ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

たぶん、自分もだいぶ混乱してるので
とりとめもないことを書くと思う。
上手くまとまらないかも知れないけど、
とりあえずじっともやもやしてるのが
耐えられないから残す。


昨日の朝  
美しい描画が素敵だったアニメーション会社が
放火事件により全焼。
多くの、
本当に信じられないほどの多くの人材が犠牲になった。
犯人は自身も火傷を負い、重体である。

多くの犠牲の大きさに、私自身も動揺しているが

世の中には意味のない悪意が渾然と存在することを
多々、思い知らされるばかりである。




その更に前のこと、
がんを患い闘病中のアイドルのブログに
罵詈雑言を投稿し続けた、
まったく他人の主婦が逮捕された。

バカ、死ね、嘘つき。 と 書き連ねて。

「どうして自分だけがそんなことで捕まるのかしら?
他の方はもっと酷いことを書き込んでいらっしゃいますよ?
そりゃ、謝れと言えば、お詫び申し上げますけど。」

まぁ他の人間云々の話はあながち誤っていないんだろうけれど、
どうやら 反省はないらしい。
誰かも言ってたから?
ふざけるな。
自分の荷物は自分が背負うし、
人は自分が蒔いた種を刈り取ることになるんだよ。


さる医療関係の記事で
生まれてわずか2か月で腹部にがんが見つかり
その後各臓器に転移し、1歳を迎えたものの
脳転移のため終末医療を受けるために彼女の両親が
近所の病院へ転院させることになり
そこで
医療スタッフ間で緻密な彼女に関する情報の引継ぎが
熱心に行われた。
新しいスタッフ達は
おそらく手厚い看護を不自由な体のまま受けてただろうに
いくつもの管に依存している命ながらも
とても安らかにふっくらしたお顔で眠っている彼女に

「いらっしゃい。よく来てくれました。仲良くしましょ。
1歳おめでとう」

と 暖かい言葉をかけた。

小さな一つの命に関わってきた大人達は
その安らかな幼子の寝顔に勇気づけられ、
一致団結して彼女を支えていこうという力をもらった。
がん専門医のオーサーは、はっきりと
この子の命を守るために周囲の人々は一緒に闘ってきたのだ、
生まれてきた意味はあったのだと記事を結んでいた。


最近、命におびやかすような言葉を日常的に
ネットやメディアで言葉として見たり
実際に平気の体で匿名で書き残すことによって
リアルと現実の浸透圧が逆転した価値観と
身勝手な正義感を利己的に行使することに対して
本来あってしかるべきの倫理観が希薄になってはいないか。

そしておそろしく簡単に、
沢山の命を奪う事象が実際に増えている。
人はみんな同じ道をわざわざ言葉にしなくても
誰かが殺めなくとも辿るというのに。

私の人生の長さそのものだけが、
他の誰かの10年、先の1歳の女の子の人生に
まさるとは限らないと思うのに。

それぞれの命の在り方は、到底量れない。
どう生きるのか、何をこの世に残すのか。

何故身勝手な正義という名の鉄槌を
人間が下してよいものか。

本当にね、
私たちは生まれてきて生きられる世界はここしか
無いのになぜ…?
頭がぐるぐるする。


京都アニメーションで犠牲になられた方々の
ご冥福と、
負傷されたスタッフの方々のご回復を
心よりお祈り申し上げます。
自分に出来ることをよく
考えて実行したいと思います。

遺された命のありかを私は忘れません。




追記を閉じる▲
スポンサーサイト




[2019/07/19 02:23] | ちょっとまじめに考えてみる。
|


甲辰
いつも思うんですがね・・・
無差別殺人の事件が起こって、犯人が捕まって
「動機を調べる云々」
とマスコミが言ってますが、その動機は公表されることってあるんでしょうか? 

犯人の先天的な嗜好もあるかもしれませんが、少なくともどのような生い立ち、環境で育ってきたかを公表することで初めて防犯になると思うのです。

人権とか個人情報を守るという大義名分で本当に大切なものが失われていくような気がしています。

う~~~~~ん…
>甲辰さん

事件があった当時から恐らく取り調べまでには時間がだいぶ経過してからになるから、犯人自身も根本的なところではわかんなくなっちゃってる可能性もあるかもしれません。
記憶の改ざんというものです。
事実と真実(動機も含む)の数は同じではないからです。
多方面からのアプローチが必要になるかと思います。
恐らく責任能力の可否問わず精神鑑定も実施されるでしょう。
でもあれだけの理不尽な犠牲を出した事件には理不尽な動機しかない気がします。
だから、犯人の治療にあたっている医療スタッフがメンタルケアを受けなければならない程今は苦しんでいる。
真の防犯や抑止になるかは定かではありませんが 人間は実に多様性に満ちた個性や感情を持ち合わせています。
親である私も同じ腹から産んだ子供でも、
こんなにいい意味でそれぞれ違うものなのかと思うくらいに。
まず、
成育歴や環境も大切ですが「これから」犯罪が起こる前に
それらを踏まえて生きづらさや問題を抱えている人たちと、
排除ではなく差別化ではなく、人とどう関わってゆけばよいのかや感情をどう制御してゆけるのかを共に考えてゆく行政や有識者等の取り組みが必要ではないでしょうか。
人間、孤立してると考えが自分ばっかり中心になって暴走しやすくなり、視野も狭くなりますから短絡的になりやすいです。
そんなだから手っ取り早く自己承認欲求を満たす輩も出てきます。
いかにそこからなんとかすくい取るかだと思います。
理想論的見解だけで申し訳ないのですが、嫌になるくらい排他的過ぎるんですよ、今の世相は。

