ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

しばらく気管支炎を患っていて
まともに声も出ないこととなかなか下がらない熱に
悩まされていた。

この年になってもすぐ発熱して
不整脈も持ってる私みたいのなんかは
人生80年と言われてる現代でもそれを全うできるとは
到底思えないのだが、
最近無性にはるか昔になってしまった頃の事を
何かの拍子にふいによく思い出し、
なんだかぼんやりすることが多くなってきた。

あの頃は
バブル崩壊前の喧騒と駅のホームで読み散らかす新聞と
本とレポートにまみれた日々のなか
自分なりに本気でみっともなくも大きな恋をしていた。







年上の彼にとって私はまだ子供でしかなく
私もほんとに全く鈍くて 
良いがままに素直に話を聴いてたりした。

彼が話す無邪気にその時あこがれていたであろう女の人の
ことが言葉の節々に出てくるので

「どうやったら彼女のような大人の女性になれるんだろう」

と 本気で焦っていたのに。

でも 勇気と自信がなかった。

自信の中に女性性が芽生えていることと彼の事を
絶対君主のように子供を支配していた母親に
悟られたくなかったのもあるが
結果的には自分がまともな女性になれるという
自信も積極的になろうと努力もしなかったからであると思う。

若い時期なんて人生のうちで本当に短いってのに
なにそれでも臆病のままで大丈夫と勘違いしてるんだって、
昔の私に言えるんなら一発どついて言ってやりたい。

そんな中途半端な思いでも1年後
一生懸命追いかけていた彼は東京へ戻ってゆき、
私は手紙を送り続けたが、
しばらくしてその筆も途絶えてしまっていた。

今 彼のあこがれていた彼女は海外へ行ってしまい、
現在彼は自分の家庭を築いている。

多分彼は彼で、思い焦がれていても
手も足も出ないことを承知でも恋してたんだろうなと、
今になってわかる気がする。
だから 最初から私が入れる隙間なんてなかったのだ。

そう思うだけで 行き場のない想いだけが今でも
思い出すとポツンと置いてけぼりにしていた分
ちくちくとして、
それでもなぜもっとちゃんと伝えきれなかったのかと
少し、後悔したりする。

----------------------------

どうして 何もわかってないただの子供のままでなんて、
納得しちゃったんだろう。
どうして 若さも力もまだ今よりはあった時代のうちに
思い切ってしまわなかったのだろう。

結婚して、子供ができて、
そんな生活のいろいろに焦がれる毎日を送って今みたいな
年になってからではもう 夢見る事さえできないことなのに。

そんなことを考えながら、
今になって稲垣潤一の「ロングバージョン」とか
大江千里君の「Bedside story」 とかの
当時聴いていた音楽を今更のようにリフレインしている。
今おばはんになってから
男女の恋の機微が分かったって遅いっつーのよ笑。


あのとき 君は大人でそして優しくて
バカだな 僕はそのまま愛を信じてた

いつまでも いつまでも
変わらない愛を 
         稲垣潤一 「ブルージーン・ピエロ」


関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

年上の彼にとって私はまだ子供でしかなく
私もほんとに全く鈍くて 
良いがままに素直に話を聴いてたりした。

彼が話す無邪気にその時あこがれていたであろう女の人の
ことが言葉の節々に出てくるので

「どうやったら彼女のような大人の女性になれるんだろう」

と 本気で焦っていたのに。

でも 勇気と自信がなかった。

自信の中に女性性が芽生えていることと彼の事を
絶対君主のように子供を支配していた母親に
悟られたくなかったのもあるが
結果的には自分がまともな女性になれるという
自信も積極的になろうと努力もしなかったからであると思う。

若い時期なんて人生のうちで本当に短いってのに
なにそれでも臆病のままで大丈夫と勘違いしてるんだって、
昔の私に言えるんなら一発どついて言ってやりたい。

そんな中途半端な思いでも1年後
一生懸命追いかけていた彼は東京へ戻ってゆき、
私は手紙を送り続けたが、
しばらくしてその筆も途絶えてしまっていた。

今 彼のあこがれていた彼女は海外へ行ってしまい、
現在彼は自分の家庭を築いている。

多分彼は彼で、思い焦がれていても
手も足も出ないことを承知でも恋してたんだろうなと、
今になってわかる気がする。
だから 最初から私が入れる隙間なんてなかったのだ。

そう思うだけで 行き場のない想いだけが今でも
思い出すとポツンと置いてけぼりにしていた分
ちくちくとして、
それでもなぜもっとちゃんと伝えきれなかったのかと
少し、後悔したりする。

----------------------------

どうして 何もわかってないただの子供のままでなんて、
納得しちゃったんだろう。
どうして 若さも力もまだ今よりはあった時代のうちに
思い切ってしまわなかったのだろう。

結婚して、子供ができて、
そんな生活のいろいろに焦がれる毎日を送って今みたいな
年になってからではもう 夢見る事さえできないことなのに。

そんなことを考えながら、
今になって稲垣潤一の「ロングバージョン」とか
大江千里君の「Bedside story」 とかの
当時聴いていた音楽を今更のようにリフレインしている。
今おばはんになってから
男女の恋の機微が分かったって遅いっつーのよ笑。


あのとき 君は大人でそして優しくて
バカだな 僕はそのまま愛を信じてた

いつまでも いつまでも
変わらない愛を 
         稲垣潤一 「ブルージーン・ピエロ」


関連記事
スポンサーサイト

[2017/09/26 23:59] | ちょっとまじめに考えてみる。
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可