ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

半年も作っていなかったなんて我ながらびっくりだけど
きれいな状態の素体・スフォリアが手に入ったのでカスタムしてみた。
仮でミルクラテさんの衣装を着せている。

1506871294164.jpg

今回は初めてスワロフスキーグラスではなく
比較的平面に近いクラフト用店で入手した12mmグラスアイ。






1506871075754.jpg

このアイの長所はおそらく4th 後期ボディの子だったら
厚みが減るため瞬きが可能かもしれないところ。

作るのに難航したのはスワロと違って平面なために
追視機能もなく、レンズのように拡大されることを計算に入れて
瞳孔などのレイアウトを作る必要がない分
それらのサイズの変更に慣れる必要があったという点。
顔料のカラーチャートサンプルを作るところから
改めて作業した。
息子が誕生日プレゼントにくれたスケッチブックが
大いに活躍している。

ブルーのアイは久しぶり。
同じ色は13年のドールカーニバルの子以来かな。
この子を色付けする前にずっとガン見していた
ジュモーのオールビスクドールの美しさの影響かも。

陶器製なのに触れたら柔らかそうな質感のお肌の表現や
少女の少し幼い出っ張った額がたまらなく愛らしいのですよ。
当時のファッションドールは時代の衣装文化を測り知る
良き文化財だと思うので1体でも多くのドールが世に
美しい姿のまま残されることを祈る。

私が作る人形は
どれくらい原形のまま残ってくれるんだろうか。
まあ 
私の手を離れたらうちの子ではなくなるので
ウイッグや服を着せ替えたおされ
遊び倒されるのも本望ではあるんだけども
こんな風に壊れちゃいましたって、
破壊後の画像をブログにアップされた事があって
あれはまず修理依頼してくれたらと、ちょっとショックだったなぁ。
納品書にも修理窓口は書かせてもらっているんだけどね。

後半は衣装作りに頑張ります。
結構久しぶりのせいかウキウキしております。
今回もクラシカルな衣装なのでバッスルが付くドレスになると思う。















スポンサーサイト


追記を閉じる▲


1506871075754.jpg

このアイの長所はおそらく4th 後期ボディの子だったら
厚みが減るため瞬きが可能かもしれないところ。

作るのに難航したのはスワロと違って平面なために
追視機能もなく、レンズのように拡大されることを計算に入れて
瞳孔などのレイアウトを作る必要がない分
それらのサイズの変更に慣れる必要があったという点。
顔料のカラーチャートサンプルを作るところから
改めて作業した。
息子が誕生日プレゼントにくれたスケッチブックが
大いに活躍している。

ブルーのアイは久しぶり。
同じ色は13年のドールカーニバルの子以来かな。
この子を色付けする前にずっとガン見していた
ジュモーのオールビスクドールの美しさの影響かも。

陶器製なのに触れたら柔らかそうな質感のお肌の表現や
少女の少し幼い出っ張った額がたまらなく愛らしいのですよ。
当時のファッションドールは時代の衣装文化を測り知る
良き文化財だと思うので1体でも多くのドールが世に
美しい姿のまま残されることを祈る。

私が作る人形は
どれくらい原形のまま残ってくれるんだろうか。
まあ 
私の手を離れたらうちの子ではなくなるので
ウイッグや服を着せ替えたおされ
遊び倒されるのも本望ではあるんだけども
こんな風に壊れちゃいましたって、
破壊後の画像をブログにアップされた事があって
あれはまず修理依頼してくれたらと、ちょっとショックだったなぁ。
納品書にも修理窓口は書かせてもらっているんだけどね。

後半は衣装作りに頑張ります。
結構久しぶりのせいかウキウキしております。
今回もクラシカルな衣装なのでバッスルが付くドレスになると思う。















スポンサーサイト

[2017/10/02 21:00] | ドール
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可