ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。
先週で息子2人の秋の学校行事が落ち着いたところで
こないだぼーずの中間考査があった。

夫の受け持ち教科以外は私が試験問題を解いて答え合わせをするのが常なのだが

昨今、
これは私にも少なからず当てはまる事なのだがPCや携帯で文字を打つことが増えたせいなのか
機械任せにしちゃっている分当たり前に使っている単語や漢字をいざ書けと言われると、これが思い出せない時があるのである。

ぼーずには遠隔地に出かける時以外はほぼ携帯は親預かりなんだけど
やはり筆なれていないというか、漢字や単語の間違いが多い。

書かなきゃ脳みそはかっちり覚えてくれないんだよと次の課題を提示する。

「うん、今回の点数は自分的にも悔しいから頑張るわ。」

「よっしゃ。さて、
余談だけど牡蠣ってのはね、末尾がRの月が食べ頃なんですってよ。
あんたも好きなあの牡蠣。さあ全部書けるかどうかやってみ。」

「え~~と…」

「ぼく知ってる。
にーちゃん、10月はオクトパス!」

「残念ぽぇちゃん。東アジア中国のお隣の国は?」

「モンゴル!んでその隣がカザフスタン!んでその隣が…」

地理オタクにバージョンアップして今じゃ兄の地理の教科書を貪り読んでる国旗愛好者(だけど書写はかなり苦手)をまじえてとにかく書いて覚えよう月間で
晩飯まで大盛況のダイニングである。

昔貧しい一人暮らしの時に、家庭教師のバイトをやってて良かったな。

麦の穂のように、伸びるとこまで伸びて行け。
関連記事
スポンサーサイト




[2012/10/14 23:34] | 日々雑感
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可