ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

個人的に記述して残しておいた方が良いと
アドバイスを受けたので、
ひとまず書き残しておくことにする。

私が見た夢の話なので
興味のないご来訪者様はスキップで。

最近比較的よく見る夢ではあったのだが
大きな大社様の夢である。

場所は判らない。

ただ、綺麗な、本当にきれいな神鏡が飾られているのだ。

同じ場所には何の理由かわからないけれど
場所に不釣り合いなまでに怒り散らしている
女性の姿。

そして私に
姿は見えないが高齢の女性の声がはっきりと語る。

『怒りを抑えるのに怒る必要は必ずしも
必要やあらへんのよ。』

そうすると

神社の中のこの上なく美しいご神木と
そのたたずまいを見た女性はたちまち怒りを忘れたかのように
その場に立ちすくみ見惚れている。

そして、また件の女性の声が聞こえる。

『ほらね。
真の美しさは人を癒してさらには惹きつける力を
さえ持つものなのよ。
人の怒りなんて小さなことなのよ。
あなたもこれに倣わはったらよろしいわ。
そのうち又こちらへいらっしゃい。』

真意はまだよくわからないのだけど、
どこかが呼んでいる。

今年春に
実はうちの実家が大神神社様へ
大峰山の山開きと閉山の際には
必ず参拝しているという話を知り、
そちらの神主様と
亡き父のご縁でお話を伺う機会があったのだが

「人の心はそれぞれで、
いつ、どこで心打たれるものに出会うのか、
誰にも解りません。

琴線という言葉がございますでしょう?
それぞれ違うところがかき鳴らされるから、
音楽は美しく奏でられるのです。

人の心も、きっとそのようなものなのだと思います。
そして それにより何かの気づきがあった時、
それはとても文字通り有り難いものなのです。

今おそらく家計のお血筋の導きであなた様と
お話をさせていただく事が出来た。
これもまた奇縁でございまいて、
神様に感謝申し上げる有り難いことなのです。」

そうだよねぇ、私は女ですから絶対あの山へは
直接ご奉仕できない。

頂いた有り難いお言葉の数々を
念頭に置いて、
明日もまたぼちぼち頑張ろうと思います。

やはり忘れてしまわないうちに
書き残しておいて良かった。




関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

最近比較的よく見る夢ではあったのだが
大きな大社様の夢である。

場所は判らない。

ただ、綺麗な、本当にきれいな神鏡が飾られているのだ。

同じ場所には何の理由かわからないけれど
場所に不釣り合いなまでに怒り散らしている
女性の姿。

そして私に
姿は見えないが高齢の女性の声がはっきりと語る。

『怒りを抑えるのに怒る必要は必ずしも
必要やあらへんのよ。』

そうすると

神社の中のこの上なく美しいご神木と
そのたたずまいを見た女性はたちまち怒りを忘れたかのように
その場に立ちすくみ見惚れている。

そして、また件の女性の声が聞こえる。

『ほらね。
真の美しさは人を癒してさらには惹きつける力を
さえ持つものなのよ。
人の怒りなんて小さなことなのよ。
あなたもこれに倣わはったらよろしいわ。
そのうち又こちらへいらっしゃい。』

真意はまだよくわからないのだけど、
どこかが呼んでいる。

今年春に
実はうちの実家が大神神社様へ
大峰山の山開きと閉山の際には
必ず参拝しているという話を知り、
そちらの神主様と
亡き父のご縁でお話を伺う機会があったのだが

「人の心はそれぞれで、
いつ、どこで心打たれるものに出会うのか、
誰にも解りません。

琴線という言葉がございますでしょう?
それぞれ違うところがかき鳴らされるから、
音楽は美しく奏でられるのです。

人の心も、きっとそのようなものなのだと思います。
そして それにより何かの気づきがあった時、
それはとても文字通り有り難いものなのです。

今おそらく家計のお血筋の導きであなた様と
お話をさせていただく事が出来た。
これもまた奇縁でございまいて、
神様に感謝申し上げる有り難いことなのです。」

そうだよねぇ、私は女ですから絶対あの山へは
直接ご奉仕できない。

頂いた有り難いお言葉の数々を
念頭に置いて、
明日もまたぼちぼち頑張ろうと思います。

やはり忘れてしまわないうちに
書き残しておいて良かった。




関連記事
スポンサーサイト

[2016/09/04 23:10] | 日々雑感
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可