ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

最近というか、
去年の暮れごろから無性に気になっていたんですよ。
プーリップと同じグルーヴ社製のJ-DOLL。
とてもおしゃれで可愛いのです↑
検索すると、
とても美しくカスタムして愛でていらっしゃる
愛好家の方の画像が沢山楽しめます。
J-DOLL

入れ目の魅力というと同じようにオビツ社からも
カスタム素材としてヘッドが売っているので、
一度お迎えしてカスタムしてみようかなぁと。
まつげとかまつげとかまつげとか(しつこいν)
個人的に好きなので羽生結弦君人形とか
エルサをオリジナルでちょっと作ってみたいなぁ。
版権絡むから売れないけどね笑。
あくまで私が家でうっとりしたいという。

27㎝ドールならお洋服もプーリップの型紙で
ほぼ補完できますしね。

来週1体、我が家にやって来てくれるので、
ちょっと考えるだけでウキウキしてきます。
速攻で青い目に替える気満々です笑。
洋服も今ミシンが絶好調なので妄想が
絶えないです。

プーリップ本体がちょっとコラボに傾倒していて
他社のブライスカスタムドール隆盛期の現在
自分の販売や製作の方向性を時に
考えたりもするわけなんですが、

基本的に好きなタイプの人形というのは
誰にでもあるのであって
私も楽しんでいたいと思うと
巨頭の子ももちろんだけど
ちょっと小顔の子も楽しみたくなったのです。

小顔と言えば、
うちの小顔ナンバーワン
MSD(ミニスーパードルフィー。40㎝ドールです。)の美加さんが
まだ箱入り娘状態なので
なるべく早く箱出しして、リメイクしてあげなければ


楽しむ一方で
某造型村のバイトとか
色々考えたんだけど、
もっぺんもしかしたら前とは別の形で
お客様とお話させていただく
事務の仕事にうつるかもしれません。

結局でも、
こまごまとした短期のバイトは別にして
今までの少ない職歴を職務経歴書に
していると
ほぼ自分の好きな職場を選べているところあたりは
有難いなぁと感謝しています。

そうやってエンゲル係数がまだまだ高い
食べ盛りの息子達を抱えながらも
負担をかけないように
ドールの販売や受注の仕事をしながら
競技かるたも頑張ってと、
まだ少し欲張ったことが出来る年齢のうちに
頑張りたいと思います。

人生は短いからね。


スポンサーサイト




[2015/02/28 21:37] | ドール
トラックバック:(0) |

我が家のミシ子さんが現役復帰してくれたおかげで
ドール服も2日で完成しましたよ。
袖などの細かい場所は手縫いが入ってるけど
毎回レース付けはとっても楽しい。
フードマントもうまい具合に作成できました。
何回も針を止めては布をちょっとづつ回して
曲線部分を縫うのには大変だったけど。

sizuku 1


メイクも出来て、
さあウイッグは何を着せてあげようかという
所になったときが一番迷う。
自分の中である程度決まっていても。
そんなわけで、

「この子はこれでいこう」

と、ちゃんと納得して決まるのは
撮影してみた時の印象で決める。

私が撮る写真はあんまりというか、
本当にセンスが無いので
毎回申し訳ないんだけれど…

雫2 全身

全身像。
プーリップのニーハイっていいなぁ。
数年前にアリスの生みの親の友人に
色々デザインを練ってもらったイラストが
原点になりました。
活発っぽいゴシックロリータ服。

彼の彼女さんがゴスロリ服好きでとても
参考になったんだけど、やっとこういう物を
自分でも一応の形に出来るようになったんだなぁ。

作ってて一番楽しかったのは
非対称のレーススカート付きコルセットの製作
だったりする。
全部手縫いだからかな?
あーでもないこーでもないと、お届けする直前まで
考えているのでお届け時には写真とちょっと違う
物を足している時もある。
たぶん今回は結構やりたい放題
やらせてもらったのでこれで決定だと思う。


ボックスプリーツのスカート部分にタックを
付ける時に
久々に固定スプレーを使おうとしたら、
固まっていてしゅっと出来ないν
なので、ガンガン拳で何回かどついていたら
顔面に
「ぷしゅっ。」

「う…。」

裁縫便利グッズにカウンター発動されましたが
懲りずに頑張ります。

良い親元様とのご縁がありますように。


[2015/02/15 16:19] | ドール
トラックバック:(0) |

先月の終わり
やっとぼーずが新しい家に帰ってこれた。

高校受験もなんとかなりそうだ。
授業が受けられなかったぼーずは
少し曲がったままの細長い指で
教科書を丸写しで知識を補完したという。

色んな本を読んだこと
色んなことを思ったこと

親のこと 置いてきた猫様のこと
学校のこと
色々一杯話した。

「今日眠って、
次の朝当たり前に目覚められる幸せを
ものすごく実感したよ。」

今は嬉しそうに語る
将来のことを一緒に笑いながら
話せるこの日がとても嬉しい。

いつまでも降っている雨などないと、
この時間を大切にしたい。




[2015/02/01 21:05] | 育児
トラックバック:(0) |


阿修羅王
う、涙が出そうなくらいに嬉しいです。
本当に心の底から嬉しいです。
泣いてもいいですか(T_T)

って、もう泣いちゃいました(笑)


管理人
この一年
長い間お心遣い戴いて本当に感謝しております。 阿修羅王さんや周りの方々の支えがあって、
何とかここまで息子も私達も頑張ってこられました。
後は無事志望校に進学できることを祈るばかりです。
重ねてありがとうございます。

コメント:を閉じる▲