ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。
グルーヴ様より
ブログがある方は告知してねと
お知らせが来たので一応。

こないだ記事では紹介したのですが
プーリップドールカーニバルと
東京ドールショウ、ドールショウの
詳細が新たに発表されたので
ご紹介します。

詳細は下記ブログのURLをご確認ください。
グルーヴ公式ブログ2


前にも書きましたが
お客様あってのカーニバルです。
私も多くのお客様に見てもらうことを
意識に常に置きながら、拙いながらも
恐縮しつつ参加しております。

入場は無料ですので
是非阪急梅田本店9階催事売り場に
お立ち寄りください。

私も出来るならば
カスタムドールの世界に連れてきてくれた
うちのアリスをドール撮影コーナー用に
連れて行きたいと思っています。

アリス 白ドレス

どんな風に飾っていただいているのかも
気になるしね。


プーリップ販売元、カスタマー、
ディーラー一同心よりお待ちしております。

Alice's mate
worker:miyabi
スポンサーサイト

[2013/11/29 13:38] | ドール
|

ここんところ座り仕事でずっと最後の仕上げをしていたのと
重い買い物袋を持って歩き回ったせいで、
腰痛再発。
右の股関節痛が夜に来るのでえげつないν
痛みで眠れないから、
仕方ないので奥の手の鎮痛剤を使った。

腰痛の際は身体を胎児のように丸める姿勢が一番楽で腰の負担も軽減されて比較的楽だそうな。

「今日はミシン仕事禁止だからね」

「いや、ドロワーズ位なら手縫いでやるから」

「今日はコントの劇場もいい加減にしてみました3も届くんやから、とにかく大人しくしとかないとね」

などと、ぼーずにダメ出しを食らう。

そうだな
今日は三宅さんと伊東さんと沢口靖子さんに腹筋を鍛えてもらおう。



[2013/11/29 07:43] | 日々雑感
|

帰宅がすっかり遅くなってしまったわけ。

こないだ病院に行ったら駅ビルに新しい呉服屋が
オープンしていて、お目当てのお店が無くなっていたのに
気付く。

で、いつものように表に立っていた店員さんに
どうぞどうぞと捕まる笑。
もうこれはしゃーないわ。

「見せてもらうだけで結構。」

と、言ったはずなのに
いつのまにか近年の着物の小物つかいの
発達具合に驚くばかり。

「まー、お人形さんに?
じゃあ華やかなものやから大変でしょう。」

幼少の頃両親が着物道楽で呉服商が
出入りしていて、慣れない着物を
よく着せられていたことを話すと、
(現在は浴衣位なら必ず毎年着ている)
呉服屋さんがその時閑散としていて
お客さんの入りもなかったこともあって
とにかく小紋中心に帯紐の結び目の遊び方や
結びの華やかな見せ方から、帯の結い方の違い
おしゃれな着物の着方などなどを
とても楽しそうに見せながら教えてくれた。

店員さんのお話はめちゃくちゃ面白いし、
とても仕立てるうえで勉強になった。
本格的に着付けを教わってもいいかも。
私は着物の事をなんにも知らなかったんだなぁと
改めて思う。
思わず帰りの電車でウィキペディアを読む。


そしてドール用の小物を買いに
地元の緑化センターへ向かう。

んもう、ここへきたら長居決定。
手作りの染色、陶芸品に
季節の催事、アロマオイルのお店
やっすいけど可愛い小物やインド綿を
仕入れているおしゃれなお店。
手作りアクセサリーと材料の店。
何よりも安いのが、アートフラワーと
アンティーク小物のお店。

「こないだも船場へ行ってきたんですけどね、
造花は段々とすくななってきてますわ。
売る店が減ってるぶん、値段も、ね。
でもうちのはどこよりも安いと思います。」

ブライダルブーケに使うような材料を
惜しげもなく破格の値段で分けてくれる
ありがたいお店の店主に感謝。
来月の催事用ドールで小物に使用するのに買ったんだけど
ここの花は毎回本当にスペシャルサンクスである。
花を愛するこの土地柄に感謝。


