ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

気が付いたらもう今年もあと1日ですよ。

ダイニングにおせちのお重と塩抜きした数の子が
乗っかってて
もう今頃通常なら寝ている子供たちと格闘技を
家族で観ていると
ああ、大晦日だなぁと実感。
お酒も今年最後の料理もおいしゅうございました。

今年は「再び」な年だったと思います。

再開と再会と。
腰痛と新しい仕事とその他もろもろ。
色々とそれでも恵まれて無事お正月を迎えられるのは
有り難い。

昨年のクリスマスプレゼントは
二人ともペアのグラスを
お互いのために選んでいたんだけれども
今年はそのグラスで
美味しいお酒をいただきながら年の瀬を
迎えている。

来年はもう少しドールが作れたらいいなぁ。
本体価格が高騰している中
お客様方が私のカスタムドールを手に取る時、
いつも右斜め上の感動を目指さなければ
作り続けることはできないんだよと いつも息子に言う。

職人は求められている以上のサービスを提供することの
難しさを越えなければならない。

ていうかうちのボーズ達は来年受験生だよ?
息子がどういう道を選択するのかわからないけど
それが彼らにとって幸せな選択であってほしい。


今年最後の作品はFFの作業用BGMを聴きながら
作った。
今はスチーム・パンクのアウロラの衣装を仮に
着せているけど来年にしっかり縫製予定。

早くイスルのキットでユリオを作りたいっ。

皆様良い年末年始をお過ごしください。

1483192641075.jpg



スポンサーサイト




[2016/12/31 23:29] | 日々雑感
|

神業的な4回転が実際に先日のグランプリファイナルでも
炸裂しまくっていましたが
羽生結弦君4連覇、すごい偉業です。
日本人選手が全員表彰台に立って帰ってこられて
うれしい限り。


そのGPFを追い駆けるように放送されている
「ユーリ‼!」
が、何とも言えなくフィギュアスケートファンの私には
今とても美味しい極上のアニメなんですよ。





リンクサイドでの心理描写や
各キャラクターの個性を丁寧に表現しつつも
毎回のお話で演技滑走が観れる!
振り付けもバリバリ現役で活躍中の宮本賢二さん!
臨場感すごい!
エッジワークや衣装など
作り込みが半端ないので本物と見まがうほどの
完成度の高さ。


個人的にはもう一人のユーリ・プリセツキーこと
ユリオの戦士のような目がド・ストライクですが

主人公の優利君のショートプログラム
「愛について~eros」はお気に入りです。
そうそう、清潔感のある男の色気がそそるのですよ。

ちょっと町田樹君とか高橋大輔君を連想してしまいました。


優利のコーチに就任するヴィクトル・ニキフォロフは
サービスショット要いいや、すごく素敵です。
羽生君が演技中にオーサーコーチが
彼が跳ぶ度にぴょんぴょん跳ねている気持ちが
何となく、理解できるような気がします。
作中の2人も
物凄く厚い絆で結ばれている師弟関係なんですね。
一部ネットユーザーからBLと言われてしまうほどにν
(諏訪部さんが声あててるから仕方ない…か?)
なんでもかんでもそれ仕様におそまつに扱うのは
どうかとは思うけれども。

今週11話からいよいよGPFが描かれるようですが
織田信成さんが解説で登場するようなので楽しみです。

リアルの大人のお色気を感じる選手って言ったら
ハビエル・フェルナンデスだなぁ。。。

アベマTVで視聴できるのでぜひ!
2人のユーリと選手たちの活躍を楽しんでほしいです。


そして私は夏から坐骨神経痛の再発防止も兼ねて
近所のスポーツ接骨の先生に教えてもらって

「ちょ、ギブ!
脚がもげるからあああああ!!」

「だいじょーぶ~
僕プロだから取れない取れない笑。
これやんないと足腰の柔軟にならないんで。」

などという、ノーペインノーゲインな
スポーツストレッチと負荷の少ない筋トレを始め、
少しは筋肉も柔らかくはなってきたようで
リンクで息子とちまちま滑っています。

今年の冬は滑らかな片足走行ができるようになりたい。



[2016/12/13 22:46] | レビュー
|