ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

修理・アフターサービスの中の人最終出勤日。
後の契約期間満了までは有給消化に入る。


普通の生活圏にいた私なら話す機会などなかったであろう沢山のお客様

ゆっくりと、
視線を下げて忍耐強く色々なお話をご教示して下さったクライアント様達との幸せな時間は人生の宝物です。

今日もいつも通りではあるけど
お客様とひとりひとりしっかり会話をして終わりたいと思います。


スポンサーサイト




[2013/04/30 07:41] | 日々雑感
|



今のところ大阪のお客様が2体同時購入以外は他の都道府県に旅立っております。

都道府県制覇出来るだろうか?

ツーテールの女の子は好きなのでまた作成すると思う。



[2013/04/24 19:53] | ドール
|

そういえば

Star light とかMoon lightという言葉はあるけれど

「星影の小道」とか月影先生といった風に
星や月の影まで認知して尚且つ情緒的な歌に使うのは
日本人だけじゃないだろうか。


朝起きて重たい体をだらんと伸ばし
そんなことを静かな音のない部屋でぼんやりと
考えていた。

光になれなかった私は影もなかった。


人前では快活に振る舞うよう
いつの間にか反射的に笑顔でいたせいか
1人の時の今の私は何処の顔の筋肉も
表情のために動かない。

まだ日記に書けるだけマシなんだろうが、
静かに詰め込んでいた何かがゆっくりと
固まっていく。

1人でいいよね。
もう動かなくてもいいよねと囁く。

ゆっくりと気が付かない間に
溜めこんできたしんどさみたいなものが
今一気にまた静かにどろどろと流れ出てきていて
私の夢を悪夢で埋め尽くす。

どうしたものなのかなぁ
ほっとくしか方法が思いつかない。


「笑顔で退社決めてきたんだろう?
なぜつらい?」

元来理屈っぽくて今テンション上げ気味にやっている
自己啓発にはまってるあたまでっかちな君には
理解したくない感情だろうな。


そういうの説明するのも面倒だから、1人になりたいんだよ。
人一人の感情の大きさなんて、誰であろうと
決してすべては分かち合えないほど複雑で
計り知れない。

「人生は一瞬で変えられる」とか、
仮にできたとしても
そんなインスタントな話に私は今興味ないんだ。


今はもう誰とも話したくなくて
傍らにいる猫様にぬくさを分けてもらう
だけで十分。

今は何にも責められない空間に
1人でいたい。







[2013/04/24 13:31] | 日々雑感
|
昨日仕事帰りに退職の意志を伝えた。


家に帰ってから長い時間をかけて
夫ともあらためて話し合ったんだけど、
やっと言えて良かったねと言ってもらえた。

本当にしたいことだけで収入を得るのは
難しいことだけど、
ドールを作っている時は本当に楽しそうだから
今はとりあえずゆっくりしたらどうかな。

「うん。」

自分でもやっと呑み込めた。

コールセンターは収入の手段であって
自分が本当にやりたいことじゃないんだし、
もう仕事に対する情熱が冷めてるんなら
休んでからまた考えたらいいよ。

「うん。
ありがとう。」

ほぼ同業で上司と部下の関係だった夫のとの
時間があったからこそ支えられていたところもあったと
思う。

外は春の盛りだというのに
自分はまるで冬籠りの支度前のようだ。

上司と今日別室を設けていただいて
面談した時に

体力的精神的に限界であることと
多分余裕が無い故の事だったんだろうと
ある程度斟酌はするが、
いくつかの理不尽な仕事を背負わされたり
パワーハラスメントを受けたことが度々あって、
彼等に対して遺恨があること
そして十分に力になれず申し訳なかったことを伝えた上で
改めて辞意を口にした。

「なんとなく、
もしかしたらと思うことは
実は働いていらっしゃる姿を見ていてありました。

…すみません、
こんな小さな稚拙なコミュニティのせいで
多大にストレスを溜めさせたままでここまでの
ご決断に至らせてしまって。
最近主婦の方やベテランの方がお辞めになるのは
私は本当に残念です。

私は今までずっと頑張っていただいたと、
実際のご本人以上に見てきたと思っています。」


…たとえウソであっても
そう涙ぐんでくださるのは
嬉しいですよ、王子。

私は人として信頼されて、十分業務をこなすことで
それ相応の敬意を得られたのだと知って
心底安心しました。

ただ残念なのは
私は恐らく疲れすぎていて涙も出ない。


その後仕事の話、クライアント様の話、
自由に色んなことを話した。

同じ時期に入社した同期でもあったから。

何が問題って、まずブースの人間が若いゆえに
小さな小さな集まりを作って人間関係を
せまくしてしまうことと
人としての豊かさが無いこと。
だから今人が外へ流出しているのは
どんどん間口の小ささを加速させてしまい
つまらないんだということ。

