ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

今朝たまたま病院通いで外出しているとき
夫からのLINEでぽぇの負傷を知った。

保健の先生から半時間後、
病院に付き添ってくださっている所を
電話をくれて
彼が比較的落ち着いて先生の指示に従い
冷静であることを知り安心したのだが

私が息子は右か左かそちらの手をけがしたのを
慌てていて聞いていなかったことに激しく後悔した。
運悪くいつも携帯しているはずの充電器を持っていなくて
端末の充電が切れた。

午後にずれ込んだ病院の検査ののために
イライラした私は近くの書店でキングダム最新刊を購入し
気を紛らわせた。

つーか、これで
うちのブラザーズ揃ってドッジボールで突き指あるいは
骨折しているわけだが
なんでそこまで夢中になれるもんなのか。

『ドッジなんて無くなればいいのに』

と 毒づいた整形外科医の言葉が蘇った。
今なら激しく同意する。


一方
駅構内で切符の買い方が分からず困っている外国人観光客に
『excuse me.』 と 声をかけられ、
路線図を見ながら切符の購入方法を教えてあげた。
たどたどしいことこの上ないが いい加減慣れてきた。

診察もやっと終わり、
地元へ戻ってきている途中で
小さな女の子がひっくり返った自転車の横で
うずくまってぴくりとも動かない状態で見つけて
慌てて私と、たまたま通りがかった近所の奥さんとで
背中をさすり、声をかけた。

しばらくすると、ようやく泣きながらでも
立ち上がり 大丈夫、と言って家まで自転車に乗って
帰っていくのを見送った。
その後、体に何事も無ければよいのだが。


帰宅後。
骨に異常はなく左手の負傷だったことが判明したぽぇは
自宅に戻ってからすぐに何の泣き言も言わず
塾へ受験前の特訓へ向かった。

いつの間にこんなにしっかりと成長したものか。


今日一日の流れを振り返ると、

人と人とのつながりは
助けたり 助け合ったり、
お互いにどこかでつなっていて不思議と
人生持ち回りになっているんだなぁと実感する
長い長い一日だった。





スポンサーサイト


追記を閉じる▲

一方
駅構内で切符の買い方が分からず困っている外国人観光客に
『excuse me.』 と 声をかけられ、
路線図を見ながら切符の購入方法を教えてあげた。
たどたどしいことこの上ないが いい加減慣れてきた。

診察もやっと終わり、
地元へ戻ってきている途中で
小さな女の子がひっくり返った自転車の横で
うずくまってぴくりとも動かない状態で見つけて
慌てて私と、たまたま通りがかった近所の奥さんとで
背中をさすり、声をかけた。

しばらくすると、ようやく泣きながらでも
立ち上がり 大丈夫、と言って家まで自転車に乗って
帰っていくのを見送った。
その後、体に何事も無ければよいのだが。


帰宅後。
骨に異常はなく左手の負傷だったことが判明したぽぇは
自宅に戻ってからすぐに何の泣き言も言わず
塾へ受験前の特訓へ向かった。

いつの間にこんなにしっかりと成長したものか。


今日一日の流れを振り返ると、

人と人とのつながりは
助けたり 助け合ったり、
お互いにどこかでつなっていて不思議と
人生持ち回りになっているんだなぁと実感する
長い長い一日だった。





スポンサーサイト

[2017/11/09 23:09] | 日々雑感
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可