ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

久しぶりに会社以外のパソコンを触ったなぁ。

まぁ単にブログに残したい事が頭でちゃんとまとまらなかったり
毎日雪で部屋が寒いからという理由もあったからなんですがν

年明けの仕事の忙しさと複雑さであっぷあっぷだったので
パソコンやら携帯やらがさわるのもしんどかったのだ。

普段から帰宅したらCM見るのもイヤやもんな笑。


だけどなんとか毎年しんどい1月を乗り越えられたのは
家族の支えや和ませてくれる楽しい様々なご縁が
あったからだと思う。


人生どんだけしんどい時のなかでも
安らげる抜け道のようなものは用意されてる。
そう思い続けてきた1ヶ月だった。
そういうのがあるのとないのとでは大きな差ですやん?

人から見たら些細なものであっても
自分のなかにひっそりと咲いてゆくものが
あるかぎりもう少し、もう少し、と前を見る。
それの繰り返し。





さて正月明けにでっかいダンボールが届いて
夫の実務研修が本格的に始まりだした。

「なあ。これ見てみ」

「ナニそれでかっ!
広辞苑2冊分は軽くあるやん!!毎年内容改定されんのに
それ読むのん?」

「いや、それが大概使わんらしいわ笑
今時はネットで調べた方が早いから。」

「・・・じゃあそれはもはやインテリアとかステータスシンボルみたいな
ものなんやな?
いわゆるセンセイのたしなみなんやな?」

「そういうもんかもな笑。
紙媒体よりもネットの時代やね。」

「紙媒体はパソコンより好きやけど
私も法学の授業でも、
社会人になってレセプト用紙書くときでも
六法や点数表あんまり見いひんかったもんね・・・ν」


又もや書斎で勉強に篭もる
試験とレポートに明け暮れる日々である。
ああいう書式は慣れるしかないから仕方が無いわね。


さて。
過去の記事で、
高熱出して本屋に寄った時に
膨大な知識の中、自分はいかに何も知らないのかと
実感したという記事をちょっと前だったかに書いたのだが

やっぱりそのまま呆然としたままではいけないので
私も何か新たに2つ、勉強することにした。
うまく理解できて取得できたら夫の助けにもなるかも
しれない。
私自身自分が先頭に立って何かをやるよりは補佐や
助手的なもののポジションに回った方が自分には
向いていると思っている。

今までの職歴から見てもそんな感じだしね。


私にも理解できるかなーと、のんびり夫に訊いてみたら
はいこれ、とぽんと3冊マイ書籍から参考書を
手渡された。

読めば読むほど国の制度の変遷に日和見主義を感じて
ムカつくことうけあいな内容で複雑なくせに自然と読み進むから
ある意味良書である。

春の試験に間に合うかなぁν

夫は今回の件に関して早くも喜んだらしく
同業の方にも言ったらしい。
まだ受かってもないやんかν

箸にも棒にも掛からなかったらどうするつもり
なのか、全く考えてないでしょ。

フライングは恥ずかしいから
内緒にしときなさい。

お楽しみは
こ っ そ り と や 。





追記を閉じる▲
スポンサーサイト




[2012/01/31 23:09] | ちょっとまじめに考えてみる。
|