹】

・実はうちにはおしゃべりケロロ人形がいるのだが、
忙しくて構ってやらなくなってたら朝いきなり共鳴しだしたり

『ゲロ〜? ペコポン人どもめ!』

なんて、可愛くないことを言うようになってしまってた。
地球侵略生物としては正しい態度なんだろうが
最近はちょっと申し訳なく思っている。

2.こんな【ケロロ軍曹】には感動!!!

・なんだかんだ言って
夏美とけんかしちゃあ仲直りする時のケロロは
いじらしくって感動する。
侵略費用をガンプラにつぎ込む太さにも感動する。

3.直感的な【ケロロ軍曹】

・ついニュータイプの話かと笑。
ケロロは絶対アムロやカミーユ(声は宇宙探偵556だ笑)
には勝てないだろうなあ笑。

4.好きな【ケロロ軍曹】

・やっぱ共鳴?
モアちゃんと遊んでるとこ?
あっ、ギロロ伍長をおちょくってるケロロだ。

5.こんな【ケロロ軍曹】は嫌いだ

・たまにペコポン人スーツ着て歩き回ってるでしょ、
あれ。
夫なんかは「なんで全身スーツにしないんだ」と
毎回言ってる。

6.この世に【ケロロ軍曹】がいなかったら…

・私の面白いアニメが1つ空欄になるってことだよね。
それは寂しい。
ペコポン侵略の戦果のほどは定かじゃないけど
彼らはガンダム人気を更にプッシュするのに貢献してるしね。

7.次に回す6人

・うう〜〜ん・・・どうしよう。
んじゃたまにはリターンしてみよう。

海老しゃん『ドラクエ』(指定キャラ・・・?ν)

森沢さん『アル(エルリック弟)』

吉蔵屋さん『シャア・アズナブル』

スルー可で宜しくお願いします↑


追記を閉じる▲

[2007/10/27 18:46] | バトン
トラックバック:(0) |


森沢
うわあ…また微妙なキャラが来たぞ(笑)
いそいそと頂いていきマスタング。



雅堂蝶々
えへへ。
漆原教授とどっちにしようかと悩んでアルフォンスにしました(^^;
よろしくお願いします〜↑



吉蔵屋
ハードル高っ!(笑)
仕込みしてからトライします←なんだよ、やる気マンマンか(爆)



雅堂蝶々
えへへ、うれしいなあ。
ぜひよろしくお願いします。
し、仕込むって・・・もしや百式?(ォ)



海老
あわわ、ここにも知らない間にリターンが…ν
ええと、うちのテンプレ消えちゃってるんで、もしまだあったら送って頂けると助かりますν



雅堂蝶々
えっ、海老しゃんドラクエでやってくれるの?(喜)
楽しみにしとります〜↑
夕べ『うっそ、メロニ庵が放送してねえッ!』
と、時差ボケかました私・・・ν


コメント:を閉じる▲
うちね、今夜はおでんなわけですよ。


んで昼前から玉子を漬け込んだり
昆布からだし取って大根と鳥モモ肉(夫の好みで)を
先に炊いて、
今油抜きの済んだおさかなタンパクさんたちと
ことこと炊いている最中。
これでスジ肉かタコがあれば完璧なんだけどなぁ。
そこに、さっと湯通ししたベランダ菜園のハリハリ(水菜)を
和からしと一緒に添えて、はふはふと頂く予定。

練り物ははんぺんのわさび醤油と正月のちょっとお高い
伊達巻が割とすきだな〜〜・・・と、
思い巡らしていたらついつい大昔『ぴあ』に載ってた
「かねてつ」の広告を思い出した。


「かねてつ(現・カネテツデリカフーズだっけ)」は、
関西のかまぼこを作っている会社で
そこには『てっちゃん』と言うかわいい坊やの
イメージキャラクターが長年CMでも登場していたんだが

ある日『ぴあ』をぱらぱらと読んでたら
「微笑家族」というタイトルで
かねてつの広告漫画が掲載されていた。
見れば、てっちゃんのお父さんが登場しているじゃないですか。

・・・ヒゲチャリアゴにサングラスの。
めっさガラ悪そうな。

♪てっちゃん てっちゃん か〜ねてっちゃん
 ちくわと かまぼこ ちょうだいな♪

ついつい
てっちゃんお父さんにこき使われてたんか!?
と、衝撃を受けた。

でも落ち着いてよくよく内容を読むと、
どうやらてっちゃんは多少(?)アウトローなこの
父ちゃんが好きなようだ。

漫画の内容はその殆どが、
はっきり言ってかまぼこの『か』の字も
出てこないから、広告のようで広告でない。
(てっちゃん親子がトラフグのてっちりをしてた
エピソードは見たことがあるがν)
でもなんか妙にオモロイのだ。

作者・中島らも。
・・・中島らも!?

