ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。
20100413204013


「ほら
さくらの花拾ってきたよ。
今年はもう最後かもね。」


5年生になったぼーずくんは
今年もハハの好きな桜の花を学校の帰り手にそっと持ち帰って水をたくわえた皿に浮かべた。


私はふふふと内心思いつつ、
ぽぇのくせっ毛にからまった桜の花びらをつまみ取った。


やるじゃんおにーちゃん。
スポンサーサイト




[2010/04/13 20:38] | 育児
トラックバック:(0) |
夫と付き合いだして以来毎年春になると、
子供たちが寝静まった頃を見計らって
夜桜を見にその公園や桜並木をぐるりと歩くのが恒例となっている。
ほんの15分ほどの散歩。
他愛もない話をし、
綺麗ねぇと

今が一番いい時やろ?
と、話す。


毎年この一時のために準備をし、
変わらずに満開に咲く桜。


こんなふうに
鮮やかに生きられない人というものの
もどかしさ。


毎年ありがとねとぽっつりと言う


追記を閉じる▲

[2010/04/09 07:39] | 日々雑感
トラックバック:(0) |
人生の時間って

悩んで泣いている時も

幸せで楽しい時も
同じように流れてて
…ぷつりと消えてゆく。


神様は魂の行方もその生まれいずるありかも
何もかも全てお見通しだから、
だからこそ

人が相当早くに死んだってお悲しみにはならないのかもしれない。

人間が死んで悲しむのは人間だけかもしれない。


合掌。

[2010/04/08 10:57] | ちょっとまじめに考えてみる。
トラックバック:(0) |
うちのぼーずくん、

実は3月頭に学校でドッジボールやってて
右小指を骨折してしまっていたのだ。

それで、
毎週1回仕事が終わったら整形外科医に
連れて行っていたのだが

そこの先生がちと恐かったのだ。


まず総じて診療時間が長いため
普通に診療開始時間に行ったら

「診察時間は8時ごろになります。

なんて普通に言うので

「子供を寝かす時間なので出直します」

と返答すると、ああ待ってください
と、いうことになって
帰りはそれでも
3時間後の6時過ぎになる。

しかし
恐かったのはそこではない。
「ドッジで指はれちゃったの?
ドッジ…
ドッジねぇ。
ボク、毎週ドッジで怪我してくる子を
必ず見てるんだよ。

ドッジなんてなくしちゃえばいいのに。


すいません先生

うちの子
もっとアレな
空手もやってるんですけどν



息子の手を持ちながら
その老先生はカエルのカーミットそっくりな
そのお顔で一心不乱に

「角度…%&()'%小指の%/が/・抵抗は・・…」

たぶんそういう意味の英語でぶつぶつと
言いながらカルテを書く様が
何かが降臨しているようなんである。

わずかに

「?」


こわばる息子の顔。

今まででこんなコワい英語を聞いたことがない。
うわあなんか変な汗出てきたぞと
早く診察室から出たい気持ちで一杯なハハである。

なんか、恩人捕まえて申し訳ないけど
交霊術か悪魔祓いみたいな雰囲気で本当に

some shady guyなのだ。
(ヤバそうな人)


結局先週
全治6週間と言われていたぼーずくんの指は
5週間で全快のお墨付きをもらってお医者さん通いと
さよならした。

うあーよかった。

いろんな意味でよかった。


さっきぼーずくんの空手の師範に稽古再開の
電話を入れて

2人でいただきストリートを遊んだが

ぼーずくんはいつものようにコントローラーを
操作している。

もうお風呂もピザもへっちゃらだな笑。


追記を閉じる▲

[2010/04/03 19:13] | 育児
トラックバック:(0) |


Φ
いやはやなんと…
ぼーずくんにまで骨折が…。
大変でしたでしょうね、ぼーずくんもお母さまも。
でも子供だから治りは早いのかな?全快おめでとうございます。
自分も年末年始辺りに肋骨にヒビをやっておりまして、
それが治る前に、友人がバイクで転倒して鎖骨骨折という連携技…。
まさか飛び火させたんじゃないかと思ってしまいましたわ(~_~;)



雅堂
陸さん>いやもう大丈夫ですよ、連鎖はないでしょう笑。
っていうか、陸さん・お友達とそちらのほうが
お世話の往復もあってそっちのほうが大変でしたよねν
道場も復帰することですし
息子には重々気をつけさせますです。


コメント:を閉じる▲
たとえば


職場で人見知りが激しい自分が嫌なこと

寂しいくせに一人になりたがる自分のこと

所詮私は与えられた事しかできない傀儡(かいらい)さ、とくさること。

私いらないじゃんと思う。


じっと話に耳を傾けること

笑うこと

机に向かうこと

生き生きと、

私は生きてるんだ、生かされているんだということを

この時に知らされる。

生命は死のなかの一部として混在している。

くり返す。
廻り行く。

[2010/04/03 00:08] | 日々雑感
トラックバック:(0) |