王子がずっと見ているものと
本当に目指したいところのもの。


商品である人を大切に扱うことが出来なくて
何が派遣会社ぞ、と。

それでも
あの雇い主様の企業の下で仕事に関われたのは
何よりも代えがたい財産になったと思うこと。

「これから先もこちらでお仕事なさるんですか?」

「先の事はわかりません。
何処へ行くのかも。
分かってるのは、
ただ生きて、死んでいくということだけです。」

「そうですね。」

もしももっと早く私がこういうことを
ガンガン言える性質だったらと考えたことも
あったけど

「この際その考え方は無しで話をして来い」

と夫から言われていたので
王子の赤い目の笑い顔を記念に有難く
取っておこうと思う。

要らなくなった書類をシュレッダーにかける。

大事にまとめたスペック比較表や仕様の概要
どこに何の資料があるのかの対応チャートを
長い付き合いの友達に譲った。

「ウソ、やだええのん?
そんなんしてもろたら泣けてくるやん。」

「いいのいいの。
ちょっとでも役に立てたら嬉しいからさ。」



冬籠りまであともう少し…





追記を閉じる▲

[2013/04/23 07:54] | 日々雑感
|

上のぼーずが進級早々に志望校を決めたので
紀伊国屋へ行って小さなドリルと教科書準拠の参考書を
購入後、
久しぶりに楽譜のコーナーへ足を向けた。
おお、こーふんする。

お目当てはFAINAL FANTASYの楽譜集。

「MELODIES OF LIFE」や

「ザナルカンドにて」を

初級バイエル程度の指を
とんとんしながら頭の中でユニゾンする。

最近は調弦もばっちりいかなくなった古いギターも
御無沙汰で、左指のギターダコもきれいにとれてしまっている。

そんなわけで楽譜を見ながら家にある楽器でスコアを考える。
(買えよν)

ソプラノリコーダーかギターを私がやって
アルトリコーダーをぼーず
んで曲チェンジの時にぽぇにリズム部分を
ピアニカで…おお、それならメドレーが出来る!

実際、FF9「いつかかえるところ」を
即興で音階を教えて
2種のリコーダーだけで2人で合わせてみたら
すんごくええ感じに演奏できた。
リコーダーもすてたもんじゃない。

もう一歩で買う所だったなぁ。
ピアノ、ちゃんと勉強したいなぁ。


…おっと、家に帰って刺繍のデザイン取りと
サンプルを作る予定だった。
いそいそ楽譜と脳内音符をしまって帰宅する。

そんな私が面白がってやってる
家庭内小楽団やゲームやドールカスタム業を
夫は「ニッチ」と呼ぶ。



少しムッとして言い返す。

「ちょっと意味わかって言ってんの?
ニッチって、英語で『隙間』とか『くぼみ』っていう意味よ?
そんなに隙間産業でもないよドールは。
いい使い方とは思わないね。」

「いや、カスタム職人は少ないやん。
だから小さな輪の中の商売を隙間産業と言ってる。」

あのなぁ、
思ってるほどブルーオーシャン(ほぼ無競争の独占商売)
とかじゃないと思ってるし、
第一そんなこと考えてやってないよ。
あんたはすぐにうちの女の子を値踏みして、
まったく夢がないわねぇと、ぼやくんだが

夫婦のバランス的にはまぁ、
こんなもんなのかもしれない。


どちらかというと家が好きで
家で遊ぶゲーム(ゲーム機も含む)やドール作りが好きで
今の仕事だってどっぷり娯楽に漬かっているヨメと

キャリア志向バリバリで
万年ガンガンいこうぜモードで責める
月給戦士サラリーマンな夫
(でも隠れゲームおたく)。

たぶん子供は2人のおいしいところを取って
面白がって成長している。


元祖隙間好きの猫様(10キロ)を抱っこしながら

いいよねー?
生活に絶対必要じゃないものばっかり
やってるかもしれないけど、
カレーライスのらっきょ程度ならあってもさ。

なんて言ってみる。


え…隙間じゃなくて
「らっきょな女」?

それは丁重にお断りします笑。




追記を閉じる▲

[2013/04/18 17:03] | 日々雑感
|