あのFM大阪で「月光通信」やってる人か。
えっ、コピーライターやったの?あの人。

そこから見事にハマり、
朝日新聞で当時連載していた
「明るい悩み相談室」を買い漁り
「変!」や「舌先の格闘技」で日々笑い転げたのだった。

そしてタイトルにある
「啓蒙かまぼこ新聞」という
てっちゃん親子の漫画が掲載されている本を発見、
またしても私は笑い転げることになったのだ。

ちなみにこの本の巻末の解説は「ノルウェイの森」を
出す前の村上春樹さん(奇しくも中島氏とは同郷人)が
書いているというのも面白い。
そして、彼もこの広告漫画は広告としては
成り立っていないのだけれど・・・と書き、
掟破りなてっちゃん親子のインパクトに
惹きつけられた1人である。

中島らものおもしろさをおさかなタンパクと
一緒に味わいたい人には是非オススメの一品笑。
「関西人はなぜこんなにアホなのか?」
などなど、色んなオモロイ考察記事も多数掲載されている。

ああ、まだ絶版になってなくって本当に良かった・・・。
啓蒙かまぼこ新聞 / 中島 らもkanetetu



追記を閉じる▲

[2007/10/27 17:23] | レビュー
トラックバック:(0) |


吉蔵屋
ああ、懐かしい!
この記事を読んでいる途中から「え?え?らも?らもさんのアレだよね?!」とドキドキしました
あのフォックス型みたいな黒いグラサンの父ちゃん、渋かったわ
元祖ちょいワル親父ですよね(笑)



雅堂蝶々
あああ、
わかる人がいてくれて良かった〜〜↑
村上さんによると関東の方には
あまりの奇妙さ加減のおかげで
「かねてつ」は架空の会社で、
あれはらもさんによる冗談なんだと勘違いしていらっしゃる
人もいたそうですν
ますます掟破り広告ですわν
そうなんですよ「微笑家族」はもらちゃんの描くあの父ちゃんキャラが良かったんで、
わかぎえふが描く様になってからは
なんか先細りでした・・・。



雅堂蝶々
失礼ν
もら→らもちゃん。
「ねもい」に続きタイプミスν



吉蔵屋
あれ?
関東でも『か〜ね〜てっちゃん、かねてっちゃん、竹輪と蒲鉾ちょうだいな♪』てCMがテレビで流れていましたから、あの漫画を見てすぐに「コレ、竹輪のかねてつの広告かよ!」とわかって仲間で爆笑でした
ん〜、私の周りにそーゆー系な子が集まってただけ(類友?)かもしれないけれど
雑誌の『ビックリハウス』とか、ネタ好きな子が多かったからかな(^^;)



雅堂蝶々
びっくりハウス笑。なつかし〜!
まだあるのかな?
おお、関東でもオンエアされてたんですねそれ。
村上さんの親族だけがらもちゃんに一杯くわされたんかも
しれないですね。
最近みかけないなあ、かねてつCM・・・


コメント:を閉じる▲
タイトルは大江千里の
『バンドを作ろう』のもじり笑。

午前中ぽえと山を降りてバスと電車を乗り継いで
麓の病院まで夫の薬を取りに行って、

さあいざPCを開けて
ロイ誕書こうか・・・とすると、
又もや眠気が。
うちのPC、グッスリンでもとり憑いてんのかしらν

しゃあないから今アップ目的でだらだら書いてます。
もう少し前のブログ書いてる自分ってのは、
もっと正直考え方とか
自他に課してる在り方みたいなのが
非常に硬かったと思う。
かなり自分に戸惑ってたんだな。

今?
今も文章はかなり硬いな笑。

本来はもっとこう、
スライムみたいに
でろーんとした細胞壁抜けきった人間なんだけど
それを出し過ぎたら
何かを突っ込まれそうでそれが怖かったりして(^^;

最近はでろーんでも
ガチガチのスティーブ・ムライ(懐)でも大丈夫な読み手さんたちに
恵まれて割合楽に書けてるのはありがたいな。

出来たらでも、
やっぱり良い読み手、
語り手ではありたいと、思ってる。
彼or彼女は、何を伝えたいのかと考える。
自分が言いたい伝えたいよりも。
そりゃ自分が喋りたい人間の方が圧倒的に多いからさ。


個人的に反面教師的な体験があってね。

昔、すごい好きなブログがあって
コメント書くのもドキドキで
『うわ〜〜』
って、何回も書き直してしまう人だったんだけど、
今はお休みされている。
もう、2年になるんだなあ。

偶然見かけた記事で
ある人間が彼女の休止に関してこう言ってたのだ。

『某有名ブログ、突然休止だって。
な〜んだ、だわ。
こんなに突然休止になるなら
私も一つくらいコメントしておいてもよかったわね。』

何様やねん?貴様
何なの?その恣意的な動機。
その自信はどこからくるの?
と、心底ムカぁっときた。
思い入れや価値観は多種多様とは言え、
そりゃないでしょう。

だからその時、
自分は決して同じ轍は踏むまいと
思ったんだ。
いい教訓になってると思うよ。

ムカツクこともあるけれど、
やっぱり書いて遺しておきたい事は
たくさんあるし、
好きな楽しい常連さんと知り合えたことは
とても幸せだから続いてる。

おおお、
思わぬ方向へ独白してしまったな。
さて、
ロイ誕モノ書くか。


追記を閉じる▲

[2007/10/26 16:09] | ちょっとまじめに考えてみる。
トラックバック:(0) |