ドール職人のドールライフと日常を綴る日々。

もう、1週間くらい前になる話
髪を33センチ切ってきた。

今大阪を中心に
病気療養の過程で髪の毛を失った方々へ
ウイッグを送ろうという ヘア・ドネーションという活動が
あって、
フィギュアスケート選手の三原舞衣ちゃんがドナーに
なったことで一躍時の話題に上り、私の目にも
止まったのである。

「お母さん、ショートカットでもいいの?」

「君を保育園へ送り迎えして遠くの会社へ
お仕事に行ってた時は肩にもつかなかったよ?」

てなわけで近隣の提携サロンを検索、予約して
さっぱりしに行ったのだ。

私は献血でも、臓器提供でもお役に立てない。
(もしかしたら、成分献血ならギリギリいけるかもしれないが)
髪だけは丈夫で、
パーマを当てても1週間くらいで昔は取れてしまうくらい
強情だったから伸ばせるうちに提供しよう、
特段この人生で何か世間様に向けてお役に立てることなど
している自覚が持てなかったのでいい機会になる。

「これはいい髪の毛ですよ。
太さもあるし傷みもほとんどないですから。」

と 美容師さんがほめてくれた。
結果、6束採れた。
ビフォーアフターは写真に撮ったけど
Facebook お友達限定で公開。
髪の毛が並んでる様はなんかの儀式っぽいな笑。

面白かったのは
シャンプーをしてくれた男性美容師さんが
定期的に畳1畳くらいある紙に絵を描いて高い天井に貼っている。

私が見たときは「噛む力が強い動物ランキング」だった。

「やっぱ、ゴールデンカムイでも散々描かれてるけど
熊って強いんだなぁ。」

「面白がって描いているんですけど、
あんまり、お客さんが突っ込んでくれなくって…」

「いや、面白いですよ。
販売してるヘアケア商品のポスターよりずっと
面白い。また新しい絵が飾られる頃に来ますよ。」

美容院運が悪いと散々な目に合ってきた話を
美容院、イヤンの過去記事で描いてきたが
今回は大当たり。
髪の毛を切ってもらうだけでなく
お茶や按摩や頭皮マッサージまで受けられる、
ものすごく贅沢な時間をもらっているのだ。
担当してくれた美容師さんたちの話や個性もすごく
面白くて居心地がいい。


当たり前にあるものを手放さなくてはいけない
辛い現状を 
眼鏡をかける感覚でウイッグをつけて
乗り越えるお手伝いが出来ればと思う。

ドナーの髪は31センチ以上、ヘアダイの有無問わず
提携サロンで取り扱っている。

髪を切ってパーマを当てて帰宅したら
息子は今プライムで見てるアニメの

「女子高生の無駄遣いの『まじょ』みたい」

人の血を見るのが3度の飯より好きなあの子かい笑。
でもJKだから許す。



関連記事
スポンサーサイト




[2019/09/06 15:24] | 日々雑感
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可