ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

プーリップというドールのカスタム人形と出会って10年。
そこから自分でもカスタマイズするようになって6年目。
次第にじわじわ縫製やその他のハンドクラフトにも
手を出し始めて今じゃうちの夫のネクタイまでメイドインワタシ
である。
今年は新しい甚平さんを仕立てる予定。

深海少女風の服を着せてみたミクさん。

1460938801221.jpg




ずいぶんドールをめぐる環境には変化があったし
様々な可愛いドールがたくさん出てくるようになった。
お客様にも恵まれ、企業のご招待にも与ってとても感謝している。

でも ふと 
カスタム出品を続けている中で考えた。

私はドールを作って外へ送り出す時
どうしたら売れるだろうかとか
人の見る目を気にするあまり、
物作りをしたかった自分の本質から逸れていない
だろうか。
この子が本当に好きで
自分は面白がって作っているだろうか…?

なんか変なイロケや欲のような下心を出しちゃうと、
お客様にはそれが透けるように分かってしまう気がするんだな。

ちょっと手を止めて、自分の所蔵する子たちの
メンテナンスに時間を割いてみている。
在庫ドールで自分の手元に置いている子は
ユウナ以外は全部ほかのカスタム作家様から
お迎えした子達である。
大きい子のDD初音ミクさんはデフォルトメイクで
そのままお着換えして遊んでいるが。

経年による黄ばみが出ている子は耐水やすりで
半日掛かりで顔を磨いて書き直してメイクを
復元。
ウイッグはぬるま湯シャンプーして影干し。

ああ、そういうのが
ツムツムやってる時間よりたのしーわ。

元々はうちのアリスに友達をいっぱい作ろうと
思ってつけた屋号だったんだから
もっと自由になって楽しんでいい。
自分が最初に持っていた「好き」な気持ちを
もっぺん迎えに行こうと思う。
ちょっといっぱい楽しい時間をドールと過ごして
彼女らに元気を貰おうと思います。

なちゅらる。





※♮…音楽記号。
元の音に戻るの意味。
スポンサーサイト




[2016/04/21 23:16] | ドール
|

実はまだ腰が完全復活していないんだけど、
とりあえず自分の事はだいぶできるようになってきました。

最近金曜日の夕方になると、
5年生になったけど相変わらず天使なぽえが

「おかあさん、おねがい。
今晩の『ジョジョ』、見てもいい?」

「う~~ん。
とりあえずちゃんとお風呂に入ってごはん食べて
おとうさんに聞いてごらん?」


金曜日の夜の10時からアニマックスで
「ジョジョの奇妙な冒険・ダイヤモンドは砕けない」
を放送していて
就寝時間が9時の彼にとってはぜひとも家族と一緒に
ジョジョが見たいのである。

一家でリビングに集まってジョジョを観る
うちの家族って…ν
しかし、イギリスの話がよくも日本まで血統が
続いたもんだ。みんな「ジョジョ」で…

ジョジョを観ながら

「や、
ジョウスケって日本の設定になってるけど
この異国籍感は半端ないから」

とか

「ジョウスケの頭がどうしても
網焼きハンバーグに見えるって言ったら
即死もんやな」

「安十郎やからアンジェロって、
無理があるだろ!うちの家族にあてはめたら…」

「マイケルや!」(どこのマイケルだν)

などと突っ込みながら面白がって観ているのと
色彩が原作と違って少しマイルドに設定してあるので
子供でも面白がれるのだろう。

と、いうわけで

「おとうさん、明日ちゃんと朝起きるから
ジョジョ見てもいい?
おねがい。」

と、毎週おねだりをして喜々としてぽぇは
一緒にジョジョを観てから寝ている。

そして約束通り早起きをして午前の英会話へ行き、
でも
ときおりあくびをかみ殺す息子なのだった。

OVAのジョジョはオープニングからスプラッターで
軽く私はトラウマになってたのだけど
今はあのなんていうか
昔でいうところの「妖怪人間ベム」のような
色彩と表現でアンジェロにもつっこむ余裕ができた。

