ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

「オレ、
今回でオーケストラデビューやわ。」
「私はもともと音楽やってたから…」
「僕は学校から大フィルの鑑賞会行った。」
「僕はおにーちゃんの学校のコンサート!
だから、ちゃんとおとなしくできる。」

と、いうわけで
夏ごろにスクエニストアのメールで
ロンドン交響楽団がFFの楽曲を演奏する公演チケットの
先行予約抽選受付のメールが届いたので、
私、くじ運はさっぱりなんだよなぁと思いながら
ためしに応募してみたら予約できたので、
行ってきましたよ。

ロンドンフィルっつったら
ゲストの植松伸夫さんも仰ってた通り
「なんとかウォーズとかハリーなんとか」
の多くのハリウッド映画音楽や
ゼノサーガシリーズの壮大な音楽も手掛けていて、
音が多彩で洗練された、カッコイイ楽団という印象を
持っていて
それがFF13、9、8、5を演奏するために
来日するって聞いたら
んもうファンにしたらたまらんわけです。

植松さんのファンにもたまらない企画だと思うし。
(私も大好きですが。)
動画は5のグランディオーソですね。
この指揮者さん跳んだり跳ねたりなのに、
めっちゃわかりやすい指揮なのです。



横浜公演がまだ残ってるので
あんまり内容はあれなんだけれども、
もう、
こんなに恐ろしく難しい編曲を
あんなに素敵に演奏しちゃうんだと
感動の嵐が吹き荒れます。
音の躍動感がえげつないというか。
画像は鮮明にできてもテレビでは表現できないです。

特に8の編曲は素晴らしく、
帰ったらもっぺんプレイしようかなと思ってしまった。
9はキラキラした音のピアニストさんが弾く
ピアノ協奏曲でゲームの世界が広がる素敵。
5はとにかくカッコイイのと編曲の巧みさをたくさん見せてもらった。

「ここでそう来るかっ↑」

の連発です。
どの組曲も聴きどころが沢山ありすぎて困る笑。
オープニングからアンコールまで
「究極の幻想」に酔いしれました。

あのコンマスのヴァイオリン、
女性のように繊細で美しい音色が
とっても気持ちよかったなぁ…。
弦パートがすんごく頑張ってますが、
管の見どころも満載です。

うちに帰ってから
人間ってすごいね。
あんなに複雑なものを
大人数で1つの芸術品にしてしまえるんだからと
思わずパンフレットを見返しながら呟きましたね。

神様は何を思って命短くもこんなに色んな事を
生み出せちゃう人間を作ったんだろうな。

また日本に来ないかなぁ。
最高の午後でした。









スポンサーサイト




[2015/09/28 16:32] | レビュー
トラックバック:(0) |
ミクさんが地上波で初めて出るというので
後半8時くらいからン十年ぶりにMステを見てたんだが

…はい、ミクさん出た後だったので
あとでゆーちゅぶで見ました。
タモさんとお話してるミクさん、かわいー。
壱の桜の衣装じゃなかったのね。


それよりもぼーずが

「あっ、文化祭の時昭和歌謡に詳しい
友達がこの歌教室でうたってた。」

「…聞き捨てならんな、ぼーず…

『硝子の少年』はミッド平成じゃあああ!
昭和言うんやったらジュリーやろー!(沢田研二。
私も実はこの年頃になって樹木希林が当時のジュリーの
ポスターを見てもだえる気持ちがやっと少しわかり始めた。)


実は現在、ドール服作ってる時なんかに
動画を流しながら作業してることがたま~にあります。

歌詞にね、
もどかしい愛情が滲んでいるのがいいのですよ。





そんな息子は
私が見てる三宅裕司さんや伊東四朗さんの
コントの影響なのか

「昭和ならイケメン」 と言われているらしい。
…なんで…?


