ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。
夫が大ファンで見始めた北斗の拳なのだが

とうとう愛しのレイ様が
微笑んで部屋に閉じこもってしまった。

あまりに腹立たしかったので、
ラオウのフィギュアの両側を
手錠を構えた銭形警部のフィギュアで
はさみ打ちにしてみた。


毎晩下のぽぇが

「♪だーかーらー
きょうよりあすより
あいがほーしい〜♪」

と、歌ってくれる。

兄ちゃんは
どうやらティッシュが手放せないようだ。


家長に感化されるがままの状態だが
家族で北斗の拳でコレってどうなのかしらν
スポンサーサイト




[2010/07/30 21:48] | 日々雑感
トラックバック:(0) |
しごく丁寧かつ簡潔な頻出単語本をやっと半分。
遅いな自分。

あとどれくらいあると思ってるんだ。
初めて過去問と英単語本を買った時、
あまりの解けなさ加減に気持ちがポッキリ折れそうになった。

文の構造そのものは理解出来るくせに
単語が、語彙が全くと言ってついてってないのだ。

ことばがたりない。
なかなか覚えられもしない自分に焦る。

また開いても
どうせ何も太刀打ち出来ないんじゃないかという恐れに近い気持ちから
しばらくずっと過去問も開けなかった。

いや。

解らなかったら
そこから学べばいいじゃないか。


どれだけ
そこに至るまでに時間が掛かったか。


今は下を向く。

初めて英語を学ぶ人間のように
何も知らない、
イチから学ぶかのように下を向く。

テキストに向かって。

それでも言語の世界が果てしなく感じて怖くなった時は

同じく私よりも
より英語の深淵をじっと見つめて
下を向いて
歯を食いしばって
分厚い本を書いている私の師匠の事を思い出す。


私よりはるか遠くの立ち位置にいる先生を糧にして。


いつになれば、
いくつ覚えたら、

私の英語の世界観は見えてくるんだろう。

話せる環境が欲しい。


追記を閉じる▲

[2010/07/02 13:58] | ちょっとまじめに考えてみる。
トラックバック:(0) |