ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。
計り知れないのはいつだって書き手側の舞台裏。


だからさ、
どれだけ調べて書いたって、
どれだけ思いを込めたって、
空振りすることは当然あるワケでね。
いっつもホームランは打てない。


たとえそれをこっちが明かしたって、
意外と変わらないよ。
だから、

発言する自由と
発信する側の自由とその狭間の体温差

分かって貰えないとか空振りしたことの焦燥感を

善良なる読み手にぶつけるのには限界があるんだよ。

それが嫌ならば、
ウェブで公表じゃなくて、紙媒体に書くしかないのかもね。

いつだって当たり前に見えないのはお互いの気持ち、
込められた思いだよね。

明らかに怒りや悪意を感じるのは別としても、
とりあえず『善し』と受けとるようにするわ、と

夜お茶をしながら聞いていた夫とした私にとってはかなり有意義な話を
ふと思い出したので書いておこうかな。
スポンサーサイト




[2007/11/29 18:00] | ちょっとまじめに考えてみる。
トラックバック:(0) |


吉蔵屋
恣意的にねじ曲げられた意見とか、裏になにがしかの意図がある場合を除き、頂く意見をやり過ごせる図太さもあったほうがよい媒体かもしれませんね、webは
作者と読者とがダイレクトに繋がってしまう分、互いの考え方、語り方のちょっとした違いで気まずくなることもありますから
実はあとがきと頂いた感想への返信が苦手です
それ、そこで語らんと、そもそも本文で読み取ってもらわなあかんやん、自分……orzと思うことがボロボロ出てくるもんで(笑)
ええカッコしぃだから、書けずに水面下で足掻いてる姿はなるべく見せたくないので、知らん振りして日記で茶を濁してます
言ったところで詮無いとも思いますしね
どのみち、書くのは自分だから



雅堂蝶々
そうなんです、まさに言うてもしゃあないこと。
作者と読者がダイレクトに繋がる割には距離アリアリ
の世界で、
人の距離も同じなんだってことを解ってないと・・・
「私の気持ち解ってよー!」
ばっかりはお互いにしんどいですよね。
でも、思いがけなく親交が生まれることもある世界でもあるわけで。
だからなるべく額面どおり肯定的に受け止めようと、
思うのです。
や、
好きこそものの上手なれでも、
産みの苦しみは個人差こそさえあれあると思いますです。


コメント:を閉じる▲
んがぁ〜〜
バージョンアップ画面は文字変換重くてだめだわν
旧管理画面で十分なんだけどなぁ・・・

閑話休題。

昨日アニマックスで『ゆめだまや奇談』という短編アニメを見た。
第5回アニマックス大賞受賞作。
11歳の主人公・なほは
父親と2歳の弟ジュンと3人暮らし。

幼い弟の世話に追われて疲弊していたある日、
コタローと名乗る
人に望み通りの夢を見せることが出来る
「ゆめだまや」に出会う。

その夢により、なほは
現実とは違うもの

現実には無いけれど密かに心の奥で
求めたり願ったりしているもの
(例えば亡くなった母親との再会)を体感する。

そしてクライマックスで、
コタローはなほの望みを問うが・・・?


はじめCMで見たときには
実はそうそう興味は湧かなかったんだけど、
音楽監督を
あの『カールスモーキー』石井竜也がやっているというので
ちょっと見たくなった次第。

又恐らく再放送があると思うけど、

石井さんももちろんだが
非常に優しくて、
家族ででも安心して見られる作品である。

日常と非現実との狭間に立ったなほが
一体何を選ぶのかが気になったが、

夢に揺れ動きながらもなほの出した答えには
涙が出た。
彼女はまだ幼さの残る少女から、
一つ階段を上ってゆくのだ。

この作品の主題歌、
『母さんの羽』は、
きっとなほの背中に生えているんだろうな。
これもとても優しい歌である。

これと同様に、
非現実世界というものを扱った物語に
小川未明の
『赤いガラスの宮殿』
という、
ぞくっとする童話作品があるが、
まさに好対照の世界観だなぁと思った。

