ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

先日CSファミリー劇場で
「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」というドラマを
一挙放送してて見ていたんだけど
色んな意味ですごいです笑。

ヨシヒコのビジュアルがもろドラクエ5の
勇者やないか(*_*;


夫や息子の周りにもあの一挙放送を
あーあれ、夜中3時まで見たよ~という或る意味
勇者な面々が結構いたそうである。
私らは6話でギブアップしたよν


主演は山田孝之さん。
アドリブで4つも5つもドラクエの呪文が
唱えられる俳優さんである。すげぇ。



え、あの昔課長島耕作だった宅麻伸も
出てるの!?
製作費よりも彼のギャランティのほうが
高そうな気がするなあ。
個人的には的確な突っ込みを入れる役?の
ヒロイン・ムラサキが可愛い。
彼女はビミョーな魔法使いのメレブを差し置いて
ザオリクが使える有能キャラである。

ビミョーな呪文や
そこはかとなく登場する段ボール製であろう
スライムやカンオケや宝箱
(協力:スクエニのクレジットがちゃんとある笑)

「お金を掛けないでもやればできるやないか
日本のドラマ。」

ゆるくオモロイ冒険活劇第三弾が
ドラクエ生誕30周年記念の今年にまた
復活するらしいのでたのしみである。

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」。

・・・なんかドラクエ4のタイトルと被るんですけどν

一部のアニメやドラマを深夜枠でやる
風潮が最近あるけれど、
しょうもない芸人のバラエティ番組なんかより
家族で見られる時間帯に持ってきてくれればいいのにと
切に思う今日この頃である。

というわけで、私のおすすめ
五嶋龍さんバイオリン演奏の
「進撃の巨人」を願いを込めてお届けする



スポンサーサイト




[2016/05/31 17:52] | レビュー
|

さっき記事をアップしたついでに
もう9年くらい使っているこのブログの記事の
整理をしたんだけど


ワタシ、
ほとんど毎年年末に正月にカレーの献立を
伝統保守派の夫に却下されて
代わりに八宝菜作ってる・・・ν
確か去年も八宝菜だったんだよな。

そして

「ヒデキもお正月にはカレーって
言ってたじゃん!」

…毎年ここまで一緒の事を言っているとなると、
もう笑うしかないわν
人間の行動って、変わらないんだなぁ。。。
学習しないなぁ私。

本当はもっと前からブログに日記をつけてたんだけど、
レンタルサーバーが相次いで閉鎖の憂き目にあったので
お蔵入りした記事や画像も山ほどある。
snsが代わりに普及したからね。
私はリアルタイムで発信することがほとんどないので
お気に入り情報を見るだけでやってないんだけど。


開設当時おなかにいたぽぇは
保育園児からの地理オタクは健在というか
就学後はさらにパワーアップ中だが
(国連加盟国の国と国旗の由来から名産品まで
きっちり網羅されている。)
小学生の高学年でかなり背も伸びた。

上のぼーずは高校生になり、
ハハがあれほど特別拝観料に金もってけと
言ったのに大丈夫大丈夫を連発し
結局は遠足の大本命目的地清水寺の本堂を拝観できずに
河原町のアニメイトに高校生の群れがたむろしたという、
誠にもったいない京都の遠足話に

「あふぉかねキミ等は。
せめて東寺とか八坂神社に参ったらよかったのに・・・」

と溜息交じりに言わなきゃいけないところは
相変わらずネジが一本抜けた感じである。

年月が経って変わったこと、
まるで変わってないことが知れて悲喜こもごもな
心持になった昼休みであった。




[2016/05/16 16:46] | お笑いの日々
|

どうも色んなことをかんがえてはいるものの
雑多になっていて文章になるのには整理がつかないこと
ばかりで
そんな迷っているときにはどうしてもネットの世界から
足が遠のいてしまう。

本格的に夏がやってきたのと
雨が定期的にぱたぱたと降ったら
どんどん気温が上がって夏になっていく季節に
なってきた。

何も考えていないわけではない。
ただ、発信することにかなりナーバスになってはいる。


一連のネットでの様々な騒動を観ていると
正直些末なことをコメントすることでアイキャッチャーに
なっているマスコミ記事や芸能人や門外漢の識者のような人間が
ネットの利用者を煽動しているような気がしてならない。
騒動が続けば続くほど、彼らの飯の種になるわけだから、
そこには水物の利得が潜んでいる。

もしかしたら
私が異を唱えることをコメントしたら顔の見えない「良識人」から
高い場所から罵倒を浴びることになるかもしれないし、
まったく相手にもされないかどっちかだと思う。

みんな不用意に傷つきたくはないくせに他人を傷つける事を
平気で書いて自分が被害者のように責め立てている。
そこには全体主義的な指向のいやらしさも働いていると思う。

個人的にはうんざり。

「私だったら~しない。」?

別に違っててもいいのよ、
話題になっているのは「あなた」じゃないんだもの。

「あのさ。」

テーブル向かいで本を読んでいる
夫に問いかけてみる。

「今のウェブのニュースってさ

ほんとはなんにも考えてなくて
ただ叩ける悪もんが欲しいだけと違うやろか。
自己満足な勧善懲悪で憂さを晴らしたいだけっていうのも
あるんちゃうやろか。」

「どうも中庸さに欠けてるよなぁ。
世の中白と黒ばっかりちゃうねん、
ほとんどはグレーゾーンで、100%悪人のほうが
少ないのになぁ。
それに本当のことなんか仮に知っても、
自分になんかあんのかっていうと
まったく関係のないことやったりするんだなこれが。」


有名な聖書の言葉で遊女がイエスキリストを
もてなしたことを受け入れたのを非難した
イスラエル人たちにキリストが

「私には何の罪もないという人は
この女に石を投げなさい。」

良心に誓って何の咎もない人間ならば
イスラエルの取り決めによって石打ちの刑にせよと
いう意味である。

さあ、
何者が本当に石を投げ入れ
その息の根を止める権利を有するものなのか?

確かに個人的な道徳観で受け入れがたいことは
たくさんあるだろう。
目を覆いたくなるひどいニュースもあるだろうが

我々は発信する者として自分の良心に従い
書き込む前にもっと想像力を良い意味で働かせるべきである。
本当にネットではなくリアルな自分の立場として発信すべきことは
きっとあるはずである。

それが本当のネットという鏡に映った
自分の顔になるはずだから。




追記を閉じる▲

[2016/05/16 15:18] | ちょっとまじめに考えてみる。
|