ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

今月初めから息子と2人で
長く質の悪い風邪をひいて
息子などは別の小児科を紹介状付で通うことになった。
私も副鼻腔炎で未だに通院中である。

こんなとき、いつも息子は

「お母さん、迷惑かけてごめんね」
と言う。

私は

「病気は誰のせいでもないよ。
気にすんな」
と 答える。

息子2人が大好きなドッヂボールで突き指とかだと
ドjッヂなんて滅べばええのにと毒づいたりするが、
基本的には早く良くなるように治療に注力する。

病気の犯人捜しはときに時間と思考力の
無駄遣いになることを私は身をもって
知っている。

が。
最近暇つぶしに何気なく読んだ本で

「…むぅ…?」 

が、わらわら出てくる。
なんかどう考えても
その、作者と育ちが私とまったく違うせいなのか
私は頭がぐるぐるするばかりで、本当に

「脳の病も人を選ばないんだな」
としか理解できない。

前に風俗レポとか書いてらっしゃった漫画家さん
なんですけれどね、
pixiv連載ぶんで通しで読んだのは全く初めてで。

永田カビ著の 「ひとり交換日記2」。

彼女は非常に自分の苦しみを漫画に例えるのが
巧みな人だが
割れたグラスに水を注ぐような、
砂漠に水を撒くような、
満たされて一時的に喜んでもすぐに枯れるか
或いは視野狭窄と乖離的な気性のためか
人や自分自身を酷く傷付ける。




形式としては、中学時代に作者が実際に
やっていたという自分で自分に向けて日記を書くという
交換日記形式で漫画が展開される。

冒頭から前著を拳が血に染まるまで殴りつける
自傷行為から始まり「えっ!!?」となる。
その本でお金を稼いだものの、身内のことも
傷つけたからという苦しみの発露らしい。

娘である成人した作者に受容的な
態度で接してくれる両親と暮らすわけだが
冒頭、散財のために親が貯めておいてくれた
貯金通帳を無心して受け取るシーンから始まる。

寂しい気持ちがいっぱいになった作者は
風俗のお姉さんに抱きしめてもらったり
友達と飲んだりするわけである。

更にそのお金で実家を出てみたものの
寂しさが募って結局のところ実家に舞い戻っている。

挙句泥酔、失禁を繰り返すようになったため
精神科へ入院しても
こんなところ耐えられないと退院したがって
親が迎えに来てくれることを願いつつ自傷する。

そして、退院の日には願い通り親御さんが迎えに来てくれて
一家で退院祝いにシャンパンで乾杯。
「愛がこの病の薬になる」
と悟って話が終わるわけだが

すぐに暴飲の生活に逆戻りしたようで
今度の最新刊で急性膵炎とアルコール性脂肪肝に
なって彼女は入院したらしいのだ。

おいっ、愛はどないしてん!!
又家族に迷惑かけてるやないか。
一生付き合わなければ、
食い止めなければいけない
氾濫しやすい川を身体のなかに持たされたようなものなのに!
(※先記事「溢れ返る熱量」参照。)

…ごめん、漫画は上手いかもしれないけど
30過ぎて親におんぶにだっこって、
基本的な生活能力がなさすぎるわ。
物心付くか付いてないかの年で親の虐待を受けて
色々とかいくぐってきた
あなたと私では人生が違いすぎて分かりたくないわ。
が、素直な感情。

寂しすぎるから 早く寝るという彼女の発想は
その眠っている実家が安全地帯だからこそだよね?
自分の境遇と比べても全く意味がないし
彼女の境遇は恵まれていることは、
選びようがない話なんだが
わかってはいるんだが、
あまりにも正反対な幼少時代を過ごした私は
早く家を出て自活するのが夢だった私には、
同様に肝臓を患って自主的に療食生活をしながら
肝数値を半年かけてやっと全部クリアにした私には
(※アルコール性ではない。)
彼女の生き方はある意味ショックだったのだ。

色んな人生があるし、
このブログだって遺書代わりと言いながら
己の精神的満足の充足なのだろうけれど

彼女の著作は
おおむねどれだけ綺麗にまとめていたとしても
最終的には盛大な自傷行為を書籍という媒体を使って
読者に見せているのだと思うと
読む人間を選ぶ本である。
彼女はたぶん自分が選ばれなかったら傷付くだろうけれど
知らないうちに他人に何倍にもして大いに傷つけているのかも
しれない。
そして彼女の著書は前著書を読んでいる体で
話が進んでいるようで、私が詠んだ一部だけでは
よくわからない話も結構出てくる。
それは明らかに向こう側、読み手の事は全然考えていないからで
編集者はそこんとこ突っ込まないで書かせているんだろうな
と思うと、
時間に追われて働く身としては優しい環境で
漫画を描かせてもらっている稀少な作家なんではないか。
精神医療とかアルコール依存症の標榜科の関係者には
興味深い内容であるかもしれないが…


おすすめできません。

いや、本当に。
脚ごと思考の迷宮に持ってかれてしまいます。
モヤモヤする人はすると思うので、
全然おすすめしません。

最初に言ったけど
病気はね、本当に誰のせいでも無いの。

でも問題は、それを持ちながらどうやって
人生のチャリンコロードを進んでいくかを試行錯誤
しなきゃいけないはずなのに
この人自分の病気と全く向き合ってないから。
むしろ家族の献身がなければ生きられない人だから。

毒にはなるけど薬には決してならない本なので
読まなくていい本を読んでしまったと後悔している。

「みんなかなしみをからにしまって
いきている」

新美南吉の
「でんでんむしのかなしみ」の方がよっぽど
腹落ちする私である。






追記を閉じる▲
スポンサーサイト




[2019/11/26 15:30] | レビュー
|

1週間前のこと 
一時帰阪したぼーずとコラボカフェや日本橋で遊んだ後、
私と小坊主君はガッチリピンポン感染しあいながら
風邪のがんこな熱と咳と鼻づまりと戦っていた。

もしも私が一人暮らしだったら
風邪だからとろくに医者にも掛からず
こんこんと寝て食べるものもそこそこに
油断してコロッと鬼籍に入っていたかもしれない。

本人が亡くなるつもりじゃなくても
いきなりお迎えが来てしまってって、こういう
シチュエーションなんだろーなーと、思う。

メッセンジャーで来年来日するという
海外の人形仲間とおしゃべりしてたのと
医者に診せて、栄養を十分に与えなければいけない
子供がいたことで
私はそっと、でも確実に助けられていると思う。

今年の風邪は1週間はろくに動けないので
くれぐれも皆さまご自愛ください。
水分とビタミン大事!

さー中国杯の男子見よう。




[2019/11/09 20:15] | 日々雑感
|