今までのアニマックス大賞のなかでは
これが1番すきかなぁ?
是非おすすめ。


追記を閉じる▲

[2007/11/26 14:02] | レビュー
トラックバック:(0) |
実は昨日書いていたんだが、
PCエラーメッセが出て強制的に初期画面に戻ってしまいやんのν

で、
気を取り直して『ヤンガス』の感想であります。

全然すすんでねー笑。
盗賊の父親ヤンパーが持って帰ってきた壺に吸い込まれ、
壺の中の世界「ポッタルランド」にやってきた
少年ヤンガスが、
ゲルダ、トルネコ、そして仲間のモンスターと一緒に
ダンジョンを切り抜けもとの世界へ帰るために奮闘するが・・・?


ダンジョンもの初挑戦の私にはムズい笑。
でも面白い。

入るたびに地形が変化するダンジョン
限られたアイテム所持数
減っていくおなかパラメーター
隠れワナ
にくそい敵モンスター。

一体何回倒されて地上に強制送還させられたかν

ぼーず君みたいに
仲間モンスターをもっと育てないとダメなんだろうなあ。
スカイフロッグ、配合で作ったタートル、プチアーノン
が仲間。
今現在は『あやかしの地下水道』までクリア。


ヤンガス本人のレベル及びパラメーターはどのような場合であれ
地上に戻ると初期にリセットされてしまうため、

今後複雑になってくるであろうダンジョン攻略には
配合とモンスターの育成がカギになってくると思われる。
カンダタ遺跡昼、夜などを利用してレベルを
上げることにしよう。


そうそう、
アホな失敗談だが
ダンジョンの途中でお店を出しているホークマンは
絶対攻撃してはならない。
間違って弓矢をはなったら、
えげつないダメージで倒されましたわ。ひーんν

所持品保管に
保存の壺や、倉庫の壺などが登場するが、
出し入れがめんどくさいのが難点。
ドラクエの「ふくろ」で慣れているとやりづらい。
数調整もプレイ要素に関わっているんだろうけどなぁ。

ゲルダは途中の秘密の通路に現れて、
3つの質問に全部正解すると
「パン」か
「上やくそう」か「イオの巻物」をくれる。
イオの巻物はボス戦で非常に役に立つので
是非仕入れるべし。

(質問の回答を見ていると、
どうやらゲルダは
「デブ専」のようだ笑。)

ナレーターの八奈見乗児さんもすごくいいし、
ヤンガスが登場していたドラクエ8からゲストで
密かに気に入っていた謎のおっさん・モリーも登場しているので、
2年越しで遊んでるかもしれないゲームである。


追記を閉じる▲

[2007/11/22 13:13] | レビュー
トラックバック:(0) |
20071122122006

やっと前身頃を編み始めた。


写真は完成した後ろ身頃とぽぇちゃんだが、
最初はあまりのデカさにびっくりし、

『こりは一体
どこのトルネコが着てくれるねんν
(T▽T)』

なんてトホホな気分になっていたんだが、

帰って来た夫の背中に合わせてみたら編み続けても意外となんとかいけそうな感じである。
や、
パパはトルネコみたいに太ってないよ。
背があるからガタイも私が思ってたより大きかったんで。


昨日は念願のあんまんと対面出来たしマネケンのワッフルは旨かったし頑張ろー。

…いちおワッフル分のカロリーは最終プログラムでやっといたν

[2007/11/21 18:11] | 日々雑感
トラックバック:(0) |
昨日夜からお腹が気持ち悪くてあまり食欲が
湧かなかった。

急に冷えてきたせいかな?
そこで、
昨日だったかおとついだったかに
ぼーず君が食べたいと言っていたもずくのスープをお昼に
作ってみることにした。

もとは私のレパートリーにはなく、
学校給食に出るので好物になったらしい。
ぼーず君、
わかめは苦手なのにひじき煮やもずくは喜んで
食べるもんな笑。

実際は

「ほんとにそんなに美味しいの?」

と、思ってたのはむしろ私のほうだったんだが

「うん。
いつもおかわりするねん。」

ニコニコして言うもんだから
冷蔵庫に貼ってある献立表をのぞいてみた。

献立表って、
何をどれくらい材料に使っているのかが
詳細に記載されているので、
彼はそれを見たら作れると思うと言った。

もずく
鶏肉
大根
にんじん
だしetc.

