ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。
うちの猫さま オス11歳。
短毛種。

人間の歳で言うと50代半ばというところか。
我が家での最年長者ということになる。


大きな、本当に大きな猫で
5歳のぽぇに寄り添っている姿は
まるで親猫のようである。


今日で譲り受けてか11年目になる。

前のお宅の前に妹猫と一緒に捨てられている
のを見つけられ、
そちらのご家族に手厚く養育してもらったせいか
私の手元に来た時から非常に温厚な性格で
ことにうちのまだオムツだったぼーずくんや
後に誕生したぽぇとは非常に仲が良い。

子供側が行き過ぎたら
軽く猫パンチで『教育的指導』までする。

フー!とかハー!とかいう、
猫特有の威嚇などは全く聞いたことがない。
獣医で一度聞いたきりである。


私を呼ぶ彼の鳴き声は
どう聞いても

「おかん!」

としか
聞こえない。

だれがおかんじゃ笑。


80センチに5キロを越える巨体のため
来訪者は彼を見ると

「でかっ!!」とか

「これ、
猫、猫ですよね!?」

などと、結構なことを仰るので

「いや、狸ですよ。
餌付けして飼ってるんです。」

なんて冗談をたまに言う。
こらこら信じるなってば笑。
最近夜遅くまで煙をモクモク出して
試験勉強に明け暮れていていた頃は

頃合いを見計らって
強引に膝に乗っかってきて

「そろそろ寝ないと
あした仕事やろ」

と、言いたげに顔をじっと
その深緑の目で見つめてゴロゴロ喉を鳴らす。

はいはい、
寝ますよ寝ますと布団に入ると
私の枕の端に自分も横たわり、
私が眠りに付くまでその温かい身体を
ぴったり顔にくっつけて添い寝してくれたのだった。
幸せな瞬間。
あのときの彼の献身には非常に感謝している。


試験が一応落ち着いて、
殆ど極端な夜更かしをしなくなると
一切しなくなったのが
不思議だなぁ。


夫が昨日のように
仕事の都合で帰りが遅くなると
玄関口に座り込んで

「ふに〜」

と心配そうに鳴いて、

「何であいつは帰ってこんのだ、
大丈夫か」

と訴える。

そして夫は猫さまに
帰宅後謝る羽目になるのである。


私が翌日休みの時は

「明日は休みだから起こさないでいいよ。」

と一声掛けておくと、
寝かしておいてくれる。


何を感じて、
何を察してこの子は家族をこうも
見守ってくれているのか。


実は今も自分のことを入力されているのが
わかるのか、

子猫のように膝に乗って
ずっと私の様子を伺っている。


やはりこの子は猫ではないのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト





追記を閉じる▲
最近夜遅くまで煙をモクモク出して
試験勉強に明け暮れていていた頃は

頃合いを見計らって
強引に膝に乗っかってきて

「そろそろ寝ないと
あした仕事やろ」

と、言いたげに顔をじっと
その深緑の目で見つめてゴロゴロ喉を鳴らす。

はいはい、
寝ますよ寝ますと布団に入ると
私の枕の端に自分も横たわり、
私が眠りに付くまでその温かい身体を
ぴったり顔にくっつけて添い寝してくれたのだった。
幸せな瞬間。
あのときの彼の献身には非常に感謝している。


試験が一応落ち着いて、
殆ど極端な夜更かしをしなくなると
一切しなくなったのが
不思議だなぁ。


夫が昨日のように
仕事の都合で帰りが遅くなると
玄関口に座り込んで

「ふに〜」

と心配そうに鳴いて、

「何であいつは帰ってこんのだ、
大丈夫か」

と訴える。

そして夫は猫さまに
帰宅後謝る羽目になるのである。


私が翌日休みの時は

「明日は休みだから起こさないでいいよ。」

と一声掛けておくと、
寝かしておいてくれる。


何を感じて、
何を察してこの子は家族をこうも
見守ってくれているのか。


実は今も自分のことを入力されているのが
わかるのか、

子猫のように膝に乗って
ずっと私の様子を伺っている。


やはりこの子は猫ではないのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト