ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

先週の半ばに少し状態をまげて荷物を
取ろうとしたらいきなり腰が

「ぷきぷきぷきっ!」

と 激痛とともに
嫌な音を立ててそのまま動けなくなって現在に至る。

そう、
急性腰痛 通称ぎっくり腰を久々にやらかしましたν
やっぱ座り仕事が多いとなりやすいみたい。

今は腰痛体操とストレッチあんどトドのようにごろりと
寝込んでいる始末で、息子の定期券発券のネット予約ついでに
久しぶりに自分のブログを更新した次第である。

上の息子は料理、下の子は立ち上がる時に
背中を貸してくれるので
早くも介護させてるみたいですごく申し訳ない。
年取ったら絶対子供に迷惑かけないぞと思っていたのに
これだから、今から嫌がられないでうまく頼る術を
身に着けといたほうが良いのではないかと思っていたりする。
まだ早いと思っていたんだが。。。


私の重さ、子供が感じる重みを
子供をこの手で抱いて育ててきたから体感しているゆえに
知っているから、感謝も申し訳ないなという気持ちも
自然に出てくるが
もしも生まれながらにこの手がなかったら、
体感ではなく想像や数学的な理屈でしか
覚えられないから、難しいこともありうるんだろうなと
最近ネットのニュースを読んでいて思った。

ただ、知らないことに貴賤はなく
知る機会にたまたま恵まれていなかっただけなのだ。
そのこと自体は優劣には値しないけれど
痛みや重みを理解できない傷みや気持ちの歪みのようなものは
少しはあったのではないかとは思う。

持って生まれた者は色んな使いようを見つけ、
色んな重みを感じるよりも逆に凹ませるようにも使ったりして
本来の使い道を忘れがちなこと多々あるが、
そういうことなんだろうなと思う。

しかし腰は早く直さないと
すんごく困る。
もう少しは自分の足で歩きたい。



スポンサーサイト

[2016/04/09 21:46] | 日々雑感
|


甲辰
こんばんは。

2月の閏年の日に腰に激痛が走り現在リハビリ中です(ついでに首もリハビリ中です。仕事は普通にできております)。

>ただ、知らないことに貴賤はなく
知る機会にたまたま恵まれていなかっただけなのだ。

この言葉はいろんな意味、いろんな場面で考えさせられる言葉ですね。これこそどれだけ意志や情熱を持っていてもどうにもならないことだと感じます。知ることができるということはやはり有難いことだとずっと感じております。
知らない自分がいるということを自覚できるようになったのはずいぶん年をとってからでした。

無知の知 とはこういうことを言うんでしょうかね・・・などとビールを飲みながら考えております。


>甲辰さん
首と腰は何故連動するんでしょうね。
私も腰痛める前日に寝違えてたのです。
お住まいが阪神近郊でしたら相当優秀な治療院をこっそりお知らせしますよ。

知らないことは恥では無いと、いつも子供に言っています。
逆に言えば知ってる人はたまたま知る機会に恵まれただけで、それ自体は何の自慢にもなりません。
必要なのはそれらを自身の引き出しのようなものにいかに選び、きちんと畳んでおけるかです。
私もまだまだ知らないことが沢山あると思います。
一生それらに出会い続けるのだと思っています。




コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
こんばんは。

2月の閏年の日に腰に激痛が走り現在リハビリ中です(ついでに首もリハビリ中です。仕事は普通にできております)。

>ただ、知らないことに貴賤はなく
知る機会にたまたま恵まれていなかっただけなのだ。

この言葉はいろんな意味、いろんな場面で考えさせられる言葉ですね。これこそどれだけ意志や情熱を持っていてもどうにもならないことだと感じます。知ることができるということはやはり有難いことだとずっと感じております。
知らない自分がいるということを自覚できるようになったのはずいぶん年をとってからでした。

無知の知 とはこういうことを言うんでしょうかね・・・などとビールを飲みながら考えております。
2016/04/10(Sun) 21:53 | URL  | 甲辰 #-[ 編集]
>甲辰さん
首と腰は何故連動するんでしょうね。
私も腰痛める前日に寝違えてたのです。
お住まいが阪神近郊でしたら相当優秀な治療院をこっそりお知らせしますよ。

知らないことは恥では無いと、いつも子供に言っています。
逆に言えば知ってる人はたまたま知る機会に恵まれただけで、それ自体は何の自慢にもなりません。
必要なのはそれらを自身の引き出しのようなものにいかに選び、きちんと畳んでおけるかです。
私もまだまだ知らないことが沢山あると思います。
一生それらに出会い続けるのだと思っています。


2016/04/13(Wed) 08:48 | URL  | 雅 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可