ふむふむ。


話が今日の昼に戻すが
幸い夫の実家から貰った乾燥もずくがあったので
鶏肉を子供らの好きなつみれに変えて根菜と酒と粗塩、
みりんと醤油とだしで炊いて
先に試食してみたら

美味いっ!
(゜∀゜)


うちはこんなわけで
学校給食からレパートリーに取り入れた献立ては
トマト味ポークビーンズに続いて2品目だが、
非常にまろやかな優しい味わいで
おかげで食欲が戻ってきた。


今の給食は私の子供の頃のそれと違って
週何回もご飯が出るし、おかずも美味しいと思う。
私には理解を超えることだけど
これで給食費未払いあるなんて、
親は罰が当たるよ。

私自身は当時は食が細く、
有無を言わさず
けっこうなボリュームの量の給食の
完食を要求されたこともあって
給食ってあんまり好きな記憶がないから羨ましい。


あぁ
給食の先生たち

毎日子供に美味しい給食を

親に新しいメニューの発見を促してくれて

ほんとうにありがとうな気持ちである。
(^人^)


追記を閉じる▲

[2007/11/19 16:22] | 育児
トラックバック:(0) |

給食の献立表!
にゃん。
こんにちは、初めまして、にゃん。です。
給食の献立表に使われている材料が書かれていたなぁ……と、
雅堂蝶々さんの記事を読ませていただいて懐かしく思い出しました。
それを参考にして推察しつつ料理を作るというのは料理をしない自分にとって神業に思えますよ〜。
そういえば偏食女王だった自分も給食の時間が苦痛でした……。
好きなメニューの時は嬉しかったけど、嫌いなメニューの時は地獄でした…。
食に関してはオトナになった今の方が選択権がなかったコドモの頃に比べて偏食魂が磨かれたような気がします。
困ったオトナです。(笑)
給食費の未払いのコトを見聞する度に『……これが今の日本なのだな。』と腹立たしく悲しく感じますね。



雅堂蝶々
にゃんさん>
きゃ〜〜〜いらっしゃいませっ!!
やっと誘えて嬉しい限りです。
にゃんさんの極秘販促活動、
引き続き楽しんで拝見させていただいてます↑
私は偏食ではないとは思うのですが
好きになったら鼻から出るまで食いたい
「ばっかり食べ」がしたくなるヒトです笑。
これも困ったオトナですわ。
ああ、思い出すと
給食のしいたけやらうっすい味付けもイヤでしたねぇ・・・
今の給食はそれから考えるとホント美味しいですよ〜
下手すると
給食費未払いの親より美味いもん作ってるかもしれません
(毒)
いや〜夕べは久しぶりにアニメネタが出たもんで
嬉しかったです。
また遊びに行かせてください。


お久しぶりです
くじら
来ちゃいました。
少し前から来ていたのですがι
えへっ☆
前に勤めていた保育園の給食はゲロ不味でとっても濃い味付けだったので園児が気の毒でした。
給食は美味しくないと、ですね!



雅堂蝶々
くじらママさん>いらっしゃいませ。
おひさしぶりですぅ〜↑
(*^∀^)
そういやくじらの竜田揚げが給食でたまに出るみたいですよ。嬉しそうに話してました。
にこにこご飯食べてる子供って、ほんと可愛いから
美味しいって聞くと安心しますね。


コメント:を閉じる▲