コメント:を閉じる▲

阪神巨人戦を消音でかけながら
プレーヤーで音楽を聴きながら後ろで見守ってくれてる
可愛い若造猫様のお願い通りおもちゃを投げつつ
ドールフェイスの造形作業をする。
プチ宇宙兄弟の『コロコロムッタ』状態やな笑。

わかるわ 器用なムッちゃんはともかく 
これするのが普通の精神状態じゃないってこと。


色々な事がもやついていたからこそ、
上の子に学園祭の後に食事に誘われて
地元に着くの終電ギリギリだけど会おうって思った。
最後の学園祭だからっていうのもあるけど
あの子の望み通りにその夜は家族で一緒にいたかった。

痛み止めも抗生剤も効き目がない。
私はどうやらまた新しい病気が見つかって、
かなり焦ってググリにググっていた数日間。

何かの偶然かひらめきか
自分が出産のときにお世話になった先生が
元気に相変わらずのテンションで開業なさっていたのを
今日発見したのだ。
良かった、まだ近辺でお医者さんしてくれてて。
そこのホッとした感だけでぼろぼろ泣いてしまった。

医者は本当にね、こんな時はこの人!っていう
人に巡り合ったら本当に幸運だと思う。
身体を預けるんだから恋人や配偶者くらい離しちゃいけない。
自分が独身のまだ若さと体力だけでおバカな頃
長年ブラックな医療機関で働いてたから
なおのことそう思う。

でも人生100年時代っていうけれど
私のローソク、きっとそんなにないよ笑。
若さの盛りを過ぎてしまったら、
どうしても自分の後の事を考えてしまう。

急に心臓発作や脳溢血であっという間に
去ってしまうことも可能性としてゼロではないけど
それなら どうせなら
生きているうちに
感謝したい人にはありがとうを伝えて
形見分けの配分もなにもかも片付けて
お別れできる方がまだベターかなと思う。
色んな書ききれない不安や思いはあるけれど、
それは今生きている時だけだから。
達観ではないよ、そもそも遺すために書いてるの。

私が子供の時に活躍されていた芸能人とか
著名な方々が去って行かれるのを
遠くで見ては、
年月の無常を感じざるを得ない。
人間って、
寿命のわりに旬でいられる期間が短すぎるよね。
特に女は。

寿命の長さそのものよりも
人間の成体としての若さを保持しつつ
つまり、老化の早さを大幅に遅らせて
活躍できる期間をより長く伸ばす研究を
してくれないかな。

まぁ体の老化には今のところ逆らえないので
早々に病院に行って精密検査受けてきます。




追記を閉じる▲

[2019/07/09 21:19] | 日々雑感
|

日付で言うと、もう昨日の話になるけど
下の小僧とバスに乗って
ぼーずの学園祭に1日掛かりで言ってきた。

あの子にとって学園祭は今年が最後。
いや、堪能しました。
色んな教育科で勉強してる子達の
目一杯頑張ってる姿は
遠き日の戻らない時間を沢山見ているようで、
若かりし日々を少しだけお裾分けして
もらったようで
とても幸せでした。

思い出は優しいから甘えちゃダメなのは
わかるんだけどさ。

そしたらなんか、眠るのがもったいなくて笑。

私は昔吹奏楽をやっていたので
短い限られた時間に一生懸命練習したであろう
彼等の演奏会を見ていた時
その厳しさは比べものにならないんだけど
早朝から暗くなるまで練習して
学校の授業受けてって、ハードなことを
昔は普通にこなしてたんだなと思うと

「私も昔は、あっち側の人間だったなぁ」

と、考えると
ものすごくステージが遠く感じてしまって
でもそれがとても眩しくて、
感極まった涙を堪えるのに必死でした。
特に金管は上手かった。

ほとんどの学生は
来年は卒業して新しい職場に配属される。

学園祭が終わってから
3人で打ち上げをして、
学園祭の色んな話や
夏休みのプラン、来年の新生活の準備の話を
した。

子達2人と私の暮しになって1年が経つけど
今になって子達達が考えてることや
将来の話を、時間や様々な制約に縛られず
ゆっくり話せているし訊く時間も増えた。

「もっとあと、
1、2年は家で住みたかったなぁ」

「私だって育てたかったわよ。
大阪の職場に配属されたらいいけど、
あんた人に教えるのが巧いから教官に
なれたらいいねぇ。」

急いで大きくならないでいいよって、
2人とも育ててきたけれど
今の、この宝物のような時間は
一生涯持ち続けていたい。

母親はいつまでも 子供に追いつけない。
ほんとにね。


[2019/07/08 01:26] | 日々雑感
|