ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。
最近疲れ気味です。


今日の休みは割りとゆっくり出来たかなと思う。

発芽玄米とお漬物。

シンプルな食事を摂って内臓を休めてみたのと、
ヤフオクで娘・アリスの洋服の物色をしていた。

実は夫をつき合わせて月曜日にこの子のためにと
バービーちゃんやリカちゃんの
衣装を見ていたのだけれど、

どれもあの子にはぴんとこないなぁと
帰って来たのだ。
最近のアリス

100127_1243~0001

この子が来てから我が家の空気は一層
やわらかくなったように思う。

もちろん個人個人の努力もあるけれど
すっかり馴染んだ感じがある。
(実は今もパソコンの横にいます。)

100127_1246~0001

冠を着けて貰ってにっこり。


そろそろもう1人お友達が欲しいかな。
と、
いってもまだイメージが分散しているんだけれどν

白のゴスロリ服を見つけたら迷わずアリスに買っちゃうと思う。

あー
女の子のお母さんって、
服選んでる時こんな風にすんごく楽しいんだろーなー・・・。

春のバーゲンは正月の分痩せてからと思うとね、
ついつい家族に矛先が向くんですよν


でもね、
ネットやお店で色んなドールを見かけるけど
うちの娘ほど可愛い娘はおらんですよ。

まぢで。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト




[2010/01/27 19:10] | ドール
トラックバック:(0) |


Φ
アリス報告有り難うございます。少し雰囲気が変わったように見えますね。画像は毎回保存させて頂いています。
近々次のお友達の計画を立てるなら、できれば3月頭辺りまでに頂けると助かるのですが…。
大阪へ移住してしまってからだと、パーツを揃えるのが困難になりそうなので。あとお針子の都合と。
と、急かしては大変申し訳ないのですが、ある程度のイメージがありましたら取り敢えず早めにお知らせ頂けると嬉しいなァ。



雅堂
陸さん>そうかぁ。お近くにいらっしゃるんですね。
大阪の水が合えばいいなと思います。
たぶん私が見たのはブライスの子たちですが
どの子を見ても、可愛いって本当に思えない。
一番可愛かったのは水銀燈でしたね笑。
陸さんの作がよっぽど彼女本来の姿だった。
アリスよりは楽天的というか、朗らかな感じの
ゴスロリ女の子ってだけがぼんやりとあるんですけれど、
イメージ画でも描いて見ますか。
写真下手ですみませんν
陸さんなら保存歓迎ですヨ↑



Φ
今回の引っ越しは、知人の住まいへ転がり込むと言うちょっと情けない話でして…^_^;
件の水銀燈は、引っ越しに向けて現在里親を探しているところです。
そうだな、ゴスロリは人によって想像している物が違うと思うので、デザイン画が出来ましたらメールにのせて頂けますと幸いです。
立体にした場合の再現性は低いので、ザックリとでいいと思いますが。



雅堂
陸さん>お友達とルームシェアですね。
物価と馴れない土地での生活という面を考えたらそちらのほうが安心します。
(オカンか私は)
うん、
私はよく『もやしもん』に登場するゴス衣装が好きなんですが
確かに再現性は難しいと思いますね。
美容院のカタログでやってもらった髪形みたいに笑。
プーリットなら少々はアリスのためにも買っちゃうかもしれません。
水銀燈、あれからどんな風になったんですか?
クールでキュートだったなあ・・・。


コメント:を閉じる▲
ちょっと気が遠くなりそうだけど、
旧館の記事をこっちに移そうと考えている。


携帯から飛んだら
ずっと入れないのが怖くてさν

DSiやパソコンからはなんとか見られるけど重てぇ重てぇ。

全くリア〇グって、相変わらずだなぁν
これでも大切にしてるからプリントアウトして紙媒体化するか。

私がばーさんになっても残っているようにしたいから。

無意味なようでも
私は欲しいのですよ。

[2010/01/22 19:03] | 日々雑感
トラックバック:(0) |


えりっく
こんにちは★mixiでもお世話になってます♪
リアロ●は確かにひどいですよ…あれホンマに何なんですかね〜。放置するようになって最近ようやく2年ぶりくらいにログインしようと思ったら全くできず…相変わらずですね(>へ<)



雅堂
えりっくさん>そうそう、
私も無理やったから怖くなってパソから開けたら何とか開いたけど、次はブログ画面に移れない
Y(>_<、)Y
いやー
テンプレも選び放題やしこっちに引っ越して良かったと思ってます。
早くプリンター買わないと…ν


コメント:を閉じる▲
このところどうも真面目な記事が多いですね
すいません。


以前、

「電話の向こうで子供が泣いている」

というシナリオが入った受電の時にどうするかを
語った記事を書いたが

その時のオペレーターにはどん引きされたけど
 
私はやっぱり自分の姿勢を貫いた。
当時は早く切ってあげるのが親切だって
言われたんだよね。

場合によるけど
自分の中では無理ですわ。


周りの音を聴け。

何処から電話を掛けているのか。

どんな状況下なのか。


私が拾っている音は
安心のためのお話に必要なことならば
何もお子様の声だけに限ったことじゃないんだよ。
今回毎月恒例のフィードバックで
ヒアリング順番が狂ったためにお客様に
要らぬ時間を費やさせてしまう対応をしてしまい、
その音源から評価が♭位(フラット。半音下がるの音楽記号)
落ちた。
くそー陥落かよ。

