ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。
今はマスターテキストと単語の往復を
繰り返している。


どうなるんだろうな。

私、何ワードくらい単語覚えてるんだろう。
頑張らなくちゃ…

と、思う反面いざ試験になると
手が届かないんじゃないかと冷や汗をかく。
私の尊敬やまない師匠・大西先生の
ツイッターを拝見するたびに

まだ自分はなんて生ぬるいんだ、
なんてついてゆけてないんだと

ひとり焦る。

当たり前だけど
あの人の語学に対する力と志向性の話になると、
何にも及べない。
もう、どこにもあの繋いだ手に届かない。
そんな一人では何も出来ない赤ん坊のような
自分を情けなく思う。


タスクの中に自分の姿を見るというならば、
本業も語学学習も
私はいつも悩んで眉間に皺をよせているばかりだ。
いつもまだだまだだと思っている。

どうして諦めると言う選択肢がその渦中に
いるときには思いつかないのかが不思議である。


本当は勉強なしで早く寝たいはずなのに
言葉を練りに練るなんて、別に考えなくても
この国で話が通じりゃ良いのにね。。。。


こんなとき
早く大人になりたいと思った頃の
痛みを思い出す。

言葉にならない気持ちを山ほど抱えて
書いても書いても足りなかった頃。


もう背伸びがみっともない年になって
しまったけれど、
まだ間に合うだろうか。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト




[2010/02/13 18:15] | ちょっとまじめに考えてみる。
トラックバック:(0) |
昨日はめったに行かない百貨店へ足を踏み入れた。

私の場合
たまに行くって時は酒を買うときだけなのだ。


まああすんごい女性の数。

はい、世はバレンタインですから。

愛の守護神が本当はキムチ大好きでも
一応チョコはおさえとこうかですから。


会社で男の子が

「近くのお菓子屋さんで板チョコがやたら安くで
売ってたから、いっぱい買いましたよ〜」

と、にこにこしているので

「たぶんね、
それを湯煎で溶かして女の子が男の子に
プレゼントするからだよ」

「…あっ!!」

大丈夫だよ、まだ若いんだから笑。
君の彼女はきっとわかっているはず。


うちの夫は辛党なので
今度は逆に聞いてみることにした。

「のんべの夫にはどんなのを送ったら
いいでしょう?」

「やっぱり思いつくのは
ウイスキーボンボンですね」

「やっぱりか〜
探してみる。」

「でも混ざったらイヤっていう人もいるから
小さいボトルのお酒と一緒にもいいかな」

「それね、コーヒー牛乳は好きやけど
牛乳は嫌いとかゆーのんみたいですやん笑」

もらう立場の人々の話を聞くのは
非常に参考になるな。


というわけで、
昨年も好評だったチョコレートと
小瓶の日本酒を小脇に抱えて明日を待つ
私なのである。
この時期になると思い出すのがビートルズの

「When I'm sixty-four 」

である。
すごく可愛い曲。


僕が年をとって髪の毛も少なくなっても
君はヴァレンタインや誕生日、お祝いに
ワインをくれるかい

僕が午前3時ごろまで外をうろついていても
鍵を開けてくれるかい
(これについてはちょっと微妙だ)

君は僕を必要としてくれるかな
君は僕の飯の用意をしてくれるかな

僕が64歳になっても。


っていうような歌詞。

可愛くて涙が出る素敵な曲。
夕べ夫に歌って聞かせたら笑っていた。

実際どんなばーさんになるのだか
わかんないけど

I WILL be on your side when you are sixty-four.
って感じだろうか。

(※用法として、意味を強調したい時には
フル大文字で書きます。この場合は意思の強さ
ですね。)

結婚生活という枠の中で
愛情は普段から確かめたり疑ったりという
ことはないけれど、

与えるのは悪くないよね。
こういう日があってもいいよな。

ていうか、
片思いだったら渡せていないだろうな。
たぶん黙ってみてるだけ。

チキンな上にプライドだけは一人前なんだから。
へへへν


どなたさまも
明日がいい日となりますように。


追記を閉じる▲

[2010/02/13 17:37] | 日々雑感
トラックバック:(0) |
夕食を作っていたときに、
ちょろちょろといつものようにぽぇが
やってきた。

テーブルの上にはさっき来たぼーずくんが

「割れちゃった」

と言って持ってきたおはじき。

いいよ、
後で直してあげるから置いておきなよと
声をかけたもの。

ぽぇはそれを見てこう言った。


「おかーさん、
おはじきがわれてて
かわいそうや!!」

おはじきの痛み?をハハにうったえた
小さな息子は
黙って見ていた夫に頭をなでられていた。

「そうか、
おはじきが痛いんか」

そう笑いながら。


ぽぇ。
その痛み、忘れるんじゃないぞ。

[2010/02/07 22:20] | 育児
トラックバック:(0) |
ヤフーのトップページで例の賃貸マンション仕様の
松平健さんを見て、布団から起き出してきて
彼を見たぽぇは一言



「あっ、

レゲエのおぢさんや↑」

(○:レレレのおじさん)


…息子よ、
ぐるじいじゃないか笑。


上の息子は今になって

「ヒカルの碁」

に目覚めて

「囲碁の本、
かりてこようかなぁ〜」

などと言っている。


何か寒い中海老しゃんと行った関西棋院を
思い出した。

そうだ、
5月なら開いているかもしれない、
いっぺん調べているか。

[2010/02/04 16:24] | お笑いの日々
トラックバック:(0) |

ぃやっふぅー!
海老
ご、5月に行っちゃう系?
行っちゃう系!?(興奮)
今度は開いてるかしらどうかしら。
もう食い倒す事ばっかが頭を占めてて、関西棋院すっかりわすれてたよ!
開いてたら是非また一緒に迷子になろう!((旅先で迷子になるの好き)



雅堂
海老しゃん>ヒカルの碁見てて思ったんだけど、棋院ってどこも同じ構造だよね。
次に行くときには気候的に一番良い頃かもしれない。
そうそう、フードコート内で良かったら阪神でちょっと変わったたこ焼きのお店と
中で食えるお店を見つけたよ。もちろんポン酢も健在さっ!
行きたいところと好物を今からしっかり私に伝えておいてちょー↑
ところで、
神的に美味いココナッツカリー食べられるお店があるんだけれど、
興味ある?


コメント:を閉じる▲
20100203191204
今日は節分なんだが
子供たちが胃腸風邪にやられて私は公休で、
恵方も分からない有り様である。

だが夫は豆とお面を忘れなかった。
十分でしょう。

大豆はポークビーンズも好きだけど炒り豆も好きだ。

しかし
豆まきをやる元気が子供たちにあるかな?


先週福岡出張のお土産、明太子の時には大フィーバーだったんだけどなぁ…。

[2010/02/03 19:09] | 日々雑感
トラックバック:(0) |