ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

私は天然石アクセサリが好きで、
ご縁があればその時に必要で なおかつ自分の身の丈に合った
お値段で購入可能な石やビーズを卸屋から買っているのだが
なんとも奇縁があるものである。

実際に見せてもらって頭も瞳もキラキラにさせてもらいながら
買うこともあるが(それが石選びには一番いい手段だと思う)

「この石もいいけど、なんかこれじゃないなぁ・・・」

軽くつぶやいたつもりなのだが
すかさず店の主が

「あ、こっちにも同じやつが今朝入荷して
たくさんありますんで!」  

と、
わっさぁあああと何十連もの同じ石を倉庫から出してきて
選ばせてくれる。
たぶん私みたいなのが他にもいるんだろうな。
そこでこれというものが必ず見つかるのだ。
今そこで選んだ石たちは息子たちのお守りになっている。

しかしながらそうやって自分で納得して購入した
アクセサリは、なんかこう
新しい何かのキッカケや私の心の依り代に
潜在的になってくれているような気がしている。
いいんですよ、
私の人生の選択におけるマッチポンプになってくれたら。


今年初めにどうしても気になる鉱石が欲しくて
通販の卸にて購入した。
ここのお店、
いつもオマケを付けて送ってくださるのだが
毎回その内容が

「えっ!((゚△゚;ノ)ノ」

となるくらい、自分が欲しくてもあきらめた商品や
そろそろ補充しなきゃいけないなと思ったパーツ類
なのでビックリさせられるのだ。
なんかここまでくると
かゆいところに手が届く以上でもうどっかに
謎のアンテナが設置されているのかと思うくらいである。
無茶苦茶高い買い物をしているわけでもない、
個人の趣味で本当にまれに買う程度なのにとても有難い。

今年仕入れたサンタマリア・アクアマリンやモルダバイトはとても美しく
手元でともに過ごすごとに輝きが増すような気がする。

結局のところ、石が私を選んでいるのかもなぁと
思いつつ、お礼を込めて到着メールを送っている。
人生において 先が見えないピンチなとき、
いつもギリギリのところで助けがあると感じているが
見えざる手は、
本当にこっそりどこかにあるのかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト




[2019/01/07 18:59] | レビュー
|


甲辰
あけましておめでとうございます。

見えざる手 はあります。生きていてつくづく思います。
正確には、年がら年中あるわけではないのですが、特定の時期や事柄に手は延ばされていると思います。

それを 神 というのかもしれません、とファンタジーなことを言ってみました。でも 見えざる手 はあります。

今年もよろしくお願いします。



甲辰さん
あけましておめでとうございます。

そう言って戴くと
この記事を書くのをちょっと迷った気持ちが楽になります。
人によって受取り方がありますから。
それでも行き詰まった時には何か、誰かの手があり、今を長らえています。有り難いことです。
実家の御先祖様には必ず御礼をするようには
してるんですけどね。



コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
あけましておめでとうございます。

見えざる手 はあります。生きていてつくづく思います。
正確には、年がら年中あるわけではないのですが、特定の時期や事柄に手は延ばされていると思います。

それを 神 というのかもしれません、とファンタジーなことを言ってみました。でも 見えざる手 はあります。

今年もよろしくお願いします。
2019/01/07(Mon) 20:45 | URL  | 甲辰 #-[ 編集]
甲辰さん
あけましておめでとうございます。

そう言って戴くと
この記事を書くのをちょっと迷った気持ちが楽になります。
人によって受取り方がありますから。
それでも行き詰まった時には何か、誰かの手があり、今を長らえています。有り難いことです。
実家の御先祖様には必ず御礼をするようには
してるんですけどね。

2019/01/08(Tue) 17:45 | URL  | 雅 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可