ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

この頃は紅葉が美しいシーズンになってきたが
観光客のマナーの悪さにご当地の方々は
心を痛めておられるという記事もよく見るようになりました。
正直目を疑うばかりです。

まだ生えている紅葉をちぎったり(落ち葉も十分きれいなものを)
ペット不可の参道に同行させたり
撮影禁止の場所で自撮りをして通行の妨げになってしまったり。

紅葉が美しいという場所はたいていが
世界遺産や神社仏閣の敷地内なので、
郷に入っては郷に従うで
気持ちよく参拝を兼ねて紅葉詣でをしたいものです。

うちの息子たちが幼い時から
季節の花や葉っぱを拾っては、玄関に飾るように。

このたびは 幣もとりあえず手向山
紅葉の錦 神のまにまに
        菅原道真


さて。
ぼーずの入試先の最終合格発表があり、

…やれやれ、
なんとか合格者の一人になることが出来ました。
春から無事進学です。

なんと胃が痛い結果待ちだったことか。

--------------------------------

当日授業中のぼーず。

「発表の時間キタ…ν」

と そこでぼーずのクラスメートが

「せんせー!
こいつ今日合格発表日なんで
ちょっとスマホみていいですかー!?」

「えっ、今日なん?
じゃあ、ちょっとだけやったら。」

息子のスマホに群がる子供たち。

一方 そんなことはなーんにもしらないで
どう知らせるか迷った挙句に送った
ハハからのLINE。

「緊張して緊張してふるえる今日この頃」

「沢山の人に迷惑かけて…」

「ぼーずよ」

「うわあああああ!
(※ポプテピピックのポプ子が竹書房ビルを破壊している
スタンプ)」

クラスメート一同
「親子やなぁ…ν」

「…じらしプレイ?」

「最終合格したと先生にちゃんと伝えるように。
よーく勉強しておいで。」

それからは授業そっちのけで
大騒ぎだったらしい。

後であのLINEをみんなで観てたことを知った
ハハは赤面しまくる羽目になった。

よかったなぁ、自分の事のように
喜んでくれる友達がたくさんできて。
ずっと大事にするんだよ。


そして
家にはダッシュで帰ってきて

「お兄ちゃん、どうやった!?」

自分も受験前なのに気にしていた弟。

「うん、なんとか合格したよ。」

合格者のパソコンの画面を見せたら
私に抱きついてボロボロ号泣しながら

「兄ちゃんって、
ぼくよりぜんっぜん勉強してなかったのに
ほんまに受かるんかって、
ぼく、ずっとずっと心配してたー!!」

…( ;^ω^)… そこですか。
うん、
わかる。 
その気持ちはよーくわかるよ、ほんとに。

だから君は思う存分今できることをやって、
自信満々で春に新しい学校の門をくぐろうな。

来月後半は彼の番である。
家族総力挙げて再びサクラサクのために頑張ります。








追記を閉じる▲
スポンサーサイト




[2017/11/28 23:39] | 育児
|

すみません。

何件かお問い合わせを頂戴していたようなのですが、
メーラーのエラーが原因で
正常にお返事できていない状態であることが発覚しました。

ご迷惑おかけして誠に申し訳ございません。

御用のお客様に置かれましては
コメント欄設定を変更いたしますので、
ご連絡先のメールアドレスとご依頼内容を
コメント欄にてお知らせいただければ幸いです。

なにとぞ今後ともご愛顧よろしくお願いいたします。

 Alice's mate

[2017/11/20 00:24] | ドール
|

雨が降る度に凍り付くような寒さになり
大阪中心地でも霜が見られるようになったみたいである。
ちゅうか 久しぶりに霜降りてるとこ見たなぁ。

もうぼーずの高校でも
受験もクライマックスに突入しているのだが
彼の合否結果も来週だから、またもや胃がキリキリしている。
どうなることやら。

来月はとうとうぽぇも出願である。
彼はもはやハハが全く理解できない領域の
数的推理や数式を日夜解いている。

狭き門を無事に2人ともくぐられんことを祈るばかりである。





そんななか
2人とも学校で席替えがあったみたいで
ぽぇは特別今回は何も言ってなかったが

問題は毎回面白いくらいに特等席(教卓の前)をひいては