そして毎回裏技的な強力なサプリメントや
漢方薬を教えてくれる薬局の店主と
同級生トーク兼酒トークをしてやっと帰宅。


色んな知識や経験則を分けてもらえた
おかげで私の目はぴかぴかになったと、思う。

期末試験で早くに帰ってきていたぼーずに

「遅く帰ってきた割には元気そう。」

「まあね、
色んな人の知ってることを教えてもらって
きたから。
あれはほんと楽しい。」


熱い競技かるた漫画「ちはやふる」
のキャラクター、かなちゃんの受け売りなんだけど、
「積む」という言葉や考え方は私も好きだ。

功徳を積む、経験を積む。
新しい発見と知識を得た喜びを積む。
そして年を積む。
積み重ねた年月が人を最大限に活かしてくれる。

こつこつと何かを積み上げていくことは
いくつになっても続いていくし、
色んな変化を楽しむことが出来る。

だから試験ごとに毎日勉強する癖と
そこから閃いて自分で吸収しようとする意欲を
子供に身体で覚えてほしいと思うので、
勉強を観て、一緒に考える。

私が教えて、
納得し理解した時の子供の明るい顔。

そう、
その感触を大人になったら
自分で積み重ねていくんだよ。


次着物を作るときは、どれを試そうかなと
今からわくわくしている。




追記を閉じる▲

[2013/11/28 14:40] | 日々雑感
|

うちの下の子と夫は特撮ものが大好きで
土日の朝などは欠かさず見ている。

ぼーずはイマイチなので見ていない。
幼少の頃病院で初めて見た特撮番組の怪人が
いきなり登場したのが怖かったらしく、
軽くトラウマになっているようだ。

ぽぇは中でも
仮面ライダーシリーズがお気に入りで
土曜の夜になると必ずぽぇが

「おとーさん、
あしたはガイム一緒に見ようね」


念を押して床に就く。

…外務?

「新しいライダーのシリーズや。
そいつらフルーツで変身するねん笑。」

「えっ。
ライダーゆうたらキックとパンチちゃうの?」

最近のは太鼓のバチやらプリキュアみたいな
ステッキやらで倒してたらしい。
(ちなみに役者は演技が下手だし滑舌も悪い)

で、今度はフルーツで戦うと。

仮面ライダーもうダメだ…

と、言うわけでこの動画をご覧ください。
仮面ライダー鎧武 変身シーン集
もはや私の知っているライダーではない
進化を遂げている。
石森章太郎はどう思うんだろう。

ていうか、そこはかとなく
ロボが混ざっていませんか?
と、個人的に思う。

息子いわく先週はドリアンとどんぐりが
登場したようである。

「ちょっと待て。
ドリアンって、においで攻撃か?
で、
どんぐりはいつからフルーツの仲間入り
したのかな?」

「さあ。
でも、まつぼっくりも出たから。」

まつぼっくり!?

夫の説明によると、
フルーツになるまで改造できなかった
ライダーがそれなんだとのこと。
新春東映映画祭りじゃあるまいし
キャラ多過ぎやしませんかν

お友達のお子さんはすでにいくつかの
フルーツライダーの変身グッズを持っている
らしい。

ぽぇちゃんも欲しい?と、
一応訊いてみると即答で

「ううん。
だってへんしんできひんもん。

ぼくはプラチナキングのメタリックがほしいな。
あと、かるた。」

(彼は動画で競技かるたのA級試合を見て以来
すっかりはまって一生懸命百人一首を
覚えている最中だ)


今のお子さん(おっさん含む)がいいのなら
いいか…と、ネタにするハハであった。




追記を閉じる▲

[2013/11/21 14:38] | お笑いの日々
|


ついに発売のアナウンスが正式にありましたプーリップカスタム用キット。
希望小売価格はどの素体でも3990円。

グルーヴ社が近年
ドール出すときのアウトフィットやコラボレートのライセンス料でかさが増した子を販売しているのかが伺い知れる。
最近の子は綺麗だけど、たっかいんだもの。

元のメイクが綺麗で尚且つ状態の良い子はカスタムする際のメイク落としがもったいなく感じて後回しにする子もいるし。カスタム目当てに買ったのにあまりにも本体が愛らしくてウッカリうちの子になっちゃったネルラとか。


まあ、そんな心配もなく存分に色々あなた色に染めて下さいなというこの商品は、
そういう私の
「メイク落としちゃうけどごめんね」感が無くすぐにメイク工程に進められるので、いいかなと思う。

人によってドールアイの扱いは本当に様々な方法論に分かれるんだけど、付属のクリアタイプのベアカットアイは
カラコン感覚で目の色替えて遊びたいわ~と、いう人にはとてもいいかも。
私は一度アイを装着したらそれで完成と考える方なので、まず変更しないけど。
ちなみに今回出品する子は初めて自作したスワロフスキーグラスカットアイを採用。
ここに辿り着くまで長かった…ν

でもなぁ。
付属のつけまつげ、相変わらずヘロヘロで使えないよ…ν
人用のが断然いい。

今の4thボディのパーツも同時に対応出来たらもっといいのにな。
華奢で手足が壊れやすいから。

本当にツルツルお肌なので、他の使用した方がブログに書いていらっしゃったんだけど、少し小さめのウイッグを着けようとするとすぐに脱げてしまうので
「ハゲの呪いがかかっている」
という言葉は確かにそうだなと、思わず同感笑。滑り止めキャップや両面テープを用意する必要あり。

私はたまたま出品作家ということで一足先に送って頂いたキットで今回作成したけど
来月のドールカーニバルではその、色んな作家様の色に染められたカスタムドールが並ぶんだろうなぁ。

こんなに作る人によって変わるんだよっていうのも楽しみの一つにして貰えたら良いなぁと思う。
来月が楽しみですね。
胃がギリギリ痛いけど。

[2013/11/16 23:03] | ドール
|