ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

今日は大阪の高校受験の日なので
どーしても落ち着かないんですよ。
かなり頑張っていたので何とかなるんじゃないかと
思っていても。
笑顔で帰ってきてくれ。


先週アカデミー賞を取り逃した
「かぐや姫の物語」を子供達のリクエストで見た。


美しくもしなやかで強い。
自己の意思を貫こうとする。
女性がジブリのテイストだなぁ。
嫌いじゃないけどなかなか体現するのは
難しいヒロイン像ではある。
特に身体能力の高さなんかは。

かぐや姫がハイジと被った。

ちゅうか作中の男君は情けない位
外見の美しさに弱いね。
「源氏物語」の
末摘花のような話は実際にあったんだろうなあ。
帝が猪木に見えたのは私だけかしら。

あの作品はアートとして出品するべきで
一般公開用向きではないと海外の
アニメーターが仰ったようだけど、
そこは文化と積み重ねた伝統の違いかな。

あの作品のラストをみて

「え~!それはないよ」


感じた人は大林宣彦監督曰く
正解なんだそうです。

生と動。

自分らしく生きるために必要なこととは
何か。
周りに翻弄されながらも
限られた短い人の人生の
その一瞬を懸命に生きようとすることの
尊さと儚さ。

人生は多くの事を成し遂げようと
するにはあまりにも短い。
そして自由に動ける時も断然短い。
年を取った時間の方が圧倒的に長い
生き物だから、
今必死にもがく。


もっと自由に選択肢があったなら

もっと周りに翻弄されたり煩うことなく
生きることが出来るのなら。

誤解が解けたら。
再び楽しみを分かち合うことが出来るのなら。

色々と思うことはあるけれど
自分では本当にどうしようもないという
ところまで
自分の身体が一応自分の言うことを
聞いてくれる時までなんとか踏ん張ってみないとと、
思わされるような後でじわじわくるラストでした。

ただ
原作のラストとは全く違う所で話が
終わっているので
国文学的な解釈という部分では
賛否両論がありそうな気がする。

帝の描かれようがちょっとアレだったので
仕方ないのかな。

ビジュアル的には海外から見たら
また中国とかとごっちゃにされるんだろうなと
嫌な予感はするものの、
国風の色合いや墨絵のような
描線がマッチしてて本当に美しかった。

てな事を書いてたら
ぼーずが帰ってきた。

来週の結果まで胃が痛い…






追記を閉じる▲
スポンサーサイト

[2015/03/16 16:17] | レビュー
トラックバック:(0) |

いやぁ先ほどまでイモトアヤコさん主演の
ドラマを息子らと観てたんですが
佐々木希はもうちょっと見倣った方がいいよと
思ったくらいにイモト大熱演で
息子らもボロボロ泣いてましたわ。

彼女が英検サイトで

「ちょっと自分は難しいなと思った仕事が
来た時には最初1回はやってみることにしている。
やってみないと『私はこれは無理です』って、
言えないから」


インタビューに答えているのを読んだ時から
彼女の事は仕事をする人として
とても好きです。
個人的にはあんまり彼女に
無茶させ過ぎないでほしいけど。


閑話休題。

私が故郷大阪に戻って来てもうすぐ8か月が
過ぎようとしている。


なんかじっとしていられないのは
貧乏性な性格のせいなのかな。

よくわからないんだけど
前会社を退職できるまでの1年間は
中毒のようにプリンを毎朝摂らないと
ブースに入れない位
大量の電話に対応しきれない少人数のなか
結構自分なりに苦しんで持病の不整脈も
頻発したから

もう2度と外には出ない、
ドールに専念すると思っていたのに
現在おかげさまで
それなりにドールのお客様もリピーターが
増えて楽しんでいるのに

この間
ふとここのブログの画面を開いたら
ぽっ、と管理画面の広告で表示されていた
仕事を見てなんとなく

「…ぼーずも高校と塾行くし、
ぽぇもくもんで勉強したいって言ってたよなぁ。
…ぼーずも競技かるたやりたいって言うからには
やらせてあげたいよなぁ。
どうせ私の年じゃもうとっては
頂けないだろうけど、
もし行けたらドールの収入だけよりは
断然安定するよね。

…もっぺん、
お客様と電話でお話する仕事が
出来るかな…?」


それでロクに夫にも相談もなしにダメ元で
電話して面接受けたら通っちゃったんだな
これが。
私みたいな古兵に
仕事をありがとうFC2ブログ(?)。


大阪に帰ってきたら
通勤時間が前の半分になった。

駅チカの駐輪場のおっちゃん達が

「おはよーさん。
ハイおつり50まんえん。
今日も頑張ってや~」

と、ネタを交えて気安く声を掛けてくれる。

駅に限らずどこでもなんだか
いつとなく、
人と他愛なく談笑する機会が増えて
山地にいた時よりもずっとおしゃべりになった。

今度の会社は基本みなさん地元民なので
普通にノリを求められるというよりは、
進んでボケる。

「おっ、ノリええな~!」

まだ研修受けてる身やから
ホメどころが今の所これしかないというのも
大いにあるとは思うけど。

大阪が府でも都でも
私は生まれ育ったここがやっぱり好きだ。

でも個人的には伊丹尼崎西宮宝塚も
併合したいとかをまだ言っているのなら
『都』構想はわざわざ要らないよなぁ…。







追記を閉じる▲

[2015/03/07 00:31] | 日々雑感
トラックバック:(0) |

ひょひょひょ。
なんとか仕事にありつけましたよ↑
今週末から某学芸系の中の人です。
ありがたや。

「ぼーず喜べ。
母ちゃん仕事決まったぞ。」

「おお、やったね。」

「これで公立落ちて
『ろうにんせい』になっても
予備校のお金が…」

「ぎゃーっ
不吉な事言うのやめてーー!!
それに僕すべり止めは合格してるし!」

「うんうん、
頑張って貯金するからね
…はっ。
貯金したらいずれはご褒美にDD初音ミク
わが手に…」

「自分で稼いだんだから、
いいんじゃない?」

「よーし、
頑張るぞーミクのために!!」

ぽぇ話途中で帰宅。

「ええーー!?
ぼくのためじゃないの?」

ハハが稼ぐのは
誰のため…?

まあ暫くは子供と猫の下僕なのさ。

「ママさん、
ぱっ、パラサイト‣シングルって
アリですかっ?」

勘弁してくれ笑。






[2015/03/03 19:16] | 日々雑感
トラックバック:(0) |


musicassky
お仕事が決まったとのこと、まずは寿ぎ申し上げます。m(_ _)m

これからお忙しくなりますね~。
どうぞお疲れの出ませんように!




雅@管理人
〉りぶろさん

あはは、仕事増やしちゃいましたよ(^^;)
自分は何歳まで外の社会で働いていられるんだろうっていうことは、家でドール作業やっててもどこか頭の中にあったんです。

記事を拝見しましたが、
なんか話の展開がえらいことになってきましたね。
一方で
私は机君の漢っぷりにいつも感動しておりますが…。
出来るはずなのに努力しない子に限って田丸妹タイプって多いよな~と、
個人的には思ってるので、彼女の事は少しお手柔らかに見てあげてください笑。



コメント:を閉じる▲