「最悪やー!」 と 雄叫びをあげるぼーずである。

「ええやないの、しゅうちゅうできて。」

「良くない!
別の宿題とか問題集自炊したのにできひんやないのー!」


そして
今回ぼーずが引いてきた席は

「特等席は真逃れた…


けど!
その真後ろの席って
なんなんっ‼!」

もうそこは笑うしかない。

「オレが見たい景色はこんなんじゃないんだよ!!
(Щ゜Д゚)щ」


と 教室でも発狂した模様である。


そしてこの度特等席に新たに座ることになった
男子生徒に向かって担任の先生が
笑福亭仁鶴師匠が松崎しげる化した日焼けした顔で
ニヤリと笑った。

「ふふふ。

その席500円出したら替えたるで…?」

と、冗談交じりで言ったところ


 サッ (・Д・)ノ\500

「う。

や、安すぎたか。
千円でどないや?」

 サッ (・Д・)ノ\1000


「………
ほな3000え… サッ (・Д・)ノ高3まさかの福澤諭吉

えーーーー‼!!

アホ、冗談やがな!

財布盗られんなよお前、ははははは。」

見せ損やったああああああ!と、
彼は叫んだそうである。
冗談に決まってるがな…ν



ハハも相変わらず忙しく
毎年年末が近づいてくると

「みてみてー
羽生結弦君のカレンダー!
今年は買っていい?」

夫は今年であきらめてくれたようで
来年は夏のフィギュア砂漠のシーズンに突入しても
彼に元気づけられそうである。

「でもさー
温泉の素にも 西〇の布団にも羽生君グッズって、
それってくまモンと一緒ちゃうん?」

「いいんだよ
癒されれば羽生君だろうと、くまモンだろうと。
美しさと可愛さは正義!」

「お…おう。」

ちなみにツイッターで話題になった
「夜回り猫」も最近イチオシの癒され本である。
遠藤、じゅうろーとニイと一緒に来てくれないかなぁ。

来月は今年の夏にフィギュアスケートに目覚めた
ぽぇと一緒に「浅田真央展」へ衣装のスケッチを取りがてら
楽しみに行く予定である。

早く色々終わらないかなぁと思う一方で
決まったら決まったで淋しくなるなぁと
両反対の思いでプラプラ揺れている複雑な心境は
変え難いのだろうな。









追記を閉じる▲

[2017/11/20 00:14] | お笑いの日々
|

今朝たまたま病院通いで外出しているとき
夫からのLINEでぽぇの負傷を知った。

保健の先生から半時間後、
病院に付き添ってくださっている所を
電話をくれて
彼が比較的落ち着いて先生の指示に従い
冷静であることを知り安心したのだが

私が息子は右か左かそちらの手をけがしたのを
慌てていて聞いていなかったことに激しく後悔した。
運悪くいつも携帯しているはずの充電器を持っていなくて
端末の充電が切れた。

午後にずれ込んだ病院の検査ののために
イライラした私は近くの書店でキングダム最新刊を購入し
気を紛らわせた。

つーか、これで
うちのブラザーズ揃ってドッジボールで突き指あるいは
骨折しているわけだが
なんでそこまで夢中になれるもんなのか。

『ドッジなんて無くなればいいのに』

と 毒づいた整形外科医の言葉が蘇った。
今なら激しく同意する。


一方
駅構内で切符の買い方が分からず困っている外国人観光客に
『excuse me.』 と 声をかけられ、
路線図を見ながら切符の購入方法を教えてあげた。
たどたどしいことこの上ないが いい加減慣れてきた。

診察もやっと終わり、
地元へ戻ってきている途中で
小さな女の子がひっくり返った自転車の横で
うずくまってぴくりとも動かない状態で見つけて
慌てて私と、たまたま通りがかった近所の奥さんとで
背中をさすり、声をかけた。

しばらくすると、ようやく泣きながらでも
立ち上がり 大丈夫、と言って家まで自転車に乗って
帰っていくのを見送った。
その後、体に何事も無ければよいのだが。


帰宅後。
骨に異常はなく左手の負傷だったことが判明したぽぇは
自宅に戻ってからすぐに何の泣き言も言わず
塾へ受験前の特訓へ向かった。

いつの間にこんなにしっかりと成長したものか。


今日一日の流れを振り返ると、

人と人とのつながりは
助けたり 助け合ったり、
お互いにどこかでつなっていて不思議と
人生持ち回りになっているんだなぁと実感する
長い長い一日だった。







追記を閉じる▲

[2017/11/09 23:09] | 日々雑感
|