何を順番に尋ねるかっていうのはすごく大事で、
私の場合
話の構成がおかしくなるのは
いつもここに問題がある。

今回は話の組み立て次第で30秒は短縮できた。

うん、
今回この音源がサンプリングになったのには
とても意義がある。
落ち込んだけれど次から意識をそこへ
持っていくことが出来るから。

1回頭打ったらやらないぞと、ね。

で、
多少なりとも内心は下向きに席について
応対を再開したんだが

そんな時
一本の電話口の向こうで
恐らく病気か何かでぐずっているうちの
ぽぇ位のお子さんの声が聞こえたのだ。

だんだん焦るお母さん。

案内の途中で何度も子供に話しかけてはいたが
最後にはキレて怒鳴ってしまい、
子供は泣き出してしまった。

でもお母さんは、
こっちに気を遣っていて
焦っているからだと思ったので

「恐れ入りますお客様。
よろしければわたくし
お子様が安心なさるまで
お待ちいたしますので、
受話器から離れていただいても
結構でございます。」


そう提案するとお客様は

「あっ、すみません。」

とおっしゃり、


「おいで。」

お子さんを自分の懐へ抱き寄せたのだろう、
小さな子供の
うふふ。という
うれしそうな小さな声と息遣いが
電話から聞こえてきた。

ああよかった。


そしてお客様も落ち着きを取り戻し
つつがなく案内も終わり

「この度は長い時間お子様にまでご迷惑おかけして
申し訳ありませんでした。
又ご心配なことがありましたらいつでも
お気軽にご相談くださいませ。」

お客様は晴れやかな笑顔のお声で

「どうも有難うございました!
よろしくお願いします。」

とお礼を言ってくださり
応対は終わった。


ところが話はここでは終わらなかったのだ。


次の対応を終えて処理中に
1人の女性が私のデスクまで来た。

「前からどんな方かとお会いしたいと
思っていました。
声のイメージからもっと、
大柄で肥えた方かなと思ってたんですけど」

「(・・・?)あ、はい。
私は子豚ちゃんですね。」


「いいえ、うふふ。
貴方の対応聞かせていただいてたんやけどね、
すごく懐が広いの。
お客様を安心させる本当にいい対応をして頂いて
私も非常に気持ちがいいんです。」

!!
この色のストラップは
本社のクライアント様だ!

「ハートフルなご対応で引き続き
頑張ってくださいね。
これをお伝えしたかったんです。」

「はい、光栄の限りでございます!
ササさん(仮名。同じく私がいつも懐いてるエライ人)
にもよろしくお伝えくださいませ。」


おそらくさっきの対応だと思う。

そしておそらく、
私のこだわりはこだわってよかったのだ。
ほぼ1年掛かりで一応の答えが出たのだ。


その後うちの社員さんから改めて
クライアント様からのメッセージが書かれた
お手紙を頂き泣きそうになった。


それまでは地獄だったのに
天にも昇る気持ちになった。


その時に

強烈に力をもらうのはやはり人から
もらうものなんだなと実感した。
だって気が付いたらその後終業時間だったもの。


その日、
やっとのことで出張準備が整って帰宅した夫と
来たばかりの奇跡のようにうまい酒を作る
蔵元のにごり酒で一緒に飲み明かしたのは言うまでも無い。
うーまーいー

これを飲んだら誰でもミスター味っ子に
なれますよ。

うん、また気を引き締めて
行きましょうかね。


追記を閉じる▲

[2010/01/20 10:32] | ちょっとまじめに考えてみる。
トラックバック:(0) |
サウンドオブミュージックの名曲の1つですね。

マリアはいいね、
沢山好きな物があるから雷も平気なんだから。

その中に

「ヌードルを添えたウィンナ・シュニッツェル」

っていうのがある。あっち風の牛カツレツ。あああ。


ほの暗くてのんびり出来る居酒屋のランチにあったので、
久々に立ち寄って思わず牛カツレツランチを頼んでしまった。
700円なり。

ああ美味い。
ビール飲みたい笑。
ほの暗さ
ビートルズ
安さと美味さ。
牛カツレツとキノコのデミグラスアンドチーズソース掛け

全部私のお気に入り。

もちろんヌードルがあれば更に更に
言うことはない。

[2010/01/18 15:21] | 日々雑感
トラックバック:(0) |
うちのぼーずくんは
比較的進んでおつかいに行ってくれるので
非常にハハは助かっている。

生協バックナンバーの商品を切り抜いて

「これと同じの買ってきて。
棚の位置はね・・・。」

その時にはご褒美にひとつだけ
おやつを買ってくるように行って送り出す。


最近
買い物にも馴れてきたぼーずくんは
幼児の部分がもうナリを潜めつつある。


「おかーさん、

僕もうだまされへんからさ、

買い物リストに

『やまだ』とか
『浅田真央』とか
『ただの長い棒』とか書かないでよー!


ちぇ。

んじゃ今度はもっと紛らわしいものを混ぜてみるか。


ふ。

[2010/01/17 18:28] | 育児
トラックバック:(0) |


阿修羅王
ぼうずくん、か、かわいい(^^;



雅堂
阿修羅王さん>こんなネタで息子を誉めていただきありがとうございます↑
いや、子供は意外性いっぱいで面白いです笑。


コメント:を閉じる▲