ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

この頃は紅葉が美しいシーズンになってきたが
観光客のマナーの悪さにご当地の方々は
心を痛めておられるという記事もよく見るようになりました。
正直目を疑うばかりです。

まだ生えている紅葉をちぎったり(落ち葉も十分きれいなものを)
ペット不可の参道に同行させたり
撮影禁止の場所で自撮りをして通行の妨げになってしまったり。

紅葉が美しいという場所はたいていが
世界遺産や神社仏閣の敷地内なので、
郷に入っては郷に従うで
気持ちよく参拝を兼ねて紅葉詣でをしたいものです。

うちの息子たちが幼い時から
季節の花や葉っぱを拾っては、玄関に飾るように。

このたびは 幣もとりあえず手向山
紅葉の錦 神のまにまに
        菅原道真


さて。
ぼーずの入試先の最終合格発表があり、

…やれやれ、
なんとか合格者の一人になることが出来ました。
春から無事進学です。

なんと胃が痛い結果待ちだったことか。

--------------------------------

当日授業中のぼーず。

「発表の時間キタ…ν」

と そこでぼーずのクラスメートが

「せんせー!
こいつ今日合格発表日なんで
ちょっとスマホみていいですかー!?」

「えっ、今日なん?
じゃあ、ちょっとだけやったら。」

息子のスマホに群がる子供たち。

一方 そんなことはなーんにもしらないで
どう知らせるか迷った挙句に送った
ハハからのLINE。

「緊張して緊張してふるえる今日この頃」

「沢山の人に迷惑かけて…」

「ぼーずよ」

「うわあああああ!
(※ポプテピピックのポプ子が竹書房ビルを破壊している
スタンプ)」

クラスメート一同
「親子やなぁ…ν」

「…じらしプレイ?」

「最終合格したと先生にちゃんと伝えるように。
よーく勉強しておいで。」

それからは授業そっちのけで
大騒ぎだったらしい。

後であのLINEをみんなで観てたことを知った
ハハは赤面しまくる羽目になった。

よかったなぁ、自分の事のように
喜んでくれる友達がたくさんできて。
ずっと大事にするんだよ。


そして
家にはダッシュで帰ってきて

「お兄ちゃん、どうやった!?」

自分も受験前なのに気にしていた弟。

「うん、なんとか合格したよ。」

合格者のパソコンの画面を見せたら
私に抱きついてボロボロ号泣しながら

「兄ちゃんって、
ぼくよりぜんっぜん勉強してなかったのに
ほんまに受かるんかって、
ぼく、ずっとずっと心配してたー!!」

…( ;^ω^)… そこですか。
うん、
わかる。 
その気持ちはよーくわかるよ、ほんとに。

だから君は思う存分今できることをやって、
自信満々で春に新しい学校の門をくぐろうな。

来月後半は彼の番である。
家族総力挙げて再びサクラサクのために頑張ります。






スポンサーサイト


追記を閉じる▲

さて。
ぼーずの入試先の最終合格発表があり、

…やれやれ、
なんとか合格者の一人になることが出来ました。
春から無事進学です。

なんと胃が痛い結果待ちだったことか。

--------------------------------

当日授業中のぼーず。

「発表の時間キタ…ν」

と そこでぼーずのクラスメートが

「せんせー!
こいつ今日合格発表日なんで
ちょっとスマホみていいですかー!?」

「えっ、今日なん?
じゃあ、ちょっとだけやったら。」

息子のスマホに群がる子供たち。

一方 そんなことはなーんにもしらないで
どう知らせるか迷った挙句に送った
ハハからのLINE。

「緊張して緊張してふるえる今日この頃」

「沢山の人に迷惑かけて…」

「ぼーずよ」

「うわあああああ!
(※ポプテピピックのポプ子が竹書房ビルを破壊している
スタンプ)」

クラスメート一同
「親子やなぁ…ν」

「…じらしプレイ?」

「最終合格したと先生にちゃんと伝えるように。
よーく勉強しておいで。」

それからは授業そっちのけで
大騒ぎだったらしい。

後であのLINEをみんなで観てたことを知った
ハハは赤面しまくる羽目になった。

よかったなぁ、自分の事のように
喜んでくれる友達がたくさんできて。
ずっと大事にするんだよ。


そして
家にはダッシュで帰ってきて

「お兄ちゃん、どうやった!?」

自分も受験前なのに気にしていた弟。

「うん、なんとか合格したよ。」

合格者のパソコンの画面を見せたら
私に抱きついてボロボロ号泣しながら

「兄ちゃんって、
ぼくよりぜんっぜん勉強してなかったのに
ほんまに受かるんかって、
ぼく、ずっとずっと心配してたー!!」

…( ;^ω^)… そこですか。
うん、
わかる。 
その気持ちはよーくわかるよ、ほんとに。

だから君は思う存分今できることをやって、
自信満々で春に新しい学校の門をくぐろうな。

来月後半は彼の番である。
家族総力挙げて再びサクラサクのために頑張ります。






スポンサーサイト

[2017/11/28 23:39] | 育児
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可