それよりも、同じ時にステージに出ていた
「農業からバンド活動まで幅広くこなす」
と 紹介された
TOKIOの面々が一緒にいることに
V6の森田さんくらい気付けなかった。

だって
いつも長年『鉄腕DASH』で見ている彼等は
タオルに作業着姿なんだもんν
ステージ衣装で歌番組にいてるTOKIOを
何年振りかに見たもんだから。
実は長瀬君と松岡君しか判らなかった。

ほんとぎりぎりまで分からなくてゴメン、
リーダーは本業アイドルやのに…
でもタオル巻いてたら一発で分かったと思うんだけど。

でもまあ、
昭和生まれの私ら夫婦は

「あのころはよかったよね」

なんて、X‐JAPANの衰えを知らぬ美声の
『Forever Love』 を聴きながら、
ちょっとだけ昔を懐かしく思ったりするのだった。


ああ、
なんかギターが弾きたくなってきた。



[2015/09/24 23:44] | 日々雑感
トラックバック:(0) |

関東地方以北の方は不安な日々を送っておられることと思います。

私のドールをお買い上げくださったお客様におかれましては
私にできることとしては、
もし水没などでお手元のドールが破損したりして
お困りでしたら無償で修理しますので
どうぞお声かけください。

でもまずはお客様がたの心身のご無事を
心よりお祈り申し上げます。



最近不思議な現象が我が家で起こっている。

行ってきますで一人で郵便局へ発送しに行ったり
買い物をして出て

猫様ただいまーと、帰ってきたら
おや…?

玄関のばらついていた靴類が
きれいに並べられていて、
なんかすっきりした空気で一杯になっている。

確かに休みの日はぽぇが玄関の掃除を
してくれてたりするのだが、対外は平日に
私が一人でいるときに起こる。
どなたか、ご先祖様かきれい好きな優しい方が
おこしになったのだろうか。
とりあえずお礼にお菓子をお供えした。


8月の盂蘭盆会後に父の回向を行いに
奈良の洞川温泉郷へ家族で泊りがけで
行ってきた。

dorogawa

川の風景は何十年たっても変わらないが
龍泉寺のちょうど裏にある山道を登って
ちょくちょく遊びに行っていた

かりがね橋、昔はこんなに厳重に金網
無くてちょうど真ん中あたりで父にゆっさゆっさされて
高所恐怖症になったのだった。
日本で一番長いつり橋だそうです。
ここを渡ると大峰山の修行の様子を垣間見れる
展望台や結界門へたどり着ける。
1441982291738.jpg

面不動鍾乳洞は、世界遺産になって
観光客もびっくりするくらい増えてしまったからか
有料化されていて
ショートカットで登れるトロッコがあったり
ちょっとした休憩所ができていたり
七色にライトアップしていたりと、
なんじゃこりゃの世界が広がっていた。
子供の時はほんと、
誰もいなかったのに。

あと、軽装サンダル履きでつるつるの
洞窟の中を平気で歩く人の多かったこと。
少し欠けてるところもある?
まあ、仕方ないのかな。
私は昔の洞川しか知らないから。
観光客の来訪もありがたいけど
山伏のなり手が絶えないことを祈る。

syounyuudou

息子たちが宿の温泉を満喫している間に
お向かいにあたる
龍泉寺様へ夫婦で行って私の父のことを告げると
やはり櫻本坊のご住職様が仰っていた通り
実家の納骨堂があり、
実は諸般事情があって納骨はまだなされていないんだけれど
ありがたく手を合わせてきてささやかな供養ができた。
うちの実家の山門を守る役目は
うちの2番目の兄が継ぐことになったのを
兄からのハガキで知ったのは
6月のこと。
家系が絶えずに済んで本当に有難い。
…そのおかげだろうか?

よかった、よかった。
ちゃんと意思が受け継がれていく限り
絶えたり忘れられたりしないのだ。

子供たちにとって洞くつ探検や
お寺さんの色んな不思議な飾りは新鮮だったらしく
一生懸命ラインで友達に画像を送っていた。

修験者が滝行をする
蟷螂の洞窟も有料化されていて見ることは
かなわなかった。

子供のころ

「おとーちゃんも滝行するの?」

「…言わん。」

「なんで?」

「本当に大変なおつとめは人に言うて
することやあらへんからや。

でも、あれはみーちゃんが見てるより
ずっと厳しいものなんや。」

「ふーん…」


今になって、
父の言っていた言葉の意味がちゃんと伴って
少しずつ聞こえてくるような気がする。

私も受注とオリジナル作品その他もろもろ、
踏ん張るか。










追記を閉じる▲

[2015/09/12 00:33] | 日々雑感
トラックバック:(0) |