ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

最近、

というか 割合私自身はよく考えるテーマなのだが

「一番お互いにとって心地いい距離感とは
どこらへんだろうか?」

を よく考える。


ネットで調べてみると、
椅子に座って人ひとり分が空いている位と
出てきたんだが、
これはお互いに握手しようと手を伸ばしたら
届く距離という意味合いだそうである。

「お互いに」手を伸ばしたらというところは
とても重要な気がする。

そう
一方的ににじり寄られたら
シャレにならないこともでてくるのである。


うちの会社は割とフレンドリーではあるが
先月入ってきた派遣社員がどうも
おかしい。




アトピー性皮膚炎か、ケロイド状になった姿で
毎日汚れた服の
その派遣社員はすごく上からの態度だった。

特に上司にあたる
女性社員にはものすごく仕事が出来る
アピールをしていたし、武勇伝も聞いてないのに
披露していた。

社内研修でたまたま隣になったので
話しかけられたら答える程度だったが、
研修ノートを何度も覗き込まれたり
彼が研修中ぼりぼりと
体中をかきむしっているのか、
いろんな色のフケが積もっていて
その異様な光景に悲鳴を上げそうになった。

こいつはまずい、無視しよう、
距離を取るぞと思ってたら

気が付くと
お昼休憩に他の女の子と食事をしてても
まとわりついてきて、
ふんぞり返って自分の話を一方的にしてくるのである。
私たちは2人とも無言になってしまった。

そして私のロッカーが分かったら
わざわざ自分のロッカーの荷物を持って
移動してくるし
研修の小休憩になると
男女のトイレが同じ場所にあるため、
トイレ付近をずっと誰か話せる女性がいないか
うろうろ探し回っているのである。

もう気持ち悪くて、
なんでそこまでして誰かに
まとわりつきたいのか訳が分からず
上席に相談して席を離れたところにしてもらったり
シフトもそれなりに工夫してもらった。
これで解決したらいいけどと。

が。

「あっちはたぶん話をしたいだけなんやろうけど!
でも、コワかった!
昨日帰り道私ずっとアレに追っかけられてん‼」

と、ある朝真っ青な顔をして同期の女の子が
言ってくるではないか。

早足になったら早足に、
走ったら走ってきたそうである。
あまりに怖かったから実家のお母さんに
話したら、
何かあったらあかんから警察に相談する
と話していた。

「ちょっと待って。
でも、帰りの最寄りは違う駅のはずやで?
管理者に言ってきた方がいいって!」

涙目になってマネージャーに言いに行った
彼女と私、他の関わった女性数名には
いまだに朝の通勤経路からコッソリついてきている
ので
いつ警察に言おうかと考えながらも
出社時間が早くなっていく一方である。

これって、
ほんまもんのストーカーだよねぇ?

実際に実務に入った彼の評判は芳しくなく、
自分をただ大きく見せたかっただけだったようである。

会社は仲良くできたら何よりではあるけど
歩み寄り方が生理的に受け付けないし
まず仕事やってこそなので、
あんまり迷惑かけてまでつきまとうのは、なぁ…。
だって集まってる目的が違うもの。


私はどちらかというとそんなに社交的ではないので
人とは距離を置き気味で、単独行動が多いし
それはそれで困りものかなぁと思ってはいたのだが
お互いに手を伸ばせば握手できる、
じゃなくていきなり襟首つかまれるような
距離でしか対人関係が結べないのは困る。


距離感のおかしな人は
仲良くなっているときは相手を好き好きだけど
いったん何かで自分が気に食わないことが
あったりしたら途端に敵認定して
ありもしなかったことも含めて物凄く攻撃してくる人に
豹変したりするから、
割合そんな人にエンカウントしてきた私は
いまだに人と人との距離感について
めんどくささと戸惑いを感じつつも
考えざるを得ないのである。




追記を閉じる▲
スポンサーサイト




[2016/07/24 22:31] | ちょっとまじめに考えてみる。
|

「ちょ、
あれ「ミュウ」じゃね?
もうちょっとで届く!」

「ちょっ!
お前危ないから!
他の場所でも見つかるかもしれないから
そこに足かけるの止めろ!!」

「もうちょっと、
もうちょっとでミュウが!
あっ、
わああああああああああああああ!!!」


…こんなことがもしも
例えば清水寺であったら本気で
舞台から飛び降りちゃう若者が出てくるような
想像をしてしまったんだけど、

うちのぼーずが全く同じことを考えていて
上記の

「もしも『ポケモンGO』が小さな島国日本で
配信されたらあるかも」

なネタを やってくれちゃったりしたんだが。

すでに探索したら不謹慎な場所で
ポケモン探しをやらかすユーザーが
諸外国で問題化されているようだし。

う~~~~ん。
狭い日本でこのゲーム、大丈夫かい?


[2016/07/19 22:36] | お笑いの日々
|

先月ぼーずが海外へ修学旅行へ行ってきた。

んもう国内とは違って
パスポートの申請やらスーツケースのレンタルやら
外貨に両替とかパッキングとか、
めっちゃ親は手続きに時間とお金がかかりましたよν
私の時代の修学旅行って、
先生達の強い意向で信州スキー旅行だったし。
いや、
温泉だったし食べ物おいしかったし
スキー滑れるようになったし楽しかったよ?

まあでも何でか海外旅行だから
現地のものがおいしくても
念のため持っていけと、
インスタント味噌汁のアソートパックを持って
息子は旅立った。



その日の夜。

おいしいもん食べてるかなぁと言ってたら
LINEで

「(´;ω;`)日本に帰りたい…」

おいっ、何があった!?

「そっちはどうよ?」

とりあえず送ったら

「ご飯すんだけど
おいしくなかった・・・

白米が食べたい。

「今クラスの男子で味噌汁パーティ開いてる。」


うちの息子は
初日にして早くもホームシックにかかったらしいν
(´・ω・)
それから毎晩ごはんの話の悲話が
世界遺産なんかの写真の合間に
登場していた。
グルメツアーって日本国内でも割と宣伝されまくってる
もんね。
そうなんか…

機内食がえらくおいしかったので
期待したらしいのだが、
全く違ったらしく、
結局毎日帰国までおなかをすかした
高校生たちが現地で一番美味かったのは
コンビニで調達したカップヌードルだったらしい。
さすが宇宙食にもなるだけあるわν
ボーダーレス、ぶれないなぁ。


帰国後、
帰ってきたらカレーを作ってあげると約束していたので
いつも通りのチキンカレーを作ったら

「ご飯が美味いぃ…」

…私 ご飯で子供に泣かれたのって
初めてかもしれない。
((´・ω・`;))


「もう僕、
日本国内出ませんから!
和食イズナンバーワン‼」

などと宣言する始末。

諸外国へ行って修学目的でなもんだから
あんまり食のクオリティにはこだわれない
かもしれないが
食って、大事なんやなぁ。

でも私は一生に一度は行ってみたいんだけどな。
カナダやオーストラリア。

来月は下のぽぇが林間学校へ出発する。
この子はこの子で、
たくましく家を寂しがる暇もなく楽しんできてほしいと
思うんだが…





追記を閉じる▲

[2016/07/01 23:26] | 育児
|