第4期は作者の荒木さんご本人が登場する
らしいので、今からちょっと楽しみである。


[2016/04/17 23:57] | 育児
|


甲辰
ジョジョですか。

僕は今期のアニメ くまみこ にはまっています。

年をとっても心は少年、といえばかっこいいのですが・・・寒いです・・・。


>甲辰さん

はい、なんでかジョジョなんです笑。
その前は七つの大罪と君に届けでした。
夫がアニメ特撮が大好きなのです。
アニメを見て育った世代ですから大丈夫ですよー
くまみこ原作の絵がほのぼので可愛いです
長男がスマホの待ち受けにしてました。

コメント:を閉じる▲

先週の半ばに少し状態をまげて荷物を
取ろうとしたらいきなり腰が

「ぷきぷきぷきっ!」

と 激痛とともに
嫌な音を立ててそのまま動けなくなって現在に至る。

そう、
急性腰痛 通称ぎっくり腰を久々にやらかしましたν
やっぱ座り仕事が多いとなりやすいみたい。

今は腰痛体操とストレッチあんどトドのようにごろりと
寝込んでいる始末で、息子の定期券発券のネット予約ついでに
久しぶりに自分のブログを更新した次第である。

上の息子は料理、下の子は立ち上がる時に
背中を貸してくれるので
早くも介護させてるみたいですごく申し訳ない。
年取ったら絶対子供に迷惑かけないぞと思っていたのに
これだから、今から嫌がられないでうまく頼る術を
身に着けといたほうが良いのではないかと思っていたりする。
まだ早いと思っていたんだが。。。


私の重さ、子供が感じる重みを
子供をこの手で抱いて育ててきたから体感しているゆえに
知っているから、感謝も申し訳ないなという気持ちも
自然に出てくるが
もしも生まれながらにこの手がなかったら、
体感ではなく想像や数学的な理屈でしか
覚えられないから、難しいこともありうるんだろうなと
最近ネットのニュースを読んでいて思った。

ただ、知らないことに貴賤はなく
知る機会にたまたま恵まれていなかっただけなのだ。
そのこと自体は優劣には値しないけれど
痛みや重みを理解できない傷みや気持ちの歪みのようなものは
少しはあったのではないかとは思う。

持って生まれた者は色んな使いようを見つけ、
色んな重みを感じるよりも逆に凹ませるようにも使ったりして
本来の使い道を忘れがちなこと多々あるが、
そういうことなんだろうなと思う。

しかし腰は早く直さないと
すんごく困る。
もう少しは自分の足で歩きたい。




[2016/04/09 21:46] | 日々雑感
|


甲辰
こんばんは。

2月の閏年の日に腰に激痛が走り現在リハビリ中です(ついでに首もリハビリ中です。仕事は普通にできております)。

>ただ、知らないことに貴賤はなく
知る機会にたまたま恵まれていなかっただけなのだ。

この言葉はいろんな意味、いろんな場面で考えさせられる言葉ですね。これこそどれだけ意志や情熱を持っていてもどうにもならないことだと感じます。知ることができるということはやはり有難いことだとずっと感じております。
知らない自分がいるということを自覚できるようになったのはずいぶん年をとってからでした。

無知の知 とはこういうことを言うんでしょうかね・・・などとビールを飲みながら考えております。


>甲辰さん
首と腰は何故連動するんでしょうね。
私も腰痛める前日に寝違えてたのです。
お住まいが阪神近郊でしたら相当優秀な治療院をこっそりお知らせしますよ。

知らないことは恥では無いと、いつも子供に言っています。
逆に言えば知ってる人はたまたま知る機会に恵まれただけで、それ自体は何の自慢にもなりません。
必要なのはそれらを自身の引き出しのようなものにいかに選び、きちんと畳んでおけるかです。
私もまだまだ知らないことが沢山あると思います。
一生それらに出会い続けるのだと思っています。




コメント:を閉じる▲